2019.02.25

お肌も【花粉対策】!シンプルスキンケアのすすめ

ayame
ライター:
ayame
こんにちは!北国ライターのayameです。こちらはまだまだ寒い日が続いていますが、地域によってはそろそろ春の気配を感じられるところもあるのでは?でも、春と言えば花粉症の季節……。一説には日本人の10~20%が花粉症だと言われていて、もはや花粉症は立派な国民病!かくいう私も人生の半分以上を花粉症とともに歩んでいます……。また、花粉シーズンは鼻や目の症状にくわえて、肌荒れも深刻化しやすい時期です。そこで今回は、花粉の時期に肌が荒れる理由や、その対策としておすすめのシンプルスキンケアについてお話していきます!

肌荒れは花粉症の症状のひとつ?

そもそも、どうして花粉の時期に肌が荒れてしまうのでしょうか?もしかして、肌荒れも花粉症の症状のひとつ?いいえ、実はちょっとだけ違うのです。

花粉症の症状で肌荒れが起こることはまれ

花粉シーズンに肌が敏感になってしまう人は少なくないはず。なかにはかなりひどい肌荒れを起こしてしまう人もいるでしょう。あるいは、鼻や目の症状がなくても、赤みやかゆみ、カサカサ肌などの肌トラブルがある!という人もいるのでは?

花粉の時期に肌荒れが起こる=これも花粉症の症状のひとつ!と考えている人もいるかもしれませんが、実際のところ、花粉症の症状が肌に出ることはとてもまれだといいます。逆に言えば、正しい知識をもってきちんと対策さえすれば、花粉シーズンの肌荒れは防げるということになります!

ほとんどが接触性の肌荒れ

では、どうして花粉の飛散にあわせて肌が荒れてしまうのかというと……。花粉シーズンの肌荒れの正体は、そのほとんどが接触性皮膚炎。つまり、肌に異物が触れたことによるトラブルなのです。その原因になるものとしては、花粉の粒子はもちろん、マスク、髪の毛、鼻をかむ時のティッシュ、無意識に何度も触れている手などが挙げられるでしょう。花粉の付着によって肌が敏感になったことで、普段はなんともない髪の毛や手の接触が刺激になることもあります。

この接触性皮膚炎は厳密には花粉症の症状ではありませんが、花粉が原因であることに間違いはありません。花粉が飛散する時期になったら、付着した花粉はきちんと落とし、肌への刺激を最小限にするなどの対策が必要なのです。

花粉の時期はシンプルスキンケアを!

花粉シーズンの肌荒れ対策は、皮膚への刺激・摩擦を最小限にすることが最優先。そこでぜひ実践してほしいのは、シンプルスキンケアです。でも、「『シンプル』って具体的にどういうこと?」と疑問に思う人もいるでしょう。ここでは、『シンプル』に対する2つの考え方を提案します。

【その1】成分をシンプルに

ひとつめは、使用するアイテムの成分をシンプルにすることです。肌が敏感な状態のときは、どんな成分が刺激になるかわかりません。それまで普通に使っていたアイテムでも、急に肌に合わなくなってしまうこともあるのです。

そんなときは、肌にとって本当に必要な成分だけを確実に届けてあげるのが1番!逆に、香料や着色料、シリコン、合成界面活性剤など、肌にとって不要なものはなるべく避けるように意識しましょう。

とはいえ、わざわざ化粧品の全成分をひとつひとつチェックするのは面倒……。なんて思っている人は、「無添加処方」や「低刺激処方」、「敏感肌向け」といった記載があるアイテムを選んでみてください。肌にとって刺激となる可能性のある成分を極力排除しているため、安心して使用できますよ♪

【その2】肌への接触をシンプルに

肌トラブルが起こると、いつもはしないスペシャルケアや高級アイテムを追加して、肌を補強しようとしていませんか?

けど、肌状態が不安定で刺激に対して敏感なときは、無闇にスキンケアを増やすのもNG。肌のためのスキンケアのはずなのに、手指との摩擦が肌に負担を与えてしまうからです。使用するアイテム数を抑えて、肌に触れる時間は極力短くするのが無難というわけですね。

そこで心強いのが、1つで複数のアイテムの役割を兼ねるオールインワン。最近は無添加処方のオールインワン保湿アイテムもたくさんあるので、複雑なスキンケアもひと手間でおわり、万全の保湿をすることもできます。スキンケアのシンプル化にはもってこいのアイテムだといえますね!

花粉症も肌荒れもひどい場合は病院へ!

最近はスギ以外の花粉に悩んでいる人も多く、辛い時期が長引いたり、春だけではなく夏や秋にも症状が出る人が多いみたいですね。あまりにも症状がひどい場合は、なるべく早く病院へ行きましょう。処方薬などで花粉症の症状を抑えることができれば、鼻をかんだり手で肌に触れる機会も減り、必然的に肌荒れもおさまっていくはずです。

それでも肌荒れがおさまらない人、あるいは肌荒れだけがひどい場合は、皮膚科を受診してください。もしかしたら花粉以外の原因が隠れているかもしれないし、放っておいてもいいことはありません。医師の診断と治療をきちんと受け、スキンケアのアドバイスなどももらいましょう!

肌荒れ対策はスピードが命です。新年度を万全に迎えるためにも、季節の変わり目はいつも以上に肌を入念にチェックし、早めに対策するようにしてくださいね。

2019.02.25

ayame
この記事を書いた人
フリーライター/コスメコンシェルジュ ayame

元化粧品会社研究員で現在は主婦兼フリーライター。愛猫2匹とのリラックス時間が最大のスキンケア!北の大地から美容に役立つ情報をお届けします!