2018.10.17

大人気スキンケアブランド、エリクシールのおすすめアイテムを紹介!

皆さんは化粧品を選ぶ時、どんな点を意識して選んでいるでしょうか。見た目や価格を重視する方もいれば、ブランドや口コミを優先する方もいるかもしれません。日本には多くの化粧品メーカーがありますが、その中でも大手と呼ばれる資生堂は幅広い世代に支持されているので、一度は使ったことがある方も多いのではないでしょうか。
複数の商品で迷った時には、やはり老舗メーカーを選ぶという方もいます。でも、資生堂と一言にいっても、さまざまなブランドを展開していてどれを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、ここではエリクシールの特徴やおすすめのアイテムについてご紹介します。対象とする年代や、ラインの特徴、そして使用感や口コミなど細かく見ていきましょう。

エリクシールとは?

資生堂のエリクシールは、長く愛され続けているロングセラーブランドのひとつで、1983年に発売が開始されました。加齢と共に減少してしまうコラーゲンに注目し、当時は、20代半ばの女性に使ってもらうことをメインに開発されました。しかし、現在は多彩なラインナップが展開され、エイジングケアの主力商品として幅広い世代から支持されているブランドです。

「つや玉」で知名度抜群、資生堂の人気スキンケアブランド

エリクシールの研究開発は常に進化を遂げています。中でも、頬に光るみずみずしいツヤのことを「つや玉」と名付け、美しい肌の証として「つや玉」のあるハリと透明感で満たされた肌を作るための研究が進められてきました。
資生堂が20歳から69歳の女性を対象に2016年2月に行った調査では「つや玉があると幸せそうに見える」と答えた人が79.4%、「つや玉があると褒めたくなる」と答えた人が79.3%に上ることがわかりました。つまり、8割に近い女性が頬のつやを意識しているのです。
そんな「つや玉」を増やすためには、肌の中にあるコラーゲンの密度が大切になってきます。エリクシールの高い技術と「つや玉」という女性が意識していたキーワードが相乗効果を生み出し、エリクシールの名前が広く知られるようになりました。

私にぴったりのラインはある?エリクシールの各シリーズ&おすすめプラスワンアイテム

資生堂のエリクシールを試してみたいと思った方も多いのではないでしょうか。しかし、エリクシールは多くのシリーズを展開しており、以下のようなラインナップがあります。
・エリクシール
・エリクシール シュペリエル
・エリクシール ホワイト
・エリクシール ルフレ
・エリクシール エンリッチド
・エリクシール プリオール

これだけたくさんの種類があると「どれを選んだらいいのか分からない」という方もいるかと思います。そこで、今回は今後もエリクシールの主流になっていくと思われる、「エリクシール シュペリエル」、「エリクシール ホワイト」、「エリクシール ルフレ」、「エリクシール エンリッチド」の4商品に絞って紹介します。

また、基礎化粧品のライン使いもおすすめですが、買って損をしないためのプラスワンアイテムも合わせて紹介しますので、ぜひ試してみてください。

エリクシール シュペリエル

エリクシールシュペリエルの製品は多岐にわたります。その一部を抜粋すると、クレンジング、化粧水、乳液、日焼け止めが配合された美容乳液、アイクリーム、美容液、パックなどです。肌のハリや弾力をサポートするエイジングケアに特化しているため、特に30代から40代の女性におすすめできます。とろみがあるのにベタつかずしっかり浸透し、肌がふっくらする使用感を得られるのが特徴です。

【エリクシール シュペリエル】はじける泡の導入美容液で、より化粧水を深くまで届かせる「ブースターエッセンス」

http://www.shiseido.co.jp/elixir/products/boosteressence/
ブースターエッセンスは、エリクシール シュペリエルを使う前の導入美容液です。炭酸のパチパチとした泡が血行を促進し、化粧水が浸透しやすい状態に導いてくれます。
使用方法は、洗顔した後、ボトルを傾けて左右によく振ってから手のひらにくぼみを作り、そのくぼみに向かって1秒ほど泡を出します。泡を手のひらで伸ばしたら、顔全体に伸ばします。最後に顔全体を包み込むようにするのがポイントです。ブースターエッセンスで導入の準備ができたら、化粧水をつけていきます。

■商品名:ブースターエッセンス<導入美容液>
■容量:90g(朝晩使って45日分)
■参考価格:3,132円(税込)

口コミサイトの評判は?

化粧水の前につけるという斬新な導入美容液ですが、使っている人はどんな感想を持っているのでしょうか。使用された方の感想を見てみると、塗った後に血行がよくなったのを感じたという意見や、しっとりするという意見もありました。多くの方がパチパチする泡の刺激とひんやり感が気持ちいという評価のようです。ほかにも、肌が柔らかくなってきたと感じる人もいるようです。ただし、敏感肌の方にとっては炭酸の刺激が強すぎるという口コミもあるので、肌が弱い方は一度試してから購入するようにしたほうがよさそうです。

エリクシール ホワイト

エリクシール シュペリエルがエイジングケアのみをターゲットにしているのに対して、エリクシール ホワイトはエイジングケアに美白の要素が加わっています。ラインには、基本の化粧水、乳液などがあり、クレンジングはクリームとオイルを選ぶことができます。アイクリームや寝ている間にハリとつやを与えるスリーピングジェルなどもあります。美白とエイジングケアを考える30代から40代の女性におすすめのシリーズです。エリクシールホワイトには、肌に浸透しやすいようにエタノールが配合されているため、使ってみると肌なじみのよさを実感できます。

【エリクシール シュペリエル/ホワイト】肌悩み別に選べる2つの朝用乳液で日中の紫外線をガードしながら、夕方まで化粧崩れを防ぐ!

エリクシールシリーズは、肌の悩みに応じてアイテムを使い分けられる用に設計されています。その中でも、ハリが気になる方にはエリクシール シュペリエルの美容乳液、そして透明感とハリが気になる方にはエリクシール ホワイトの美容乳液がおすすめです。これらの乳液は、乳液だけでなく化粧下地やプロテクターの効果もあるので夕方まで化粧が崩れません。
また、季節によって使い分けができるように、SPFの30と50の2種類が用意されています。夏はSPF50の乳液で紫外線対策をして、それ以外の季節はSPF30の乳液を使ってハリを実感してみてはいかがでしょうか。

【ハリが気になる人向けの美容乳液(日中用)(医薬部外品)】
■商品名(エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション W Ⅱ (SPF30))
■容量:35ml(約2ヶ月分)
■参考価格:3,024円(税込)

■商品名(エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション W + Ⅱ (SPF50+))
■容量:35ml(約2ヶ月分)
■参考価格:3,024円(税込)

【透明感とハリが気になる人向けの美容乳液(日中用)(医薬部外品)】
■商品名(エリクシール ホワイト デーケアレボリューション C (SPF30))
■容量:35ml(約2ヶ月分)
■参考価格:3,456円(税込)

■商品名(エリクシール ホワイト デーケアレボリューション C+ (SPF50+))
■容量:35ml(約2ヶ月分)
■参考価格:3,456円(税込)
http://www.shiseido.co.jp/elixir/products/daycarerevolution/

口コミサイトの評判は?

エリクシール シュペリエルのデーケアレボリューションを使った方からは、エアコンのきいた部屋でも乾燥が気にならないという意見や、乾燥しなくてしっとりしていたという意見が多く出ています。
ハリと透明感を求める方におすすめの、エリクシール ホワイト デーケアレボリューションを使った方からは「乳液と紫外線対策、そして化粧下地も兼ねているので楽」「軽いつけ心地が気に入っている」という意見がありました。肌の矯正機能があることから、明るくやわらかくなったと実感している方もいます。比較的注目度が高いのはエリクシール ホワイト デーケアレボリューションなので、化粧の時間を短縮できて多機能という現代の女性に合った同じ系統の乳液であれば、美白効果がある方が人気のようです。

【エリクシール シュペリエル/ホワイト】最近肌がお疲れ気味?スペシャルケアに塗って寝るだけのジェルパックをどうぞ

寝ている間にスキンケアをして、朝はふっくら肌でメイクしたいという人におすすめなのが、エリクシール シュペリエルとエリクシール ホワイトのスリーピングジェルパックです。
その使用方法は、美容成分がたっぷり配合された「つや玉」をイメージさせるぷるぷるのジェルを、冷蔵庫で冷やして寝る前に顔全体に塗って眠りにつくだけです。浸透力が高いので、寝返りしてもベタつかないのが嬉しいポイント。また、マスクやパックといった道具が必要ないのも時間がない女性にとっては重要です。しっかり美容成分が浸透し、頬に「つや玉」が表れると、効果が実感でき気分も晴れやかになることでしょう。

■商品名:スリーピングジェルパック W
■容量:105g
■参考価格:3,024円(税込)

■商品名:スリーピングクリアパック C
■容量:105g
■参考価格:3,456円(税込)
http://www.shiseido.co.jp/elixir/products/superieur-sleepinggelpack/

口コミサイトの評判は?

ハリが気になる人におすすめのスリーピングジェルパック Wを使った方は、ジュレのようなぷるぷる感と顔にのせたときの密着感が心地よいという意見や、1週間に1回のお手入れでもハリが出たという方もいました。
ハリプラス透明感を求める人におすすめのスリーピングクリアパック Cを使った方の中には、ハリが生まれてふっくらした感じがあり、化粧ノリもよいという意見や、つるっとしたもちもち肌になり、つや玉ができたことを実感した方もいるようです。
全体として翌朝の効果があるものの、肌につけてからしばらくはベタベタするという意見があるので、このベタベタ感があまり気にならない方には特に合っているジェルパックのようです。

エリクシール ルフレ

エリクシールルフレは、エイジングケアをはじめて行う20代から30代前半の女性を対象としているため、洗顔料と化粧水、乳液、朝用乳液というシンプルなアイテムで構成されているラインです。はじめてのエイジングケアということで、シンプルかつ長く続けられることを目標にしており、20代の毛穴の目立ちや皮脂と水分のバランスのくずれといった悩みを解消できるように設計されています。
洗顔料はジェルを手になじませると、もこもこ泡に変身して毛穴の汚れを取ってくれます。化粧水はみずみずしく爽やかなつけ心地で、乳液は軽くてまろやかといった具合です。
エイジングケアというとまだ先の話、と思うかもしれませんが、試してみると普段使っているものとの違いを知ることができるはずです。7日間試せるトライアルセットもあるので、ぜひ使用してみてください。

■商品名:バランシング ウォーター
■容量:168ml(約1ヶ月分)
■参考価格:2,700円(税込)
バランシング ウォーター Ⅰ:さらさらタイプ
バランシング ウォーター Ⅱ:とろとろタイプ

■商品名:バランシング ミルク
■容量:130ml(約1ヶ月分)
■参考価格:2,970円(税込)
バランシング ミルク Ⅰ:さらさらタイプ
バランシング ミルク Ⅱ:とろとろタイプ

【エリクシール ルフレ】触れるだけでもこもこのジェルになる「バランシング バブル」はW洗顔不要の優れもの

バランシングバブルは、もこもこ泡でしっかり洗う、W洗顔が不要の洗顔料です。毛穴の汚れを取って皮脂と水分のバランスを整えてくれます。使い方は簡単で、透明なジェルを手に取り、肌に馴染ませていくと泡に変化します。この泡を肌になじませるように置けば、毛穴の汚れを吸い取ってくれる、という仕様です。最後はぬるま湯で洗い流し、朝用乳液おしろいミルクをつけると、テカリや毛穴を目立たなくしてくれます。

■商品名:バランシング バブル
■容量:165g
■参考価格:1,944円(税込)
http://www.shiseido.co.jp/elixir/reflet/products/balancingbubble/

口コミサイトの評判は?

肌にのせると泡になる不思議な洗顔料ですが、使った人の感想はどのようなものがあるでしょうか?
泡が本当にもこもこになって気持ちいいという方や、ジェルなのに摩擦で泡に変わってびっくりした、濃密な泡で顔全体が洗えるので便利などの意見が多く見られました。どうやら、もこもこした泡のクリーミーさと勝手に泡になっていく面白さに満足している方が多いようです。

【エリクシール ルフレ】下地がいらない朝用乳液「おしろいミルク」は、クレンジングも不要だから毎日活躍すること間違いなし!

バランシングバブルでさっぱりした後、朝用の専用乳液でテカリと毛穴も目立たなくしてくれるのが「おしろいミルク」です。おしろい効果というだけあって、肌のテカリを防止して、毛穴を目立たなくしてくれます。クリープタイムでつけ心地もよく、みずみずしい感触が得られます。

■商品名:バランシング おしろいミルク
■容量:35g(約1ヶ月半分)
■参考価格:1,944円(税込)
http://www.shiseido.co.jp/elixir/reflet/products/oshiroimilk/

口コミサイトの評判は?

おしろいミルクを使った人は、伸びがよく、つけた後つやつやになったという意見や、ベタベタせずコスパもよい、乳液代わりに使えて時短できるので楽といった意見がありました。また、日焼け止めの効果があるのも人気が出ているポイントでしょう。テカリを抑えてくれる乳液として使用している人が多いので、エイジングケアはまだ早いと思っている方におすすめです。

エリクシール エンリッチド

エリクシールエンリッチドは、高機能なエイジングケアを実現する新次元のスキンケアです。ワンランク上のプレミアムなエイジングケアを目指すエンリッチドのラインは、濃密洗顔料に、濃密化粧水、そして濃密乳液と濃密プロテクター、濃密アイクリームと、資生堂の技術を駆使したラインナップが肌にうるおいとハリを与えてくれます。それぞれに濃密というキーワードがついていることから分かるように、とろりとした濃密でリッチなテクスチャーが、肌に密着してうるおいを与えます。

【エリクシール エンリッチド】年齢が出がちな目元をいきいきとした印象にカバーする「アイクリーム CB」

アイクリーム CBは、年齢が出やすい目元にハリを与えてくれます。高級感のあるゴールドのパッケージも特徴のひとつです。目元の乾燥小じわに濃密なうるおいを与えて、エイジングケアを目指します。使用方法は、紫外線対策用の化粧品を使用する前に、米粒1個を目安に目元に優しく馴染ませます。夜は顔全体につけるのもおすすめです。

■商品名:アイクリーム CB
■容量:15g(約2ヶ月分)
■参考価格:7,020円(税込)
http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?online_shohin_ctlg_kbn=1&shohin_pl_c_cd=745901

口コミサイトの評判は?

アイクリーム CBは、軽いテクスチャーで伸びがよく、目元の乾燥対策やくすみ、そしてたるみなど、集中ケアとして使っている人が多いようです。実際に効果を感じている方が多く、質の高い化粧品であることがうかがえます。ほかにも目元への馴染みのよさや浸透力に満足している、という声が多く見られました。

まとめ

今回は資生堂のエリクシールの特徴や違いについて、それぞれのラインを掘り下げて紹介しました。同じブランド内でもターゲットとしている肌質や年代が違います。重要なのは自分の肌に合った化粧品を選ぶということです。「エイジングケアはまだ早いかも」という思い込みや、対象年齢が20代から30代後半という目安を見て判断してしまうと、自分に合った化粧品にめぐりあう機会を失ってしまいます。
資生堂は日本の大手化粧品メーカーのひとつで、エリクシールだけでもさまざまな悩みを対象にした化粧品を発売しています。エリクシールを使用する際も必ずサンプルやトライアルセットで試し、吟味してから選ぶようにしましょう。肌の悩みに応じた早め早めの対処が、肌の老化予防や改善へとつながります。

2018.10.17