2020.01.31

透明感とハリ感ある美肌に!ビーグレンのCセラム&QuSome モイスチャーゲルクリーム

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
透明感とハリ感のある美肌を手に入れたいなら、スキンケアの基本はやっぱり保湿。しっとりとした滑らかな肌はただ美しいだけでなく、その人自身を若々しく見せてくれます。

※本記事は、b.glen(ビーグレン)とのタイアップ記事です。

水分・油分が不足していると肌表面がカサつくだけでなく、どんよりとしたくすみ感が出てくることも……。さらに乾燥による小じわが目立ちやすくなり、老け見えにもつながります。

とは言え、「保湿が大事なのは分かっていても、具体的にどんなアイテムを選ぶべきか迷ってしまう」という方も多いはず! そこですすめしたいのが毎日の保湿ケアにぜひ取り入れたい、ビーグレンの美容液&クリームです。

肌をしっかり保湿するビーグレンのスキンケア

肌への「結果」を追求するスキンケアブランド、ビーグレン。「QuSome®」という独自の浸透テクノロジーを開発し、肌悩みに効果的にアプローチするスキンケアアイテムを展開しています。

今回はそんなビーグレンから、保湿ケアにおすすめの『Cセラム』と『QuSomeモイスチャーゲルクリーム』をご紹介! 使い心地や私個人が感じられた効果など、詳しくレビューしていきます!

透明感のある潤い肌へと導く『Cセラム』

保湿というとオイルやクリームにこだわりがちですが、美容液選びだってとっても重要。油分を与える前に、肌を健やかな状態に保ってくれるワンアイテムが必要です。

ビーグレン 美容液 ビタミンC美容液 Cセラム

ビーグレンの『Cセラム』は、短期使用でも効果が期待できるビタミンC※ 美容液。QuSome®で包み込まれたビタミンC※が角質層まで届き、皮脂バランスの整った透明感のある肌へと導きます。

20代-40代女性 ビーグレン 美容液 ビタミンC美容液 Cセラム 使用中

さらりとした軽めのテクスチャーもポイント。肌になじみやすく、広げた瞬間からジュワッと潤いで満たされるのが分かります! 

※ 整肌成分

コスメクリップおすすめコスメ

Cセラム

常に良好な肌コンディションを保ちたい方へ

価格詳細を見る

肌のハリを取り戻したいなら『QuSome(キューソーム)モイスチャーゲルクリーム』

潤いが不足するとハリも感じられなくなるもの。若々しい肌状態をキープするためにも、やはり効果的な保湿アイテムが不可欠です。

そこでおすすめなのが、ビーグレンの『QuSomeモイスチャーゲルクリーム』。QuSome®を応用してつくられた成分、「QuSome®ハイドレーションコンプレックス」が肌にうるおいを与え、みずみずしさを長時間キープ。軽いテクスチャーでありながら肌本来の“潤い力”にアプローチし、年齢を感じさせないぷるんとしたハリ肌へと導きます

QuSome(キューソーム)モイスチャーゲルクリーム

ゲル状なのでもったり感が少なく、まるで肌に溶け込むようなつけ心地。クリームやオイルのべったり感が苦手な方にも使いやすいテクスチャーになっています。

20代-40代女性 ビーグレン QuSome(キューソーム)モイスチャーゲルクリーム 使用中

少量でもよく伸び、肌なじみは抜群。ツヤが出るのに被膜感はなく、冬はもちろん夏にも使いやすそうです!

冬の乾燥には・・・こちらもおすすめ ↓

コスメクリップおすすめコスメ

QuSome モイスチャーリッチクリーム

肌のハリとうるおいに自信がもてない方へ

価格詳細を見る

ビーグレンの『Cセラム』と『QuSome(キューソーム)モイスチャーゲルクリーム』の効果は……?

『Cセラム』と『QuSomeモイスチャーゲルクリーム』を約1ヶ月間使用してみました。

ビーグレン QuSome(キューソーム)モイスチャーゲルクリーム 効果 20代-40代女性 イラスト

個人的に得られた効果のひとつめは、みずみずしいうるおい感。手のひらにもっちり吸いつくような、というより、指が頬をスルスルッとすべるような滑らかなうるおい感です。目元や口元をより保湿したい場合は、重ね塗りやビーグレンの『QuSomeモイスチャーリッチクリーム』をプラスしてもいいかも知れません。

個人的に感じられた効果のふたつめは、ふっくらとしたハリ感。肌が柔らかくなったのか、両手で頬を覆ったときにふかふかとした感触があるのです! 「とにかく保湿を万全にしたい」という思いがいちばんにあったので、このハリ感は私にとっては予想外の嬉しい効果でした。

おわりに

今回はじめて使用した、ビーグレンの『Cセラム』と『QuSomeモイスチャーゲルクリーム』。評判は聞いていましたが、実際に使ってみるとそれも納得。肌への効果を見て、人気の理由を体感することができました!

みなさんもビーグレンのスキンケアで、潤いあふれる肌づくりをしてみませんか?

あわせてよみたい ↓

(文:真雛美(MASUMI)/編:コスメクリップ編集部)

2020.01.31

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。