2019.08.28

固形石鹸が一番泡立つグッズはどれ?ダイソーのグッズで検証!

岸田茉麻
ライター:
岸田茉麻
ダイソーの泡だてグッズを収集!固形石鹸が一番泡立つのはどのグッズか調べてみました。SNSで話題の「ほいっぷるん」からベーシックな「泡立てネット」まで、使いやすくて泡立ちがいいのは一体何?



こんにちは!コスメコンシェルジュ・美容ライターの岸田です。

実は今年に入って、固形石鹸がじわりじわりと人気を集めているんです。

「しっとりしていて気持ちいい!」という意見もあれば「レトロでおしゃれ!」という意見まで。
固形石鹸を好きになる理由は人それぞれですが、コスパがよく天然素材で作られているものも多いため人気もうなづけます^^

ただ、「固形石鹸を泡立てるのが面倒くさい」という意見も少なからずあるようで……。そこで今回は、“固形石鹸を泡立てるのに役立つグッズはどれなのか”アイテム別に検証していきたいと思います!

集めたのは、100均でおなじみダイソーの泡立てグッズ4点。

このなかでもっとも固形石鹸が泡立つのはどれでしょうか……?

あわせてよみたい

SNSでも話題!ダイソー「ほいっぷるん」で検証

“泡だてネットよりきめ細かい泡が簡単に作れる”と自信たっぷりの「ほいっぷるん」。

一般ユーザーはもちろん、美容メディアもこぞって取り上げている注目アイテムです。

使い方は、フタの穴が空いている面に固形石鹸(洗顔料)を擦り付け、容器に水を注ぎ、蓋を軽く押さえながらスティックを上下に動かすだけ。

水の量は内側の線を目安にすればOKです!

擦り付ける時、固形石鹸の粕がポロポロ……まるでパルミジャーノレッジャーノを削っているような気分でした。(笑)

実際に泡立てると、たしかにふわふわモコモコした泡になりました。ただ水の量が多めだったのか、固形石鹸の量が少なかったのか……水っぽく潰れやすい泡になった印象です。

これを洗顔ミルクやボディシャンプーで試してみると、弾力のあるもっちり泡がいっぱい作れたのですが><

固形石鹸だと泡立てるのがちょっと難しいのかな?という印象でした。



固形石鹸付き! ダイソー「ハンドメイドワンバイワン モイスチャライズソープ(泡だてネット付き)」で検証

保湿の固形石鹸と泡立てネットがセットになっているアイテム。

オリーブ油やアルガンオイルなど、天然素材の保湿成分で肌にうるおいを与える自然派コスメです♪
こちらには袋状になった洗顔ネットがついていて、固形石鹸をそのまま入れることができます◎
水に濡らしてネットを擦り合わせると簡単に泡立つという仕組み。

(今回はアイテム比較のため、付属ではない固形石鹸を使用しています)

実際に泡だててみると、ものの数秒でふわふわした泡が作れました!(拍手)

きめ細かさはまぁまぁといった印象ですが、そこそこ弾力があり可もなく不可もなくといったところです。

ダイソーのベーシックな石鹸ネット「ホイップ洗顔ミニ」で検証

コンパクトサイズが魅力な「ホイップ洗顔ミニ」。(レギュラーサイズの販売もあります◎)

泡立てグッズといえば、やっぱりこの形状!ネットの内側に固形石鹸を入れ、水を含ませながらモミモミするだけです。

さきほど検証した「ハンドメイドワンバイワン モイスチャライズソープ(泡だてネット付き)」と同じような細かい網目、さらに抗菌仕様という点もうれしいですね!

実際に泡だててみると、きめ細かくもっちりした泡がたくさん作れました。

これまでの検証の中で、泡立ちのよさや泡の弾力、きめ細かさがダントツ1位です!

さきほどの洗顔ネットに比べると、ネットが2重構造になっているので泡立ちやすかったのだと思います。

ツノも立ちますし、メレンゲのような泡です^^

懐かしい!?ダイソーの石鹸ネット「せっけん泡立てポーチ」で検証

最後に登場するのは、固形石鹸の使い切りにも便利な「せっけん泡だてポーチ」。

石鹸を入れたまま保管できるほか、吊りひもがついているので蛇口にそのままかけられるのがうれしいですね♪

(でもちょっと、学校の手洗い場を思い出してしまいそうですが……)

実際に泡だててみると……あまり泡立たない……これまでの泡立ちがよすぎたせい!?

ふわふわもこもこの泡を作るのは難しそうですし、ハンドソープには向いていても洗顔として使うのには衛生的にも向いていないです。

ただ、2個入りということもありコスパがよく、中途半端に小さくなった石鹸を入れてハンドソープとして使い切るならとても便利だと思います♪

検証結果!固形石鹸はベーシックな泡立てネットが相性良し!

ということで今回の検証結果は、

「ホイップ洗顔ミニ>ハンドメイドワンバイワン モイスチャライズソープ(泡だてネット付き)>ほいっぷるん>せっけん泡立てポーチ」となりました!

固形石鹸だけで検証してみると、やはりベーシックな泡立てネットが使いやすく、泡立ちもよいことが改めてわかったと思います。

ただ、使用する固形石鹸や泡立てグッズの種類、メーカーによっても違いが出ると思うので、あくまで参考程度になさってくださいね^^

あわせてよみたい



(文:岸田茉麻/編:コスメクリップ編集部)

2019.08.28

岸田茉麻
この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻

元美容部員、現役コスメコンシェルジュの美容ライターです!ひたすら若作りに取り組み、コスメ収集しています。プチプラからデパコスまで「いい!」と思った商品、また美容に役立つ情報を積極的にご紹介します♪