cosmeclipは2020/12/22(火)を持ちましてサービス終了となります。詳細はこちらをご確認ください。

2020.11.10

寒暖差に負けないお肌を育むナチュラルな使い心地のスキンケアアイテム3選

中村沙織
ライター:
中村沙織
本格的な冬に向けて、今の季節は朝晩の気温差や、外の冷たい空気と室内の暖かい空気による「寒暖差」によってお肌がゆらぎがち。今回はそんな季節におすすめしたい、ふんわり柔らかく潤うお肌へと整える、自然な使用感のスキンケアアイテムを紹介します。

「寒暖差」によるお肌のゆらぎは「バリア機能」の低下から

寒暖差によって引き起こされるお肌のゆらぎや肌荒れは、お肌のバリア機能の低下や乾燥が原因です。

まろやかに潤むお肌をつくるスキンケアをおこなうために、まず始めにお肌の「バリア機能」について考えてみましょう。

お肌を保護し、潤いを保つ「バリア機能」

お肌の表面は、皮脂腺から分泌される「皮脂」と、汗腺から分泌される「汗」が自然に混ざり合ってつくられた「皮脂膜」に覆われています。

この皮脂膜は、外部刺激からお肌をしっかり守ると同時に、お肌の水分蒸発を抑えて、しっとりとした潤いをキープする「バリア機能」の働きをしています。

水分と油分のバランスを調整しているバリア機能は、まさにお肌の「潤いのヴェール」とも言えますね。

水分と皮脂、天然保湿因子がバランス良く存在しているお肌は、いきいきとツヤめき、すこやかな潤いで満たされています。

天然保湿因子とは?
皮膚に生まれつき備わっている、潤いを保つ保湿成分のこと

お肌の「バリア機能」は高保湿ケアでサポートしよう

秋から冬にかけての季節の変わり目は、寒暖差のほか、冷たい外気や暖房の効いた室内の乾燥した空気などによって、お肌がストレスを感じやすくなっています。

お肌の潤いバランスが乱れて、乾燥が進んでしまうと、お肌表面のゴワつきやザラつきといった手触りの悪さや、化粧のりの悪さ、更には痒みや赤みなどの肌荒れを引き起こしてしまいます。

つまり、乾燥して潤いを保ちにくくなったお肌は「バリア機能」が低下し、少しの外部刺激に対しても弱くなってしまうため、お肌のゆらぎやトラブルが増えてしまうのです。

つややかに潤うお肌を育むためには、お肌のバリア機能をサポートすることが重要なポイントと言えます。そのためには、たっぷりの潤いを与え、その潤いを保つ、高保湿ケアを丁寧におこなっていくことが大切です。

寒暖差トラブルからお肌を優しく守るスキンケアアイテム3選

上記の通り、寒暖差を感じやすい季節の変わり目は、乾燥によってお肌のバリア機能が低下することで、お肌の気がかりが増えてしまいがちです。

お肌のモイスチャーバランスの乱れを防ぎ、すこやかに整えていくためには、潤いを保つアイテムを使って、スキンケアを毎日しっかりとおこなっていきましょう。

今回は、これからの季節にぴったりの、ナチュラルな使用感のスキンケアアイテム3つ紹介します。

d program(ディープログラム) モイストケア ローション MB【医薬部外品】

商品名
モイストケア ローション MB【医薬部外品】
ブランド
d program(ディープログラム)
内容量
125ml
金額
3,400円(税抜)

まず始めに使いたいのがこちらの化粧水です。こちらは、トラネキサム酸やグリチルリチン酸ジカリウムといった有効成分が配合された、医薬部外品の化粧水です。

また、保湿成分の酵母エキスやグリセリンを「ビューティーバイオテクノロジー」として配合しているほか、同じく保湿成分のスーパーヒアルロン酸やワセリン、ヨモギエキスを「MTケアコンプレックス」として配合しています。

バリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなったお肌の角層をたっぷりの潤いで満たし、キメをふっくらと整えながら乾燥によるお肌の粉ふきや皮むけなどのトラブルを防ぐことができます。

少しとろみを感じるローションを、お肌全体に優しくなじませていくと、角層のすみずみまで潤いが気持ちよく広がり、みずみずしい美しさに満たされていきます。

お肌のバリア機能が乱れているときは、コンディションが安定した状態と比べて、角層の水分量や保湿力が低下してしまっています。

乾燥によるゴワつきやかさつきが気になるお肌には、高保湿の化粧水で潤いをたっぷりと与えて、すこやかに潤う素肌を育んでいきましょう。

MINON Amino Moist(ミノン アミノモイスト) モイストチャージミルク

商品名
モイストチャージミルク
ブランド
MINON Amino Moist(ミノン アミノモイスト)
内容量
100g
金額
2,000円(税抜)

化粧水でお肌にたっぷりの潤いを与えたあとにおすすめの乳液がこちらです。

こちらは、お肌に元来備わる保湿成分、「天然保湿因子(NMF)」を構成している9種類のアミノ酸を独自バランスで配合した保湿乳液です。

9種類のアミノ酸
アルギニンやバリン、セリン、グリシンなどの保潤アミノ酸のこと。お肌のバリア機能をサポートし、保湿力に優れています。

また、角層の隙間をしっかりと埋めるように浸透し、細胞間脂質の働きをサポートする「アミノ酸系セラミド類似成分」や、お肌を守る皮脂膜に似ている「うるおい膜成分」が配合されています。そのため、角層のすみずみまで豊かな潤いで満たすことができます。

さらに、乾燥して気がかりの増えたお肌に、ふっくらとしたキメやつややかなハリ感を与える清透アミノ酸も2種類配合されています。

こっくりと濃厚で、マイルドなミルクをお肌になじませていくと、しっとりしなやかにほぐされ、うっとりとするような潤いに満ちたお肌へと導かれていきます。

潤いが失われ、ザラつきやゴワつきを感じるお肌に、ふんわりとコクのあるミルクがお肌全体に伸びひろがり、まるでマシュマロのようなやわ肌に整えられていきます。

お肌に潤いを留めて、すこやかにつやめく素肌を叶える高保湿タイプの乳液です。

Avene(アベンヌ) スキンバランスクリームEX SS (R)n

商品名
スキンバランスクリームEX SS (R)n
ブランド
Avene(アベンヌ)
内容量
49g
金額
3,800円(税抜)

高保湿スキンケアの最後に使いたい、おすすめのアイテムはこちらです。

こちらは、アベンヌ温泉水やミネラルオイル、パルセリン®、スクワランなどが配合された保湿クリームです。

アベンヌ温泉水は、南フランスのアベンヌ村に湧き出る温泉水で、熱くほてったお肌を優しく抑え、すこやかに保ちます。
また、配合されている「パルセリン®」は、お肌の潤いバリア機能をサポートし、乾燥などの外部刺激からお肌を守ります。

パルセリン®
アミノ酸の一種である「セリン」のこと。保湿力に優れています。

スキンケアの最後に、保湿成分をたっぷりと抱え込んだリッチなクリームを心地よく広げると、ふっくらと柔らかな質感のお肌を叶えてくれます。

コクのあるクリームは、ベタつくことなく、翌朝までその潤いをしっかりと残して、ふっくらしたしなやかなお肌へといざないます。

目もとや口もとなど、特に乾燥が気になる箇所には、重ねづけすることで、しっとり感を増すことができます。

また、こちらのクリームは無香料・無着色・アルコール(エタノール)フリー・防腐剤フリー処方となっています。

特に、防腐剤フリーを実現したのは、1回クリームを押し出すと、内容物が戻らない密封容器を使用していることにあります。

クリームを使用する全期間において、容器内に雑菌が入り込むことを防ぐことができるため、1回1回フレッシュな状態でスキンケアでき、使い終わるまで中身を新鮮に保てます。

バリア機能が低下し、気がかりの増えてしまったお肌は、優しく包み込むようなじっくりケアを叶える高保湿クリームを使って、おだやかに潤むしなやかな状態へと整えていきましょう。

すこやかなお肌のために、スキンケアの基本アイテムを上手にセレクトしよう

しっとりしなやかなお肌を叶える、自然な使用感のスキンケアアイテムを3つ紹介しました。

お肌の潤いバランスは、些細なことで乱れてしまいがちです。トラブルや気がかりが増えてしまった場合は、日々お肌と向き合いながら、今のお肌状態に適したスキンケアの基本アイテムを使って、優しくケアしていくことが大切です。

(文:中村沙織/編:コスメクリップ編集部)

2020.11.10

中村沙織
この記事を書いた人
美容ライター 中村沙織

慶應義塾大学文学部卒。日本化粧品検定1級取得。美容メディアにて記事やコラムの執筆・監修をしています。
自身で運営している美容サイトでは、毎日続けたいスキンケア・ボディケア等について発信しています。