cosmeclipは2020/12/22(火)を持ちましてサービス終了となります。詳細はこちらをご確認ください。

2020.01.22

今さら聞けない!?スキンケアの基礎の基礎〜小じわ編〜

岸田茉麻
ライター:
岸田茉麻
スキンケアの基礎の基礎、今回は乾燥小じわ編です!小じわの原因は?改善できる?気になる疑問にひとつひとつお応えしますよ〜!

こんにちは!コスメコンシェルジュ・美容ライターの岸田茉麻です。

老け見えの原因にもなる、目元の小じわ。

放っておくと改善が困難になる場合も……!?

今回の〝基礎の基礎〟は、気になる小じわについて特集します。

小じわのおもな原因は「乾燥」

目尻のしわ、ほうれい線、そして小じわ…しわにもいくつか種類がありますが、ひとくちにしわと言っても原因はさまざま。

小じわの場合、多くは肌の乾燥が原因で起こります。

小じわは、目元や口元を中心にできやすいしわ。

目元や口元は、顔全体の中でも皮膚が薄く、皮脂腺が少ないことから肌のうるおいを保つ皮脂が分泌されにくい部位です。

加えて、1日に約2万回まばたきをしたり、食事や会話で口を動かしたり……自然な動作だけでも乾燥、そして小じわの原因を作ってしまいます。

小じわは保湿ケアで改善が期待できる!

加齢によるたるみが原因で起きるしわはスキンケアによる改善が困難ですが、乾燥が原因の小じわはあくまで一時的なもの

化粧水で水分をたっぷり補う、また乳液やクリームで油分をしっかり補えば改善が期待できます。

若い世代でも起こりやすい小じわですが、まずは焦らず入念な保湿ケアを心がけましょう。

小じわを放っておくと改善しにくくなる場合も

小じわは一時的に起きるしわですが、放っておくと改善が難しくなるケースもあります。

これは肌全体にいえることですが、乾燥した状態をそのままにしておくと、肌の水分を抱え込む角質層が荒れてしまい、水分が逃げていきます。

すると、小じわが深くなり改善が困難に。

小じわができたな、と思った時点で早めの保湿ケアが必要です!

スキンケアを選ぶなら「効能評価試験済み」をチェック!

乾燥による小じわを改善したい、そのためにスキンケアを見直すなら〝効能評価試験済み〟の表示に注目していただきたいです。

〝効能評価済み〟とは、日本香粧品学会による評価方法(抗シワ製品評価ガイドライン)、またはこれに同等以上の適切な試験により、〝乾燥による小じわを目立たなくする〟という効果が確認できた場合にのみ行える表示。

〝自社調べ〟による評価ではなく、〝第三者機関による厳しい試験〟をクリアしたアイテムということで、乾燥小じわの改善が期待できます。

スキンケアを見直すうえでひとつのヒントになるのではないでしょうか?

普段のスキンケアにプラスしたいアイテム

基本的には化粧水・乳液・クリームなどで肌を整えている人が多いと思いますが、いくら保湿しても肌がすぐに乾燥してしまう場合は、油分が足りないサイン。

乾燥小じわに対してさらにアプローチしていきたいなら、普段のスキンケアにアイクリームなどを加えてみるのもよいでしょう◎

また、目元用・口元用の保湿パックもおすすめ。

貼ったまま就寝できるパックシートもありますよ^^

まずは普段のスキンケアで様子を見てみたい、という場合は乾燥小じわが目立つ部位に乳液やクリームを重ねてみてください。

デリケートな目元は、肌トラブルがつきもの。

乾燥しやすい時期だからこそ、いつも以上に気を配ってみてくださいね。

(文:岸田茉麻/編:コスメクリップ編集部)

2020.01.22

岸田茉麻
この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻

元美容部員、現役コスメコンシェルジュの美容ライターです!ひたすら若作りに取り組み、コスメ収集しています。プチプラからデパコスまで「いい!」と思った商品、また美容に役立つ情報を積極的にご紹介します♪