cosmeclipは2020/12/22(火)を持ちましてサービス終了となります。詳細はこちらをご確認ください。

2020.03.28

フランスの老舗ブランド「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」で優雅なケアを

古賀令奈
ライター:
古賀令奈
200年もの歴史を誇るフランスの総合美容専門店「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」。香水とスキンケア製品に根強いファンを持ち、世界中の人から愛されているブランドです。

筆者は豊かな香りと使い心地を体感して以来、一気にビュリーの虜に。優雅な気分に浸らせてくれるその魅力をご紹介します。

特別感を堪能できるラグジュアリーなサービス

筆者がビュリーを愛用するようになった理由は、製品とサービスの2点にあります。
まずは、ホスピタリティあふれる上質なサービスについてお話を。

ビュリーは、お客様一人ひとりの肌や好みに合わせた製品を提案できるよう、丁寧で細やかなカウンセリングを行っています。香水を主力としたブランドだけあり、香りとテクスチャーを体感しながら、自分にフィットするアイテムを選べるように導いてくれます。

その丁寧なカウンセリングタイムが至福のひととき。まるで高級ブティックで買い物をするようなラグジュアリー感に浸ることができます。

しかも、購入すると嬉しいサービスも。カリフラフィーを学んだスタッフさんが、万年筆で名前を手書きしてくれます。ひと手間かけてもらえるこの特別感は、日常で味わえない魅力のひとつです。

明るい透明肌へと導く百合の美容オイル

オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ホワイトリリー浸透液オイル

では、実際に筆者が実際に愛用している素敵なアイテムをご紹介していきます。

まずは、ビュリーの人気アイテム「ホワイトリリー浸透液オイル」(税抜6,400円)から。こちらは、肌のキメや、日焼けによるダメージを受けた肌を整えてくれるオイル。明るい輝きを与え、透明感のある肌へと導きます。

20-40代女性 オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ホワイトリリー浸透液オイル 使用中

百合の花びらに含まれる植物ステロールには、抗酸化作用や抗炎症作用があるのだそう。また、ホワイトニングにアプローチするというエチオリンも配合されています。

筆者は仕事柄さまざまなスキンケア製品を試すため、この美容液を省いてしまう時期も。すると、肌の明るさに物足りなさを感じてしまうことが少なくありません。慌ててまた使い始めると仕上がりに満足できるようになるため、スキンケアで手放せないアイテムとなっています。使用量が1~2滴でOKだから、コストパフォーマンスも抜群ですよ。

フランスのコスメなら・・・こちらもよく読まれています。↓

ローズの香りで全身を包む、髪にも使えるボディオイル

オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ユイルアンティーク

お風呂上がりの必須アイテムとなっているのが、髪とボディに使えるオイル「ユイル・アンティーク」(税抜5,700円)。まるでフレグランスのように豊かな香りで全身を包み込み、肌にうるおいと栄養を与えてなめらかに整えてくれます。

20-40代女性 オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ユイルアンティーク 使用中

全6種の香りから筆者が選んだのは、「ローズ・ドゥ・ダマス」。摘みたてのバラの花束にジンジャーとベチバーのアクセントを加えた香りです。その華やかで気品あふれる香りが漂うと、一瞬でしあわせな気分に。筆者は小学生の娘と一緒に使っているのですが、夫も私たちの髪の香りを好んでいるそうで、つけていない日は残念がるほどです。

髪につけるとパサついた髪がしっとりとまとまるので、私たち親子はドライヤー前の習慣にしています。保湿力が高いから、ごく少量を毛先から中間あたりまで塗布すれば十分です。

ボディに塗るときのコツは、お風呂上がりの体に少し水分が残っている状態につけること。湿り気があると、するすると塗り広げられますよ。サラッとした使用感でベタつきも気にならず、全身を快適に保湿できます。

やさしい使い心地でつるん、敏感肌向けクレイマスク

オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ヌードクレイ

ビュリーはクレイの種類にも富んでいるブランド。肌質やお悩みに合わせたクレイやパウダーを提案してくれます。

20-40代女性 オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ヌードクレイ 使用中

肌があまり強くない筆者は、敏感肌向けの「ヌードクレイ」(税抜1,900円)をチョイス。疲れた肌をいやしてくれるマスクだそうで、粒子がとても細かいサラサラのパウダーです。

敏感肌向けというと、あまり手応えを感じないかなと不安でしたが、使ってみたらその変化にびっくり。刺激を感じることなく、一皮剥いたようにつるんとなめらかな肌に整いました。

このクレイにオイルを少量加えてパテ状になるまで混ぜます。さらに水を少量加えてなめらかにし、顔に塗り伸ばして10分〜15分程度置いてから洗い流します。少し手間はかかりますが、その仕上がりは格別。浴室でのリラックスタイムとして楽しんでくださいね。

いつでもどこでも清潔に、バッグにINしたい紙石けん

オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー フゥイユ ドゥ サヴォン

外出先だとソープがない洗面台も少なくないもの。そんなときに活躍するのが、「フゥイユ・ドゥ・サヴォン」(税抜1,000円)です。

日本の伝統的な紙石けんからインスピレーションを得たという携帯用の石けんで、ビュリーの香りを楽しみながら清潔を保つことができます。

20-40代女性 オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー ローズ・ドゥ・ダマス

全3種の香りから筆者が選んだのは、大好きな「ローズ・ドゥ・ダマス」。ボディオイルと同じ香りですが、こちらはオイルよりやさしく香ります。洗った後も、ほのかに香りが手に残るので、疲れたときのリフレッシュアイテムとしても役立ちますよ。

名刺入れや本などに挟んでおくのもひとつの手。ほのかな香りを楽しみながら、エレガントな女性として印象づけられるかもしれませんね。

ビュリーで毎日の暮らしに上質感を

ストレスを感じたり忙しかったり毎日に余裕がないときこそ、美容は元気といやしをくれます。気品あふれるビュリー製品を日常に取り入れて、ごきげんになれる時間をつくってみませんか?

(文:古賀令奈/編:コスメクリップ編集部)

2020.03.28

古賀令奈
この記事を書いた人
美容ライター/コスメコンシェルジュ 古賀令奈

コスメをこよなく愛する美容ライター。有名女性向けメディアや企業の公式サイトなどで美容記事を多数執筆。コスメ選びのプロフェッショナルとして、みなさまのお悩みやご要望にあわせたコスメ情報をお届けします。