2019.09.08

この時期のゆらぎ肌はどう対処する?注目したい成分&スキンケア

岸田茉麻
ライター:
岸田茉麻
季節の変わり目にありがちな、肌質の変化。この時期に起こりやすい肌トラブルの原因、そして対応策やおすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

みなさんこんにちは、コスメコンシェルジュ・美容ライターの岸田です。

9月に入りました!

日中の暑さが続く反面、夜の涼しさを感じると「秋だな〜」と実感する毎日です。

まさに“季節の変わり目”ですね(^^)

季節の変わり目といえば、肌が敏感になりがちな人も多いはず。

そこで今回は、季節の変わり目と肌トラブルの関係をはじめ、肌トラブルを防ぐ適切なスキンケアや注目の美容成分・スキンケアアイテムを総合的にご紹介します!

季節の変わり目に肌が敏感になる「二つの理由」

季節の変わり目や花粉の時期が訪れると、肌のベタつきと乾燥が混合してしまう。

そんな経験はありませんか?

大きな原因として考えられるのは、「気温や湿度の急激な変化」「不適切なスキンケア」です。

高温多湿の環境下だと皮脂の分泌量が増えますが、温度や湿度が低いと皮脂の分泌量は低下しがち。

夏はベタつくけど冬は乾燥する、というのも気温や湿度が大きく関係しています◎

ただ、季節の変わり目は1日で気温や湿度の変化が大きいため、皮脂のバランスが崩れてしまう。

これによって肌の乾燥とベタつきを同時に感じてしまうケースにつながるんです。

そして!

夏はベタつくから……という理由で、スキンケアを化粧水だけで済ませてしまう、もしくはスキンケア全般サボってしまう人も少なからずいるはず。

(過去の私がそうだったんです///)

ただ、保湿を怠ると乾燥から肌を守るためにますます皮脂の分泌量が増えますし、肌内部のうるおいが不足してコンディションが崩れてしまうことに。

こうした不適切なスキンケアも、季節の変わり目による肌トラブルを招きます。

皮脂分泌をコントロールする美容成分とは?

季節の変わり目による肌トラブルを防ぐためには、その原因に大きく関わる皮脂分泌をコントロールすることがポイントです!

皮脂分泌を抑える美容成分として有名なのは、ビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体には、シミの原因・メラニンにアプローチする働きや、ハリを支えるコラーゲンの生成を促す働き、活性酸素による肌トラブルを防ぐなどたくさんの美容効果が期待できます◎

ただ、優秀なビタミンC誘導体にもさまざまな種類があり、高濃度なものだとピリピリした刺激を感じてしまうことも。

また、乾燥肌の人がビタミンC誘導体を取り入れることでより肌の乾燥を招いてしまうケースもあります。

脂性肌やニキビ肌の人にとっては比較的相性のいいビタミンC誘導体ですが、「乾燥するのに部分的にベタつく」という混合肌タイプの人や、季節によって肌質が揺らいでいる人にとっては使いにくい成分といえます。

乾燥肌や混合肌はもちろん、肌質問わず皮脂分泌をコントロールできる成分……

コスメコンシェルジュの私がピンッときたのは「イノシトール」という美容成分です!

イノシトールに期待できる美肌効果をチェック!

イノシトールとは、米ぬか由来のビタミンB様成分。

脂性肌には皮脂の分泌量を減らし、また乾燥肌には皮脂の分泌を促すことで肌のうるおいをキープする働きがあります!

皮脂の分泌を上手にコントロールしてくれるからこそ、混合肌にもおすすめなんです♪

さらに!

イノシトールは肌のハリや弾力をサポートする働きもあり、たるみやシワの予防が期待できます★

1%以上の含有量で保湿効果があると認められたイノシトール。

美容業界でも注目されている成分のひとつです◎

季節の変わり目におすすめしたいスキンケア「inaho(イナホ)」

イノシトール配合のスキンケアアイテムはいくつかありますが、なかでも私が気になっているのはイノシトールをはじめとする“米ぬか由来の美容成分”を複数配合した「inaho」です(^^)

今回は「inaho」を実際に試したく、

  • イナホ フェイシャルソープ
  • イナホ コンディショニングローション
  • イナホ モイスチャーフェスクリーム

を手にしてみました!

「inaho」は、米ぬかの成分を研究している成分メーカーが作ったスキンケアブランド。

米ぬかってなに?と思って調べてみたのですが、米ぬかは玄米を精米したときにできるもので、穀物でいう果皮や種皮、胚芽などの部分を指すのだそう。

白米以上に栄養素が多く含まれていて、そのなかにはイノシトールのほかにもγ-オリザノールと呼ばれる美容成分もあります。

γ-オリザノール
抗酸化作用やメラニンの生成抑制作用、ターンオーバー促進などさまざまな美容効果が期待できるコメ特有の成分

基本のラインナップも、洗顔+化粧水+クリーム(もしくはオールインワンゲル)のみというシンプルな内容がうれしい……♪

今回は、洗顔・化粧水・クリームそれぞれのポイントについて体験レビューとともにご紹介します!

「イナホ フェイシャルソープ」

お米のような色が特徴の「イナホフェイシャルソープ」。

イノシトール配合
皮脂コントロールでゆらぎ肌をケア
コメ胚芽油配合
保湿に加え洗い上がりもしっとり
きめ細やかでなめらかな泡
肌に負担をかけず洗い上げる

このような特徴を持ち、乾燥肌や混合肌、デリケートな肌をやさしくいたわってくれます。

洗顔ネット付きなので、泡立てが苦手な私でも使いやすい!(拍手)

洗い上がりもつっぱりにくく、しっとりします♪

「イナホ コンディショニングローション」

シンプルな容器の「イナホ コンディショニングローション」。

イノシトール配合
皮脂コントロールでゆらぎ肌をケア
コメヌカエキス配合
角質層に浸透しうるおいのある肌へ導く

コメヌカエキスは、米ぬか由来のアミノ酸やビタミンを多く含んでいる成分。

イノシトールの働きで皮脂量をコントロールし、肌内部のうるおいはコメヌカエキスがサポートしてくれる……そんな化粧水です◎

実際に使ってみるとサラサラしたテクスチャーで、肌にスーっと浸透していくのがよくわかります。

肌がひんやり感じるのは、うるおいがいきわたったサインですね♪

「イナホ モイスチャーフェイスクリーム」

乾燥肌に必要な水分と油分。
その両方を補ってくれるのが「イナホ モイスチャークリーム」です。

イノシトール配合
皮脂コントロールでゆらぎ肌をケア
コメ胚芽油配合
うるおい力と水分キープ力にすぐれている

化粧水で肌のコンディションを整えたら、クリームでつややかなうるおい肌に仕上げましょう◎

しっとりした質感でありながら、ベタつかないのが混合肌に嬉しい。

肌全体がふっくらしますよ♪

季節の変わり目だからこそスキンケアアイテムの見直しを

今回の内容まとめはコチラ!

  1. 季節の変わり目は湿度と温度の変化により皮脂の分泌量が揺らぎやすい
  2. 季節の変わり目による肌トラブルは皮脂の分泌量をコントロールしよう
  3. 皮脂の分泌量をコントロールする成分はイノシトールなどがある
  4. イノシトールには皮脂分泌調整やハリ・弾力サポート、保湿作用がある

今回ご紹介した「inaho」シリーズ以外にも、イノシトールを配合したスキンケアアイテムはいくつかあります!

季節の変わり目は、スキンケアそのものを見直すタイミングでもあります。

肌質の変化を感じる人は、これを機会に新しいスキンケアアイテムを試してみてはいかがでしょうか?

(文: 岸田茉麻/編:コスメクリップ編集部)

2019.09.08

岸田茉麻
この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻

元美容部員、現役コスメコンシェルジュの美容ライターです!ひたすら若作りに取り組み、コスメ収集しています。プチプラからデパコスまで「いい!」と思った商品、また美容に役立つ情報を積極的にご紹介します♪