2018.09.26

スキンケア難民は必見!ライン使いをおすすめしたいブランド



基礎化粧品を1つのブランドで統一する「ライン使い」は、贅沢な気分を味わえるスキンケアアイテムの使い方です。美肌づくりをサポートしてくれるだけでなく、統一されたおしゃれなデザインの化粧品が並んでいるのを見るだけでも幸せになります。しかし、「ライン使いをしたいけど、たくさんの種類があって、どれを選んだら良いのかわからない」「ライン使いは本当に効果があるの?」など、ライン使いにするかどうか迷っている方も多いと思います。そこで今回は、ライン使いをしてみたいと考えている方のために、スキンケアラインを選ぶ際の注意点や、ライン使いにおすすめの人気ブランドをご紹介します。高級感のあるデパコスから気軽に揃えられるプチプラまでいろいろなブランドをピッアップしているので、自分にあったラインを見つけて理想の美肌づくりを目指しましょう。

スキンケア ライン使い デパコスからプチプラまで 女性斜め顔

スキンケアアイテムはブランドごとに強みがある

日本では、国内外の化粧品メーカーから、数え切れないほどたくさんのスキンケアアイテムが販売されています。百貨店やデパートではフロアを埋め尽くすほど化粧品が並べられており、その中からですら選ぶのに骨が折れます。ましてネットで選ぶとなるとあまりにも種類が多くて、どのスキンケアラインを選んだらよいのか迷ってしまうと思います。そうした時は、ブランドごとの強みに注目するようにしましょう。

肌トラブルは十人十色

女性の肌には乾燥や肌荒れ、ニキビ、シワ、くすみ、ハリ不足、毛穴の汚れなど、さまざまなトラブルがつきものです。しかも、乾燥しているのにニキビが出たり、潤いがあるのに何だかくすんでいたりするなど肌の状態も十人十色で、乾燥肌だからこのブランドがよい、と一概には言えません。そのため、スキンケアアイテムを選ぶ前に水分量や皮脂量など、自分の肌の状態を見極めることからスタートすることが大切です。

同じ会社の商品でも強みが違う

メーカーによってターゲットとしている肌トラブルや強みが違うのは当然ですが、同じメーカーでも保湿に特化したスキンケアアイテムと低刺激にこだわったものを販売していることがあります。他にも、シミを予防するのか、隠すのか等、目的によっても選び方は変わってきます。最近のスキンケアアイテムは年代や悩み別に細かく分けられているので、ブランドで選ぶのではなく、自分の肌に合った強みを持っているスキンケアアイテムやスキンケアラインを調べてから選ぶようにしましょう。

スキンケア ライン 選び方 鏡を見る女性



基礎化粧品はライン使いすべき?

「基礎化粧品はライン使いするべき!」「アイテムごとに効果の高いものを選ぶべき!」など、基礎化粧品のライン使いすべきかどうかについては賛否両論です。実際に基礎化粧品のライン使いのメリットはどこにあるのでしょうか。ここではライン使いのメリットを紹介します。

いち早く効果がほしいならライン使いすべし

スキンケアラインは、洗顔料や化粧品などの基礎化粧品から美容液やパックを含むスペシャルケアまで、すべてライン使いをすることで、そのラインが目指す肌に導けるように設計されています。「乾燥した肌に潤いをもたらす」「目元の小ジワを目立たなくする」「ニキビを予防する」など、メーカーごとに商品の特徴は異なります。いち早く効果を出したいのなら、自分の悩みに合ったスキンケアラインをライン使いすることがおすすめです。

ライン使いしないと効果は出ない?

スキンケアアイテムごとにブランドを使い分けていると「高いアイテムを使用しても効果はないのではないか?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。その一方で、美容液などを塗った翌朝に「肌がつやつやして、ハリが出た気がする」など、単品利用で高い効果を実感した経験がある方もいると思います。実際には、「ライン使いをしなくても効果はあるけれど、ライン使いをした方がより効果が期待できる」というのが結論になります。特に美白や敏感肌の改善など目的がはっきりしたスキンケアラインは、ライン使いをした方が高い効果が期待できます。
しかし、ライン使いをしていると、他のアイテムは気に入っているけれど「化粧水が物足りない」「洗顔料の泡立ちがよくない」などの不満が出てくることもあるかと思います。そんな時は、ライン使いにこだわらずに他のスキンケアラインのアイテムを加えたり、アイテムを替えたりしてみてもよいでしょう。

【あわせてよみたい】ライン使いしたいブランドなら・・・

オイルやクリームなど、プラスαのアイテムも同じにすべき?

スキンケアラインには洗顔料や化粧水といった基礎化粧品に加えて、美容液や美容オイル、部分クリームなどプラスαのアイテムが用意されているものがあります。一般的にプラスαのアイテムにはスキンケアラインの強みである美容成分が多く配合されているので、ライン使いするのであればプラスαのアイテムも使ってみるのがおすすめです。

ライン使いするなら選び方に注意

ライン使いをするのであれば、高い効果を期待できるスキンケアラインを選ぶようにしましょう。ここではスキンケアラインを選ぶ際の注意点を紹介します。

肌質に合わせて選ぶ

乾燥肌、脂性肌、敏感肌、混合肌と、女性の肌が抱えているトラブルはさまざまです。そのため、肌質や状態によって適しているスキンケアラインは違います。さらに、同じスキンケアラインでも、化粧水や乳液などは「しっとり」や「さっぱり」など、肌質や好みの使用感に合わせて選択肢があるものもあります。

特に、乾燥肌や敏感肌のように外部からのダメージを受けやすい肌質の方は、乾燥肌または敏感肌に特化したスキンケアラインを選ぶようにしましょう。アレルギーの恐れがある場合は、配合されている美容成分を細かくチェックし、無香料・無着色、殺菌剤・防腐剤無添加など、低刺激性のものを選ぶのがおすすめです。

肌の悩みにフォーカスして選ぶ

一般的にスキンケアラインは、乾燥肌やニキビ肌の改善、ハリ不足やたるみなど年齢肌の改善、シミの予防など、ターゲットとする肌の悩みを解決できるように設計されています。スキンケアラインを選ぶ際は、自分の肌の悩みにフォーカスして選ぶようにしましょう。

年代で選ぶ

20代、30代、40代と年齢によって肌の質や悩みは違います。同じ乾燥しがちな肌でも、20代ではニキビができやすかったり、40代ではシワが気になったりと肌の状態が異なります。スキンケアラインには、ターゲットとする年代が設定されているものもあります。高価なスキンケアラインを選んだとしても自分の年代とは異なるものを使用すると、油分が多すぎて肌がテカったり、ニキビができたりと、かえって肌トラブルを招いてしまうことがあります。自分の年代に合ったスキンケアラインを選ぶようにしましょう。

美容成分で選ぶ

一般的なスキンケアラインには、そのラインを特徴づける独自の美容成分をすべてのアイテムに配合しています。スキンケアラインごとに独自に開発された美容成分には、保湿成分や美白成分、リフトアップ成分などがあります。スキンケアラインに配合されている独自の美容成分については、スキンケアラインの公式ホームページに詳しく解説されているので、購入する前に確認するようにしましょう。美容成分がどのように開発されたのか、どんな原料から製造しているのか、肌にどのように作用して、どのような効果をもたらすかなども記載されています。購入を検討する際には、スキンケアラインのメインとなる美容成分が自分の肌質に合っているか、肌の悩みに効果がありそうかなどについても調べてみてください。できれば、いくつかのスキンケアラインを比較した上で選ぶようにしましょう。



肌悩み別おすすめスキンケアブランド

女性の肌の悩みはさまざまありますが、特に多いのが乾燥、肌荒れ、ニキビ、シミ、ハリ不足、たるみです。せっかく基礎化粧品をライン使いするのであれば、肌の悩みに合わせたスキンケアラインを選ぶようにしましょう。そこで、代表的な5つの肌の悩み別におすすめのスキンケアブランドを紹介します。また、化粧品の価格も合わせて紹介するので、ラインの価格帯の目安の参考にしてください。

ニキビが気になる

大人のニキビ肌は、乾燥やシミなどニキビ以外のトラブルも抱えていることが多いので、ニキビをケアして予防するだけでなく、潤いも与えて肌を整えてくれるスキンケアラインがおすすめです。

ノブ ACアクティブ シリーズ

ノブの「ACアクティブシリーズ」は、ニキビを予防するとともに毛穴やてかり、乾燥、シミ、ごわつきなど、ニキビ以外のさまざまな肌の悩みにもアプローチする医薬部外品のスキンケアブランドです。ニキビの3つの原因である毛穴のつまり、アクネ菌の増殖、過剰な皮脂分泌を防ぎ、たっぷり配合されている保湿成分が肌に潤いを与えます。保湿成分は、ニキビにも効果的な「AHA(グリコール酸)」の他、高い保湿効果のある「リピジュア®」や「セラミド3」、「ヒアルロン酸Na-2」が配合されています。また、「ビタミンC・E誘導体」や「ビタミンB₆誘導体」、「レチノール誘導体」など、ビタミンの働きを大切する成分が含まれています。さらに、メラニンの生成を抑える「ビタミンC誘導体」はシミ・そばかすを予防して透明感のある肌へと導いてくれます。
2018年に登場した保湿クリーム「ノブACアクティブモイスチュアクリーム」は、乾燥肌の方向けのスペシャルケアアイテムで、ごわつきやすいニキビ肌に潤いを与えて、なめらかに整えてくれます。また、アクネ菌の栄養源になりにくいオイルを厳選した「ノブACアクティブクレンジングリキッド」とマイルドピーリング作用のある「ノブACアクティブウォッシングフォーム」のダブル洗顔で、ニキビの原因になる毛穴のつまりや黒ずみ、くすみをスッキリ落とすことができます。

FANCL 無添加FDR アクネケアライン

FANCLの「無添加FDR アクネケアライン」は、いまあるニキビだけでなく、ニキビができにくい肌に整える医薬部外品のスキンケアブランドです。皮膚科医との共同開発によって生まれたスキンケアブランドで、FDRの「F」はFANCL、「DR」はドクターを表しています。
アクネケアラインでは、炎症を抑える効果が期待できる天草成分の誘導体と抗菌力へアプローチするボタンエキスで、いまあるニキビを素早くケアし、芍薬(シャクヤク)と桃仁(トウニン)、蘇葉(ソヨウ)の3つの生薬を組み合わせた「漢植物エキス」と炎症を抑える「甘草成分誘導体」でニキビができにくい肌の状態を目指します。
また、ニキビの原因となる毛穴の角栓や過剰な皮脂をケアする「プルーン酵素エキス」「カンテン」「イオウ」が配合されており、いまあるニキビから未来のニキビまで徹底的に対策します。そして、化粧液とジェル乳液に配合されている「アケビアエキス」でニキビ跡に残る色素沈着をケアします。肌にダメージを与え、バリア機能を低下させてしまう防腐剤・殺菌剤などの添加物を使用していないので、大人ニキビだけでなく、思春期ニキビで悩んでいる方にも人気があります。

オルビス クリアシリーズ

オルビスの「クリアシリーズ」は、周期的にくり返す大人ニキビの根本原因にアプローチする医薬部外品のスキンケアブランドです。月に1回やってくる女性の不調期に肌のバリア機能が低下していることを発見したオルビスは、肌のバリア機能を高める「紫根エキス」とニキビの悪化や肌荒れを防ぐ「甘草エキス」を配合することで周期ニキビに負けない肌を作ります。そして100%オイルカット処方によるベタつかない高保湿成分で、乾燥など外部の刺激に強い柔軟肌に整えます。
「クリアシリーズ」は、洗顔料「薬用クリアウォッシュ」と化粧水「薬用クリアローション」、保湿液「薬用クリアモイスチャー」の3種類のみで、ニキビケアラインの中でもシンプルで続けやすいラインアップになっています。化粧水は「さっぱり」と「しっとり」の2タイプがあります。また、基礎化粧品に加えてメイクでもニキビケアをしたい方には、ニキビ肌用のメイク下地「薬用 クリアデイケアベース」や「クリアパウダーファンデーション」もおすすめです。



美白効果を期待したい

紫外線を浴びて、いつの間にかできてしまうシミに悩んでいる方も多いと思います。シミやくすみができて透明感を失った肌は、年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。ここでは独自の美白有効成分を配合し、シミを予防する高い効果が期待できるスキンケアブランドをご紹介します。

資生堂 HAKUシリーズ

資生堂の「HAKU」は、2005年の誕生以来、高い人気を誇るシミの予防に特化したスキンケアブランドです。2018年春に発売された美白美容液「メラノフォーカスV」は、口コミランキングや雑誌でも大きな話題となっています。特に、この美容液に含まれている「抗メラノ機能体」は、メラニン色素の生成を効果的に抑制する「4MSK」とメラノサイトの活性化を効果的に抑える「m-トラネキサム酸」の2つの美白有効成分を同時に配合した美白有効成分です。さらに、製肌・保護成分である「Vカット複合体」を配合することで、シミの根本原因を整え、シミの生成連鎖を抑止します。
HAKUのラインアップは、潤いを与えながら、コットンでふき取るようになじませる拭・美白化粧水「アクティブメラノリリーサー」、ジェル状の美白化粧水「メラノディープモイスチャー」、炭酸泡の潤いが肌の生まれ変わりをサポートする乳液「メラノディフェンスパワライザー」などがあります。集中ケアには、顔の凹凸にピッタリと密着する速攻美白マスク「メラノシールドマスク」の使用がおすすめです。

FANCL 無添加ホワイトニングライン

FANCLの「無添加ホワイトニング」は、肌ストレスを取り除き、肌本来の美白力を引き出すことで透明感あふれる肌に導くスキンケアラインです。高い美白力を持ちつつも、メラニンの生成を抑える「アクティブビタミンC」とメラニン生成の指示を出すMIF(マクロファージ遊走阻止因子)に直接アプローチする「ヤグルマギクエキス」を配合し、シミのでき始めからブロックします。また、くすみの原因となる「居座りメラニン」をケアする「白ブドウ発酵エキス」と「メラノブライト」の働きで、内側から輝くような透明感も目指しています。
ラインアップは、「しっとり」と「さっぱり」の2タイプがある化粧液と乳液の他、肌表面で素早くビタミンCに変わり、白さに迅速にアプローチする「VC・VE複合体」を配合した薬用美白美容液「ホワイトニング エッセンス」と「ホワイトニング マスク」があります。紫外線を多く浴びた日やくすみが気になる時は、たっぷり美白有効成分を含んだ「ホワイトニング マスク」でスペシャルケアをしましょう。

サエル アドバンスホワイトニングシリーズ

DECENCIA(ディセンシア)の「サエル アドバンスホワイトニングシリーズ」は、シミやくすみで悩んでいる大人の女性のためにポーラ・オルビスグループが提案するスキンケアブランドです。乾燥などのストレスによって加速するシミのメカニズムに着目し、シミやくすみを抑制して透明感のある肌へと導きます。
このラインは、メラニンの増殖を抑制する「アンティチョークエキス」、メラノサイト刺激因子を抑制する「モモ葉エキス」、チロシナーゼの活性を抑制する美白有効成分「アルブチン」を配合することでメラニンの産生を抑制します。また、黒化メラニンの生成を抑制する「デイリリー花発酵液」とメラニンの黒化を防ぐ「ムラサキシキブエキス」も配合されています。さらに、「ジンセンX」と「パルマリン」、「ビルベリー葉エキス」の3種類の複合化したブランドオリジナルの複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」によって、乾燥などのストレスによるダメージを内側からケアします。その他、保湿成分である「ヒト型セラミド」のセラミド2やキメを整えて透明感をアップさせる「ローズヒップエキス」など肌に嬉しい成分が多数使われており、美白への効果が期待されます。さらに敏感肌の方が問題なく使えるように、合成香料ではなく、美肌効果のあるローズとローズマリーの天然植物成分を採用しています。敏感肌で乾燥などのストレスからくるシミやくすみに悩んでいる方におすすめのスキンケアブランドです。

乾燥肌に悩んでいる

あらゆる肌トラブルの原因になる乾燥肌は、女性の天敵です。乾燥肌には潤いをもたらす保湿成分を配合したスキンケアブランドが効果的です。特に、乾燥肌の高い保湿効果が期待できる注目の成分を配合したスキンケアブランドを使用して、肌に潤いを取り戻しましょう。

ヒフミド

小林製薬の「ヒフミド」シリーズは、合成セラミドの3倍の保水力を持った3種類のヒト型セラミドを配合していて、高い保湿効果が期待できるスキンケアブランドです。セラミドの中でも特に高い水分保持機能を持つセラミド2の他、セラミド1とセラミド3を配合しています。ヒト型セラミドは、肌にあるセラミドとほとんど同じ構造で肌になじみやすく、角質層にまで浸透して潤いを与えます。その他、保湿成分である「リピジュア®」やメラニンの形成を抑える「グリセリルグルコシド」なども配合しています。
ヒフミドシリーズには、マイルドクレンジングとソープの他、「エッセンスローション」「エッセンスミルク」「エッセンスクリーム」など、すべてのアイテムにヒト型セラミドが配合されています。特に「エッセンスクリーム」は「ヒト型セラミド」が4%配合されており、肌を乾燥から守り小ジワを目立たなくさせます。

米肌 肌潤

米肌(MAIHADA)は、コーセーが老舗酒蔵と長年の研究を重ねて開発した米エキス「ライスパワー®No.11」を配合した人気のブランドで、乾燥肌の方には潤いケアを目的とした「肌潤」がおすすめのスキンケアラインです。白米から米エキスを抽出し、酵母や乳酸菌などを加えて長期間発酵。熟成させた「ライスパワー®No.11」は、医薬部外品の有効成分として水分保持機能を改善する効果が認められています。「ライスパワー®No.11」は、肌の角質層にまで浸透し、保湿に欠かせないセラミドの産生を促します。「大豆発酵エキス」や「ビフィズス菌発酵エキス」、「グレコシルトレハロース」、「乳酸Na」など複数の保湿成分を配合し、潤いに満ちた肌に導きます。
「肌潤」ラインには、化粧水などの浸透をサポートする「肌潤石鹸」の他、乾燥で硬くなった肌をやわらかくする「肌潤化粧水」、肌の水分保持機能の改善する「肌潤改善エッセンス」、もちもちした肌に導く「肌潤クリーム」などがあります。乾燥による小ジワが気になる方には、「肌潤改善アイクリーム」を使用したスペシャルケアがおすすめです。

FANCL モイストリファイン

2018年9月に発売開始の「FANCL モイストリファイン」は、FANCLが独自開発した「アクティブセラミド」を配合した人気の「FANCL アクティブコンディショニング」をアップグレードしたスキンケアブランドです。対象は、乾燥や毛穴の開き、キメの乱れなどで悩んでいる20代から30代の方で、肌の内部の乾燥をケアする「インナードライケア」に着目し、肌の表面と内部からの「Wうるおいアプローチ」で潤いに満ちた肌を目指します。潤い成分として「アクティブセラミド」の他、独自開発した「モイストチャージコラーゲン」を配合しています。また、毛穴開きの原因となる毛穴まわりにあるコラーゲンの機能低下を抑える効果のあるビタミンPを含有する植物エキス「VPエキス」を配合しています。ラインアップは、化粧液と乳液だけと非常にシンプルで、それぞれに「さっぱり」と「しっとり」の2タイプが用意されています。



敏感肌でも使えるものがほしい

肌が乾燥しすぎて、肌のバリア機能が著しく低下している状態になると、敏感肌と呼ばれる状態になってしまいます。こうした敏感肌には低刺激性はもちろんのこと、肌のバリア機能を回復してくれる保湿成分を含んだスキンケアブランドがおすすめです。

キュレル

花王の「キュレル」は、乾燥性敏感肌の方のフェイスケアだけでなく、ボディケアやヘアケアまでトータルで敏感肌ケアをしたい方におすすめのブランドです。フェイスケアには、潤い不足や美白、皮脂、エイジングなど肌の悩みに応じた敏感肌のための4つのラインが用意されていますが、カサつきや肌荒れを繰り返す乾燥性敏感肌の方には「潤浸保湿フェイスケア」がおすすめです。このラインは敏感肌のセラミドを守り補って肌のバリア機能をサポートし、肌荒れのしにくい、ふっくらとした潤いのある肌に導きます。化粧水には保湿成分として「セラミド機能成分」(疑似セラミド)と「ユーカリエキス」が配合されていて、「みずみずしい」「なめらか」「リッチ」の3つの使い心地から選べます。顔全体に塗る美容液の他、「アイゾーン美容液」や「リップケアクリーム」など、部分ケア用のアイテムも揃っています。ラインアップも豊富で価格も手ごろということもあり、無理なく全身の敏感肌をトータルケアできる数少ないブランドです。

ミノン

「ミノン」は、赤ちゃんから大人まで敏感肌の方も安心して使える乳液や石けん、シャンプーなどで高い人気を誇るブランドです。敏感な肌にやさしいだけでなく、保湿や美白、ハリなどの美容効果も欲しい方には「ミノンアミノモイスト」のスキンケアラインがおすすめです。「ミノンアミノモイスト」の特徴は、肌のバリア機能をサポートするセリン・アルギニンなど9種類の「保潤アミノ酸」と、肌のキメ・ハリ・つやをサポートする「リシンHCL」「カルノシン」の2種類の「清透アミノ酸」を配合しているところです。コクがあるのにベタつかないテクスチャーで、高い保湿力が魅力の乳液「ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク」は、口コミランキングで上位にランキングする人気アイテムです。
また、スキンケアに時間をかけたいけど時間がない方には、塗ってそのまま眠れる保湿ジェルパック「ぷるぷるリペアジェルパック」など便利なアイテムも揃っています。角質層のすみずみまで潤いが浸透して肌がふっくらし、乾燥による小ジワも目立たなくする効果があります。その他、クレンジングやシートマスク、アイクリームなどのスペシャルケアアイテムも手ごろな価格で揃う豊富なラインアップも魅力的です。

アルビオン

1974年の誕生以来、「スキコン」の愛称で知られている敏感肌の方にもおすすめの「薬用スキンコンディショナー」シリーズです。肌荒れを防ぐ有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と、有機栽培の国産ハトムギ「北のはと」から抽出された「ハトムギエキス」が配合されています。「ハトムギエキス」に含まれるアミノ酸は、肌の天然保湿因子の働きを助け、肌状態を整えてくれます。また、収れん化粧水と保湿化粧水が1つになった「スキコン」は、清涼感のあるさっぱりとした使い心地にもかかわらず、肌にしっとりとした潤いをもたらします。化粧水なのに白い理由は、超微粒子のオイルが乳化しているためで、肌をしっとりさせるだけでなく、収れん効果により肌荒れや日焼けによるほてりも沈めてくれます。
スキコンシリーズは、豊潤な泡でやさしく肌をトリートメントしながら洗う石けん「スキンコンディショナー フェイシャルソープ N」と、日焼けした肌や荒れた肌をやさしく潤すシートマスク「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル ペーパーマスク E」の3つで構成されているスキンケアラインです。このラインは、洗顔の後に乳液をつけるという特徴があります。スキコンシリーズには乳液がないので、ライン使いを意識するのであれば「エクサージュ」などアルビオンの他のシリーズから肌の状態や肌質に合った乳液を選ぶとよいでしょう。アルビオンはデパートか化粧品専門店のみの販売ですので、美容スタッフの方と相談しながら最適な乳液を選んでもらうことができます。

エイジングケアに重点をおきたい

シミやシワ、くすみ、ハリ不足など、加齢とともに気になる肌のトラブルのケアに重点をおきたい方におすすめのブランドを紹介します。

オルビスユーシリーズ

エイジングケアを意識し始めた30代に人気の「オルビスユーシリーズ」は、2018年10月から登場する新ブランドです。「①洗顔料(落とす)→②化粧水(満たす)→③保湿液(フタをする)」という、3ステップのシンプルなスキンケアブランドです。ラインアップは、洗顔料「オルビスユー ウォッシュ」と化粧水「オルビスユー ローション」、保湿液「オルビスユー モイスチャー」で構成されていて、全商品揃えても1万円以下というお手頃価格が魅力です。
新シリーズは、細胞膜上でパイプのような役割を持つタンパク質である「アクアポリン」に注目した、いままでにないスキンケアブランドです。このシリーズではアクアポリンの発現を促す3つの成分「ヤグルマギク花エキス」「アマモエキス」「モモ葉エキス」を配合することで、豊富な水分が細胞内に行き届くように働きかけます。コラーゲンを生み出す線維芽細胞が増えることがわかっており、シワやたるみの改善も期待できるアイテムの1つです。
また、洗顔料「オルビスユー フレッシュ」には、「モロッコ溶岩クレイ」が配合されおり、もちもちの泡で毛穴の汚れなど、くすみの原因をきれいに落としてくれます。化粧水「オルビスユー ローション」は、とろんとしたテスクチャーで、オイルフリーなのにしっとりと潤います。このように肌に優しいテクスチャーとシンプルなステップでエイジングケアを目指しているオルビスユーシリーズは、忙しい女性におすすめのブランドです。

アヤナス エイジングケアシリーズ

「アヤナス エイジングケアシリーズ」は、ポーラ・オルビスグループのブランドDECENCIA(ディセンシア)の、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる大人の女性のためのラインです。エイジングを加速する乾燥などのストレスや肌荒れのメカニズムとゆらぎがちな年齢肌に着目し、乾燥肌・敏感肌をケアするだけでなく、シワやたるみ、シミなど、年齢肌のあらゆる悩みに対応しています。ポーラ研究所のオリジナル成分で、血流をスムーズにして肌の温度を上昇させる「ジンセンX」や保湿力・肌の還元に優れ、健康的で美しい角質層へ導く「パルマリン」、肌をイキイキさせて肌本来の状態に戻そうと働きかける「ビルベリー葉エキス」の3種類の複合化したブランドオリジナルの複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」が、乾燥などのストレスが原因で起こる肌荒れを抑えます。その他、保湿成分である「ヒト型セラミド」のセラミド2やコラーゲンの産生を促す独自開発成分「CVアルギネート」、シミを予防する「ローズマリーエキス」、抗炎症作用がある「コウキエキス」をすべての商品に配合しています。
また、美容液「エッセンス コンセントレート」には「ツモツケソウエキス」を配合し、「コウキエキス」とともに老化物質AGEsの発生を抑え、黄色いくすみやたるんだ毛穴の原因となる糖化を防ぎます。「アイクリームコンセントレート」には、特殊技術「リフトアップミクロウォーターカプセル」を採用し、「コンドロイチン」を配合することで密着感のあるハリと潤いのある目元を目指します。香りは、リラックス効果のあるゼラニウムとラベンダーの2種の天然植物エキスを使用しており、ローションからクリームへとスキンケアを進むにつれて香りが立ってくるという上品さがあります。

エトヴォス

エトヴォス(ETVOS)は、クレジングいらずの肌にやさしい国産ミネラルコスメとセラミドを配合した、スキンケアにこだわっているブランドです。スキンケアには、敏感肌・乾燥肌向け、毛穴・ニキビ肌向け、年齢肌向けの3つのラインが用意されています。エイジングケアに重点をおきたい方には、年齢肌向けの「バイタタイジングライン」がおすすめです。肌細胞の生まれ変わりを担う「植物性幹細胞エキス」と、高い水分保持機能を持つ「ヒト型セラミド」を配合することで、年齢に負けないハリのあるつややかな肌を目指します。
洗顔には「ヒト型セラミド」「リピジュア®」「シロキクラゲ多糖体」などの保湿成分をギュッと濃縮した固形せっけん「クリアソープバー」を使用し、週1~2回程度の頻度で「スキンピールジェル」による角質ケアを行えば、まるでエステに行ったようなくすみのないつるつる肌になれることでしょう。
化粧水には「アルガン幹細胞エキス」、クリームには「リンゴ幹細胞エキス」と、それぞれ希少なフルーツから抽出した幹細胞エキスに「ヒト型セラミド」を配合し、ふっくらしてハリのある肌へと導きます。さらに、「ヒト型セラミド」は、エイジング効果が期待できるセラミド6Ⅱなど5種類を配合しています。ピンとハリのある口元や目元を目指したい方には、2つの「植物性幹細胞エキス」と「ヒト型セラミド」、そして「リピジュア®」や「無水ヒアルロン酸」などの保湿成分を贅沢に配合した「アイセラム」がおすすめです。

ライン使いをしてみたいという方のために、スキンケアラインを選ぶ際の注意点やおすすめのブランドを肌の悩み別に紹介しました。効果が期待できそうな美容成分を含んだスキンケアラインばかりで、どれにしようかと悩んでしまいます。美肌を目指してスキンケアを頑張っているけど、効果が出ないと悩んでいる方は、ライン使いに挑戦してみてもよいでしょう。しかし、化粧品は、実際に使ってみないと効果を実感できないものです。デパコスブランドなどをラインで揃えると高額になるので、買うのを躊躇してしまう方がいるかもしれません。ただし、最近は各スキンケアラインから手ごろな価格で試せる1週間から1ヶ月程度の「トライアルセット」が用意されています。もし、気になるスキンケアラインが見つかったのであれば、トライアルセットから始めてみてはいかがでしょうか。

【本記事は、2020.5.11に更新されています。】



2018.09.26