2019.06.27

肌トラブルが起こりやすい【夏のスキンケア】のコツ

夏の肌トラブルで悩んでいる方は、もしかすると、自己流のスキンケア方法があなたに合っていないのかもしれません。今回の記事では、夏に起こる肌トラブルの原因と、スキンケアの方法やポイント、おすすめのスキンケア商品についてご紹介します。

夏は1年の中でも肌トラブルが起こりやすい季節。夏になると、お肌の調子がいまいち不調になってくる、という人も多いでしょう。ガンガンと照り付ける太陽から降り注ぐ紫外線、流れる汗、室内ではエアコンの風にさらされ、夏の肌はダメージを一日中受けている状態です。

外部からのダメージを受けやすい夏、スキンケアはどのように行えばいいのでしょうか。暑くてついサボりがちになってしまったり、汗をかくので顔を何回も洗ったりしていませんか?

夏は肌トラブルの原因がたくさん

紫外線による日焼け、汗や暑さからくる皮脂トラブル、レジャー先で受ける肌トラブルなど、夏はお肌のトラブルを引き起こす原因がたくさん潜んでいます。夏に起こりやすい肌トラブルの原因は、夏が終わった頃に影響を与えるものも多いので、注意が必要です。「夏にスキンケアを怠ってしまい、シミができた」など、後悔しないように、しっかりケアをしておきましょう。

まずは、夏に起きやすい肌のトラブルの原因を探っていきます。

暑い夏は拭いても拭いても汗が噴き出し、流れ落ちる雫に不快な気持ちも高まってしまいます。汗をそのままにしておくと、不快なばかりではなく、肌の角質がダメージを受けてしまいます。汗荒れを起こして痒みが出てしまったり、ニキビや吹き出物の原因になったりするなど、大きな影響が出てしまうのです。

また、汗が蒸発する時に、肌の水分も一緒に奪われてしまうことがあります。汗の主な成分は、水と塩化ナトリウムです。汗が蒸発すると、塩化ナトリウムの濃度が上がり、それが肌への刺激となって、肌荒れなどのトラブルにつながってしまうのです。

お肌のためには、汗をかいたら必ずこまめに拭き取るようにしましょう。また、汗をかいたことによって、肌が敏感な状態になってしまったら、スキンケアアイテムを敏感肌用に変えてみるのも、ひとつの方法だといえるでしょう。

皮脂

日本の夏は暑さに加えて湿度も高く、皮脂などで肌がベタつきやすい季節です。特にTゾーンのテカリが気になる人が多いのではないでしょうか。皮脂やベタつきをそのままにしておくと、化粧崩れやニキビ、肌荒れの原因になってしまいます。きちんとクレンジングをして、皮脂汚れやメイク汚れを落とし、常にお肌を清潔に保つようにしましょう。

紫外線

夏でお肌の天敵となるのが紫外線です。日焼け止めや日傘などで対策をしていても、うっかり日焼けしてしまうこともあります。夏の強い紫外線を浴びると、メラニンが生成されシミやそばかすの原因になります。

夏の時期は、午前10時頃から午後2時くらいまでの時間帯が最も紫外線量が多くなります。しかも、肌に最も有害とされているβ波が降り注いでいるので、この時間帯の外出は特に注意が必要です。夏が終わったらシミが一気に増えてしまった、なんてことになれば大変です。外出する際はしっかりと紫外線対策をしてから出かけましょう。

レジャー

夏は海水浴やキャンプ、バーベキュー、野外フェスなどレジャーに出かけて、外で活動することが増える季節です。そのため長時間日差しを浴びたり、汗をたくさんかいたり、海水に肌が触れたりと、肌への負担が増加します。その負担がトラブルの原因を多く作り出してしまうのです。長時間屋外にいるような時は、SPFとPAの数値が高い日焼け止めを選ぶなどして、肌へのダメージを軽減するように気を付けましょう。

また、目から身体に入る紫外線にも注意が必要です。脳が反応して、体内にメラニン色素を作るよう指示することがわかっています。目からの紫外線でシミを作らないように、しっかりとサングラスなどでUV対策するようにしましょう。レジャーを楽しんだ後は、もちろんスキンケアも十分行うことを忘れないでください。

エアコンの風

とにかく暑いのが最近の夏です。オフィスでもお店でも家でも、屋内でエアコンに当たらない時間はほぼないといってよいでしょう。お肌にとって、エアコンの風にさらされることは、大きなダメージになります。汗をかいて、エアコンの風に当たるということを繰り返していると、肌の水分量が奪われ、乾燥してきてしまいます。そのままに放置すると、シワなどの原因にもなりかねません。

しかし、実はこの現象、本当は肌が乾燥しているのに、汗や顔のベタつきで気が付いていない人も多くいるのです。ベタつく肌は、水分が失われた肌からのサインという場合もあります。なるべく直接風に当たるのは避けて、自分のお肌が乾燥していないかを時々チェックしてください。もし、乾燥に気が付いたら、しっかり保湿ケアをするように心がけましょう。

夏のダメージを蓄積したままだと「老け肌」の原因に⁉

夏の強い紫外線は、メラニンの増加、日焼けや肌のくすみ、肌水分の蒸発による乾燥の原因となります。汗や過剰な皮脂はベタつきやニキビ、メイク崩れの原因となるなど、夏はとにかく肌にダメージを受けることが多い季節。お肌が不調な状態になりがちです。これらのダメージは、毎日のスキンケアで改善することができます。

しかし、放置しておくとダメージは蓄積され、取り返しのつかない老化の原因にもなってしまいます。気が付いたらシミがとても増え、一気に老け顔になってしまう、ということもありえます。そのような悲惨なことにならないように、夏こそ丁寧なスキンケアが大切なのです。

夏のスキンケア、押さえておきたいポイント

夏の肌トラブルの原因をご紹介してきましたが、次はトラブルを防ぐことと一緒に、トラブルに有効なスキンケアのポイントをご紹介していきましょう。少しの工夫をするだけで、夏の肌を健やかに保つことができます。夏は暑く、汗で肌がベタつきがちですが、実はベタついている肌も乾燥していることがあります。

今までの夏のスキンケア方法は、もしかすると間違っているかもしれません。夏の終わりに後悔しなくてすむ、スキンケアで絶対押さえておきたい大切なポイントをご説明します。

水分&油分のバランス

夏は汗や皮脂で肌がベタつくので、顔を何回も洗いたくなったり、乳液や美容液でベタつくのが嫌になり、つけなかったりしがちです。しかし前述の通り、エアコンの風などが原因で意外と肌は乾燥していることがあります。ですから、洗顔をやりすぎたり、保湿を怠ったりすると、肌の水分が奪われ、逆に負担をかけてしまうのです。その結果、乾燥肌やシワの原因になってしまうことがあります。

洗顔はやりすぎず、多くても朝と夜の2回程度にして、優しく洗うようにしましょう。洗顔後は、化粧水、乳液などでしっかりと保湿をします。オフィスでのエアコンから肌を守るために、朝のメイク前に保湿をするのも大切です。

皮脂が過剰に出ている場合、クレンジングは、しっかりと肌を清潔に保つように行います。大事なのは、水分&油分のバランスです。ベタついていているように感じても、ベタベタな汗は、肌の水分量が足りていないというサインの場合もあるので、注意が必要です。肌の水分が足りていないと、自分の身体が水分を補おうとして、ベタベタした汗となり、肌に現れるのです。夏こそしっかりした保湿をして、肌の水分と油分のバランスをしっかり保つように意識したスキンケアを行いましょう。

冷やしたアイテムで、気持ちよくスキンケア

「しっかり保湿はしたいけれど、暑い季節に乳液などのずっしりとした保湿ケアは重い」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。そのような時は、化粧水や乳液を冷蔵庫で冷やして使ってみるのがおすすめの方法です。

コットンに化粧水をしっかり含ませたものを容器に入れ、冷蔵庫で冷やしておけば、簡単なコットンパックになります。市販のフェイスパックを冷蔵庫で冷やしておくのも簡単でおすすめです。ひんやりした感触が気持ちよく、しっかり保湿できるので、ぜひ試してみてください。

これは、日焼けしてしまったお肌のクールダウンとしてもよいケア方法です。夜に使用するのもおすすめですが、朝のメイク前にも冷蔵庫で冷やしたフェイスパックをすれば、毛穴が引き締まり、メイクの仕上がりもアップします。化粧水をスプレータイプの容器に入れ替えて冷蔵庫で保存しておくのも、朝の忙しい時間のメイクに役立ちます。シュッと顔に吹きかけられるので、簡単に保湿は完了です。

他にも、冬と夏でスキンケア化粧品を変えるのはひとつの方法でしょう。夏はさっぱりタイプの化粧水や炭酸化粧水など、ひんやりした実感のあるタイプに変えてみたり、保湿成分のあるアロマウォーターなどにしてみたりするのもおすすめです。夏用の化粧水も数多く販売されています。

汗・皮脂を拭うのにこすってはダメ!

肌のトラブルを防ぐために、汗や皮脂はこまめに拭くことが大事ですが、拭き取る際はこすらないように気を付けましょう。せっかく肌トラブルの原因を取り去っているのに、ゴシゴシ拭き取ると肌を傷めてしまう恐れがあります。そこにほこりなどが付着して、肌がヒリヒリする汗荒れなど、肌荒れの原因になってしまうのです。

汗や皮脂を拭く時は、軽く肌を抑えるようにして拭くようにしましょう。市販の顔拭きシートなども、使いすぎると肌荒れの原因になることがあります。汗を吸いやすく、肌触りも優しいタオルやガーゼのハンカチなどを持ち歩くのがおすすめです。

日焼け止めは絶対!

夏は1年で最も紫外線が多い季節です。そして、海水浴やプール、キャンプなどのレジャーで屋外にいることが多く、紫外線を長時間浴びてしまうことも増える季節です。

ご存知の通り、紫外線はシミやそばかすの原因で、お肌には最大の敵となるものです。日傘や帽子などで日焼け予防している人は多いと思いますが、それだけでは十分とはいえません。外出する際には必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。ムラがないように顔全体に塗り、シミができやすい頬、鼻、こめかみなどの周辺には厚めに2度塗りするようにすると安心です。

首やデコルテ、耳の後ろなども忘れずに塗りましょう。日焼け止めは、よく手で触ってしまう場所や、汗が流れやすい場所などは特に、すぐ落ちてしまうことがあります。

塗り直しが難しい時は、メイクの上からも使えるスプレータイプの日焼け止めを持ち歩くのがおすすめです。また、先にも述べましたが、目から入る紫外線にも要注意です。目が眩しいと感じると、脳からメラニン色素生成の指令が出でてしまうため、外出時は紫外線をブロックするサングラスなどが必須でしょう。

夏のスキンケアにおすすめのアイテム

夏の肌は多くのダメージを受けやすく、しっかりした毎日のスキンケアが必要です。強い紫外線やエアコンの風など外部からの刺激で疲れた肌へ、潤いや皮脂対策は必須といえるでしょう。

スキンケアの中でも、保湿は特にしっかりしておきたいところです。しかし夏のスキンケアは、暑い中、面倒くさくなってしまい意外とおざなりになってしまう人が多いのではないでしょうか。そんな場合は、スキンケアを夏用と冬用で分けて使う方法がおすすめです。夏には夏特有の肌トラブルに特化したスキンケアを行い、後々のダメージを残さないようにしましょう。

「保湿力もしっかり欲しいけど、さっぱりした使い心地のものがいい」、「ひんやりとした感触のものが欲しい」、「毛穴を引き締め、メイク崩れを防ぎたい」など、夏のお肌の状態と使ってみたいアイテムは人それぞれです。各メーカーから夏のトラブル対策のスキンケア商品はたくさん出ています。

お気に入りのスキンケア商品が見つかれば、毎日のお手入れも楽しくできるかもしれません。夏にも気持ちよく使えて、お肌トラブルを防ぐ、おすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

シュワッとはじける清涼感と、微細なパウダーによるサラサラ感が夏にぴったりの「収れん化粧水」

商品名
フローズンタッチ トーニングローション
ブランド
KOSE
内容量
150g
金額
3,000円(税抜)

クールな使い心地で、肌につけるとシュワッとはじけ、毛穴をキュッと引き締められる収れん化粧水。まるで肌へシャーベットをつけたみたいにひんやりとするので、夏のメイク前に肌を引き締められ、化粧ノリもアップします。

また、皮脂吸着効果に優れた微細なパウダーを配合してあり、過剰な皮脂分泌を抑えて、化粧崩れを防いでくれます。肌荒れなど肌トラブルに効果のあるハトムギエキスなどの和漢植物エキスを配合。潤いを与え、キメ細やかな肌に整えてくれるので、肌がベタついてメイクが崩れがち、という人にもおすすめのアイテムです。

直接肌には吹きかけずに、必ず化粧水をコットンにとり、しっかり肌になじませてから、日中用乳液や日焼け止めを使用してください。

冷感が気持ちいい上に発酵美白成分も配合で高保湿の化粧水

商品名
スキンタイトニング クールローション
ブランド
カネボウ
内容量
150ml
金額
2,100円前後(コスメクリップ調べ)

ベタつきが気になる人や、ひんやりした感触が欲しい人におすすめの化粧水。香料、着色料フリーの優しい使い心地です。発酵美肌成分を配合しているので、ひんやりした使い心地ながら、しっかりと保湿。つるつるの肌に整えてくれます。

朝、夜の洗顔後に手のひらかコットンにとり、しっかり顔全体になじませて使います。肌が弱いために、刺激が少なく、優しい使い心地の夏用化粧水を探している人にもおすすめです。また、毛穴の開きや汚れが気になる人は、同シリーズの酵素洗顔料「ビューティークリアパウダー」と一緒に使うとより効果的です。

ソーダみたいな美容液!?

商品名
イドラ スパークリングセラムL
ブランド
ジバンシイ
内容量
30ml
金額
8,000円(税抜)

クールなデザインの容器の中にエアバブルが浮いて見える、まるでソーダのような美容液です。眺めているだけでもテンション上がってしまいそうな、おしゃれで涼しげなパッケージも女子心をくすぐります。テクスチャはとても軽く、さっと肌になじむので、暑い季節でもとても使いやすくなっています。使い心地は軽くても、保湿効果は抜群。

ソーダの泡のように見えるこのエアバブルが、独自の保湿成分である、スパークリングウォーターコンプレックス®です。この保湿成分と、酵母エキスや金蓮花エキスを配合した濃厚な美容液が、肌にみずみずしい潤いを与えてくれます。使っていくと、日に日に肌の潤いを実感できますよ。エアコンの風や日焼けで乾燥した肌を集中ケアしたい時におすすめの美容液です。

うっかり日焼けしてしまっても、ほてりをしずめてくれる

商品名
スノーエッセンスオブライト
ブランド
ディオール
内容量
30ml
金額
15,500円(税抜)

シンプルでおしゃれなパッケージで部屋に置いておきたくなる美容液。20年にわたり日本人女性の肌と美白ニーズの研究を行い、到達したDNA研究の結果生まれた新・薬用美容液で、優しい使い心地は、敏感肌の人にもおすすめです。日焼け後のほてりをしずめながら、シミやそばかすを防ぎます。

また発酵酵母エキスで肌に潤いを与え、明るくピュアな肌に導いてくれます。うっかり日焼けしてしまった肌にも心強い味方の美容液。屋外にいることが多く、紫外線を浴びやすい人には、ぜひ持っていてほしいアイテムです。化粧水の後、ワンプッシュほど手のひらにとり、シミなど気になる箇所を中心に顔全体に伸ばして塗ってください。

朝のスキンケアに組み込めば、うっかり日焼けを阻止できる!

商品名
エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク
ブランド
資生堂
内容量
35g
金額
1,800円(税抜)

オフィスなどでのエアコンの風による乾燥から守るためにも、保湿は絶対必要です。朝メイクの時も乳液はぜひ取り入れてほしいアイテム。「エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク」は、朝用の乳液なので、化粧水をつけた肌に塗るだけ。下地がいらないため、そのままメイクできて、忙しい朝でも手軽に使えます。

おしろい効果で毛穴の目立ちをカバーし、透明感もアップ。また、スキンバランス処方で皮脂と水分のバランスを整えてくれます。朝、塗るだけで一日中毛穴、テカリ、乾燥を気にせず、潤いのある肌で過ごせます。SPF50+、PA+++と紫外線対策としても使える優秀な乳液です(使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られません)。忙しい朝でも簡単に保湿・日焼け防止ができるので、朝のスキンケア・メイク時間を短縮したい人におすすめです。

スーッと伸びてさわやかな爽やかな美白乳液

商品名
フィトチューンホワイトニング ソフナー
ブランド
コスメデコルテ
内容量
200ml
金額
5,000円(税抜)

植物の恵みを凝縮した発酵エキスが配合されている美白乳液です。メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防いでくれます。透明感があるフレッシュハーバルフローラルの香りのテクスチャは、なめらかに肌に広がってスーッと肌になじみます。きめのひとつひとつをふっくらとさせ、弾力のある明るい肌に導いてくれます。

使い心地もとても軽く、紫外線を浴びてしまった夏の肌を美肌に戻す手助けをしてくれる、夏にぴったりの美白乳液です。

夏の荒れがちな肌を優しく労り、美白へ導いてくれる

商品名
サエル クリーム コンセントレート
ブランド
ポーラ
内容量
30g
金額
5,500円(税抜)

ディセンシア独自の特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール®」で角質を包み、外部刺激から肌をブロック。高い保湿力でしっかりと保湿しながら、肌本来のバリア機能も高めていける美白クリームです。内部と外部からシミやそばかすを防ぎ、透明感と潤いのある肌へと導いてくれます。

香りは合成香料を使わず、美肌成分のある天然植物成分が使われていて、ローズとローズマリーの爽やかな香りが、夏の疲れているお肌と心を優しく労わってくれます。一日の終わりに使えば、癒される香りに包まれながら、ゆったりスキンケアできるでしょう。

プルプル軽くて付け心地100点、夏に嬉しいジェルクリーム

商品名
ルルルン モイストジェルクリーム
ブランド
ルルルン
内容量
80g
金額
1,500円(税抜)

美容オイルをゲルで包むという独自開発したマイクロゲル構造®で、プルプルなのに付けるとスーッとなじんでいきます。軽い付け心地が、暑い夏にも使いやすいジェルクリームです。付け心地は軽くても、高い保湿力でしっかりと肌が潤い、吸いつくようなプルプル肌へと導きます。化粧水やフェイスマスク後の閉じ込めケアにはもちろん、モイストジェルクリームひとつでも、スキンケアに十分使えます。

おすすめの使い方は、洗顔後、化粧水やフェイスマスクで十分肌を潤した後、ジェルクリームをパール2粒程度取り、しっとり伸ばして、なじませる方法です。翌朝、プルプル肌が期待できます。

まとめ

肌へのダメージが多い夏。強い紫外線が原因のシミ、そばかすなどの心配だけではなく、汗やエアコンの風などで、意外と肌が乾燥しやすい季節でもあります。「肌へのダメージは怖いけど、でもやっぱり、夏は色んなことを気にせずにたくさん遊びたい!」という人も多いでしょう。夏は色々なイベントが目白押しの季節ですから、思いっきり楽しみたいですよね。夏を楽しみつつ、季節の終わりに肌へダメージを残さないためにも、毎日のスキンケアをしっかりするのが大切です。

特にベタついているように感じる肌も実は乾燥していたりするので、保湿はしっかりとして、常に肌の水分を保つようにしましょう。自分の肌の状態を把握して、お肌に合う夏用スキンケア商品を見つけるのが大切です。暑い季節はクールダウンがカギとなります。

受けたダメージのスキンケアをするタイムリミットは、24時間だといわれています。一日の終わりには必ず肌ダメージをケアするようにしましょう。たくさん夏を楽しんだ後は、スキンケアもしっかり行って、お肌を労わってあげたいですね。

2019.06.27