2018.09.19

30代からの肌におすすめしたいスキンケアブランドランキング

乾燥やシワ、シミ、ハリ不足、たるみなど、30代になると肌の不調が現れ始めます。「20代の頃から丁寧にスキンケアを続けているのにどうしてだろう?」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。30代の肌は、肌が新陳代謝するターンオーバーの周期が長くなったり、肌内部の潤い成分が減少し始めたりと、肌の変化が訪れ始めます。

そのため、20代と同じ基礎化粧品でスキンケアを続けたとしても、肌のトラブルを解消して美肌を保つことは難しいのです。
そこで、肌トラブルで悩んでいる30代の女性のために、基礎化粧品選びのポイントや肌の悩み別のおすすめ人気スキンケアブランドをランキング形式で紹介します。ぜひ、自分に合ったブランドを見つけて美しい肌を取り戻しましょう。

基礎化粧品選びは美肌の土台

基礎化粧品選びは「美肌の土台」です。おろそかにしてはいけません。しかし、長年愛されているロングセラー商品から次々と登場する魅力的な新商品まで、基礎化粧品にはいくつもの種類があり、年代によって適しているスキンケアは変わります。肌質が変化し、さまざまな肌トラブルに悩まされ始める30代の女性は、どのような基礎化粧品を選べばよいのでしょうか。

20代の頃と同じスキンケアはダメ?

20代の頃は肌トラブルと無縁だったのに、30代に入ったとたんに乾燥やシミ、たるみなど、肌の不調を感じ始めたという方も多いと思います。仕事や家事が忙しくても、時間をかけて丁寧なスキンケアを心がけていても、どうして30代になると肌に不調が出てしまうのでしょうか。30代になって肌トラブルが生じ始める原因には、次のようなことが考えられます。

  • 肌が生まれ変わるターンオーバーの期間が20代の頃に比べて長くなっている。
  • セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど肌の潤いやハリを保つ成分が減少し始めている。
  • 紫外線のダメージを受けやすくなっていて、シミやくすみの原因であるメラニンの生成が促進されている。
  • 出産や育児、仕事など生活環境の変化によって、ストレスが増えている。
  • 出産や生理不順などにより、女性ホルモンのバランスが変調している。
  • 睡眠不足や運動不足が続き、体に負担がかかっている

このような状態にもかかわらず、若い肌を維持する20代向けのスキンケアを続けてしまうと、どんどん肌の状態は悪くなっていきます。30代に入ってからは肌の成分を補うスキンケアを心がけましょう。

30代になると気になってくる肌トラブル

30代になると、次のような肌トラブルが起き始めます。

  • 潤い成分の減少による乾燥。
  • 目元の小ジワやほうれい線、たるみ、ハリ不足といった肌の衰え。
  • メラニンの生成によるシミ、シワ、肝斑。
  • 女性ホルモンバランスの変調や乾燥による肌荒れ。
  • 過剰な皮脂量や女性ホルモンバランスの変調によるニキビや吹き出物。

今の自分の肌質、知ってる?

美しい肌を保つためには、自分の肌質に合ったスキンケアを選ぶことが大切です。しかし、具体的に自分の肌質を説明できる方は少ないのではないでしょうか。一般的に肌質は「普通肌」「混合肌」「乾燥肌」「脂性肌」「敏感肌」の5つのタイプに分類されます。まずは、自分の肌質タイプについて簡単にチェックをしてみましょう。肌質別の特徴は次のとおりです。自分の起き抜けの肌状態をチェックしてみてください。

普通肌
  • 水分量、皮脂量ともにバランスがよく、トラブルも少ない肌質。
  • ○起床後の肌につっぱり感やベタつき、カサつきがない。
混合肌
  • Tゾーンは皮脂でベタついているのに頬はカサついているなど、顔の部分部分によって肌の状態が異なっている肌質で、日本の女性に多い。
  • ○起床後の肌が、Tゾーンは皮脂が浮いている感じがするものの、目元や頬などはカサついている。
乾燥肌
  • 水分量、皮脂量ともに不足していて、カサカサしている肌質。
  • ○起床後の肌が全体的に乾燥していて、つっぱっている。
脂性肌
  • 水分量、皮脂量ともに多く、顔全体がテカついている。ニキビや吹き出物が出やすい肌質。
  • ○起床後の肌が、全体的に皮脂が浮いている感じで、ベタついている。
敏感肌
  • 乾燥ぎみで、赤みやかゆみ、炎症、湿疹などのトラブルが起こりやすい肌質。
  • ○赤みがあって、刺激を感じる。

デパートなどの化粧品売り場で、測定器を使って肌質タイプを診断してもらうこともできます。一度、診断してもらうのもよいでしょう。また、肌質は季節によっても変化します。普通肌の方も、秋冬になると肌が乾燥してしまう方もいます。

季節によっては基礎化粧品を変えたり、特別なケアをするなど肌質の変化に合わせたスキンケアを行うようにしましょう。最近は、水分量や皮脂量などを自宅で簡単に測定できる肌質チェッカーもあります。手ごろな値段なので、購入して肌質の変化を定期的にチェックしてみるのもおすすめです。

アイテムを選ぶ時に注意したいこと

肌質タイプや肌の悩みに合った基礎化粧品を選ぶことが、美肌への近道です。では、基礎化粧品を選ぶ際は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。ここでは基礎化粧品を選ぶ際に注意すべき、配合されている成分、自分の肌質との相性、値段の3つについて紹介します。

どんな成分が入っているのか

まず始めに基礎化粧品にどんな美容成分が配合されているのかを確認しましょう。「セラミド」や「ヒアルロン酸」など潤いを与えてくれる保湿成分、「トラネキサム酸」や「ビタミンC誘導体」などメラニンの生成を抑える成分、炎症を抑えてくれる植物エキスなど、基礎化粧品にはさまざまな美容成分が配合されています。それらの美容成分は、酵母やハーブなどの天然由来の原料から抽出された成分や石油を原料に合成された成分など、原料や製造方法もメーカーやブランドによって違います。

まずは配合されている美容成分の原料と製造方法を公式サイトなどで確認しましょう。配合されている美容成分が肌にどのように作用し、どのような効果が期待できるのかを知ることは、基礎化粧品の効果を高めるためにも大切なことです。

また、アルコールや界面活性剤、香料、着色料など添加物の有無なども確認しておきましょう。敏感肌や乾燥肌の方はもちろん、普通肌の方もなるべく低刺激性の基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

自分の肌質に合ったアイテムか

自分の肌質に合った基礎化粧品でなければ、肌のトラブルを解決するのは難しいでしょう。最近の基礎化粧品は肌質ごとに適したラインが用意されているので、自分の肌質タイプのものを選んでみてください。

ただし、潤い効果が高いからといって、混合肌や普通肌の方が乾燥肌のラインのものを使用すると、かえって水分量と皮脂量のバランスを崩してしまい、肌トラブルの原因となることもあるので注意が必要です。

買い続けられる値段か

基礎化粧品を選ぶ際に気になるのが値段です。プチプラからデパコスまで、基礎化粧品の値段には差があります。デパコスなどは、すべてのアイテムを揃えるライン使いをすると、とても高額になってしまう場合があります。基礎化粧品は、量の少ないものだと1ヶ月サイクルで新しい商品を購入する必要があるので、買い続けられる値段のものを選びましょう。

ブランド名や価格に捉われずに「自分の肌の悩みに効果が期待できる美容成分が入っているか」だけでなく、「テクスチャーは好みのものか」「リラックスできる香りがするか」など使い心地も重視して自分に合った基礎化粧品を選びましょう。

目的別、厳選おすすめブランドランキング

プチプラからデパコスまで、さまざまなスキンケアブランドがあります。そして、それぞれのスキンケアブランドには独自に開発された成分が配合されており、得られる効果も変わってきます。

また、スキンケアブランドには乾燥肌や敏感肌、ニキビなど、肌質や肌の悩みなどの目的別に数種類のラインが用意されています。そこで、ここでは30代の方におすすめの人気スキンケアブランドランキングを目的別に紹介します。また、それぞれの化粧水の価格も合わせて紹介します。

ぜひ基礎化粧品選びの参考にしてください。

乾燥が気になる

肌の保水力が落ちてくると、潤いが不足して乾燥肌になってしまいます。化粧のノリも悪くなってしまうため、すぐにケアしたいところです。ここでは乾燥肌が気になる方におすすめのスキンケアブランドを紹介します。

1位 オルビスユー

商品名
オルビスユー ローション
ブランド
オルビスユー
内容量
180ml
金額
2,916円(税込)

100%オイルカットした肌にやさしいスキンケアブランド「ORBIS(オルビス)」の「オルビスユー」は、エイジングケアを意識し始めた30代のためのスキンケアラインです。2018年10月からリニューアルした新シリーズが登場します。新シリーズは、洗顔料で肌の汚れを落とした後、化粧水で肌をサポートし、保湿液で持続させるというシンプルな3ステップのスキンケアを提案しています。

ラインアップは洗顔料の「オルビスユー ウォッシュ」、化粧水の「オルビスユー ローション」、保湿液の「オルビスユー モイスチャー」の3つのアイテムがあります。価格もそこまで高くないので、ライン使いで乾燥肌をケアしたい方におすすめです。

新シリーズは、2003年にノーベル賞を受賞した「アクアポリン」に着目しています。アクアポリンは細胞膜に存在し、水を通過させるという特別な性質を持つタンパク質で、美容だけでなく、医療などさまざまな分野で注目されている物質です。

このスキンケアラインにはアクアポリンの発現を促す3つの成分「ヤグルマギク花エキス」「アマモエキス」「モモ葉エキス」が配合されており、アクアポリンを発現させて水分が細胞内に行き届くように導きます。肌の内部が潤いに満たされると、ハリ感を得た細胞はふっくらとするため、押し返すような弾力のある明るい肌への変化が期待されます。

洗顔料「オルビスユー フレッシュ」には、「モロッコ溶岩クレイ」が配合されており、もちもちした泡で毛穴の汚れなどくすみの原因をきれいに落とします。化粧水はとろんとしていて、保湿液はまるでメレンゲのような新感覚のテクスチャーが特徴です。保湿液はしっとりしているのに軽い感覚で使用できるので、ベタつきが気になる方にもおすすめです。

2位 ヒフミド

商品名
ヒフミド エッセンスローション
ブランド
ヒフミド
内容量
120ml
金額
3,240円(税込)

小林製薬の「ヒフミド」は、保湿効果の高いヒト型セラミドを配合したスキンケアブランドです。ヒト型セラミドは合成セラミドの3倍の保水力を持っていて、人の肌と似通った構造をしているので角質層にまで浸透して肌の保湿力とバリア機能を高めてくれます。

しかも、ヒト型セラミドの中でも高い水分保持機能を持つセラミド2だけでなく、セラミド1、セラミド3も配合されています。特に保湿クリーム「エッセンスクリーム」の4%がヒト型セラミドでできており、保湿に力を入れていることがわかります。

その他の成分として、ヒアルロン酸よりも保湿効果の高い「リピジュア®」やメラニンの生成を抑制する「グリセリルグルコシド」も配合しているので、乾燥だけでなく美白も気になる方にも利用されています。

また、基本アイテムの他、ハリをもたらし小ジワを目立たなくするハリ用美容液「リフティングエッセンス」や乾燥しやすい目元を潤す目元用美容クリーム「ストレッチアイケア」、くすみの原因となる角質だまりをやさしくふきとる美容液「クリアエッセンス」など、スペシャルケアアイテムも豊富なのが嬉しいところです。

無着色、無香料、パラベン・エタノール不使用の低刺激性なので、感想だけでなく敏感肌にお悩みの方にもおすすめです。

3位 米肌

商品名
肌潤化粧水
ブランド
米肌 肌潤シリーズ
内容量
120ml
金額
5,400円(税込)

コーセーの「米肌(MAIHAD)」は、肌の水分保持機能を改善する米エキス「ライスパワー®No.11」を配合した人気のスキンケアブランドで、乾燥肌が気になる方には潤いケアの「肌潤」シリーズが特におすすめです。

特に、米肌に使用されている老舗酒蔵と開発した米エキスのライスパワー®No.11は、水分保持機能を改善する効果が認められている医薬部外品の有効成分です。原料には純度100%の白米を使用しており、この白米から独自の技術で米エキスを抽出します。

そして、酵母や乳酸菌などによって長期間発酵と熟成をさせることで完成するライスパワー®No.11は肌の角質層まで浸透し、肌の潤いに欠かせないセラミドの産生を促します。

さらに、天然保湿因子(NMF)をサポートする「乳酸Na」「ビフィズス菌発酵エキス」、そして高い保湿効果を持つ「グレコシルトレハロース」を大豆発酵エキスで包み込み潤いを逃しません。

他にも化粧水などの浸透をサポートする「肌潤石鹸」や乾燥で硬くなった肌をやわらかくする「肌潤化粧水」、小ジワを目立たなくする「肌潤改善アイクリーム」などのアイテムが揃っています。

その中でも口コミで人気があるアイテムが「肌潤クリーム」で、たっぷりと配合されたエモリエントオイルが肌に溶けこむようになじみます。そして、しっかりとした保護膜を肌の上で形成するので、潤いを長時間キープでき、もちもちとした肌に導いてくれます。

美白を目指したい

肌が疲れてくるとシミや黒ずみが増えてきます。ここで紹介するのは、女性にとって悩みの種であるシミやくすみを予防して、透明感のある肌を目指したい方におすすめのスキンケアブランドです。

1位 ソフィーナ ボーテ

商品名
高保湿化粧水<美白>
ブランド
ソフィーナ ボーテ
内容量
140ml
金額
3,240円(税込)

花王「ソフィーナ」の「ソフィーナ ボーテ」は、美白も保湿も大切にしたい30~40代のためのスキンケアブランドです。美白有効成分として「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」を配合し、メラニンの生成を抑えてシミを予防します。

また、保湿効果のある独自成分「iTPS複合体」が肌の潤いをキープします。iTPS複合体は、古来から美容のために珍重されてきた花「月下香」の花びらを約3年かけて培養した「月下香培養エッセンス」と「ユーカリエキス」などの厳選した植物エキスを混合して得られる成分です。

また、「高保湿化粧水<美白>」と「高保湿乳液<美白>」には、「しっとり」と「とてもしっとり」の2タイプが用意されています。乾燥から肌を守りながら日中の紫外線もしっかり予防したい方には、美白有効成分「カモミラET」が含まれていて、なおかつ紫外線A波・B波を長時間カットする「高保湿UV乳液」がおすすめです。

洗顔後のファーストステップに人気の土台美容液「iP 美活パワームース」を使用すると、化粧水や乳液の肌なじみがよくなります。

2位 アクアレーベル ホワイトアップシリーズ

商品名
ホワイトアップローション
ブランド
アクアレーベル 美白ライン
内容量
200ml
金額
1,512円(税込)

「アクアレーベル」は、高品質なのにお手ごろな値段で人気の資生堂のスキンケアブランドです。アクアレーベルには「キメ保湿」と「美白」、「ハリつや」、「アクネケア」の4つのラインがありますが、美白も乾燥も気になる30代には「美白」ラインがおすすめです。

資生堂が開発した確かな成分を配合することで、シミを防ぎながら潤いのある明るく透明感のある肌へと導いてくれます。まず、美白・肌荒れ有効成分「m-トラネキサム酸」がメラニンの生成を抑え、シミを予防します。そして、ベビーアミノ酸(D-アミノ酸)が肌が本来持っている保湿機能とバリア機能をサポートします。

化粧水「ホワイトアップローション」と乳液「ホワイトアップエマルジョン」には、「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3タイプがあり、使用感を選べます。また、ライトローズのやさしい香りに癒やされます。スペシャルケアには「シミ対策美容液」があり、「m-トラネキサム酸」の他、紫外線でダメージを受けた肌を整えて潤いを与える保湿成分「リピジュア®」が配合されています。

紫外線をたっぷり受けてしまった日の集中ケアには、薬用美白マスク「リセットホワイトマスク」がおすすめです。豊富なラインがあり、さまざまな美白を提案しているブランドです。

3位 FANCL ホワイトニングシリーズ

商品名
ホワイトニング 化粧液
ブランド
FANCL 無添加ホワイトニング
内容量
30ml
金額
1,836円(税込)

「FANCL(ファンケル)」は、防腐剤や香料など、肌の負担になるものを一切使用しない無添加スキンケアブランドです。「ホワイトニングシリーズ」は、肌が本来もっている美白力を引き出し、透明感あふれる肌に導いてくれる医薬部外品のスキンケアラインです。

このシリーズの特徴的な成分は「アクティブビタミンC」と「ヤグルマギクエキス」です。アクティブビタミンCは、高い美白力を持ちメラニンの生成を抑えてくれます。また、ヤグルマギクエキスはメラニン生成の指示を出すMIF(マクロファージ遊走阻止因子)に直接アプローチし、シミの始まりからブロックします。

他にも、くすみの原因となる「居座りメラニン」をケアする「白ブドウ発酵エキス」と「メラノブライト」を使用し、くすんだ肌に透明感を取り戻そうと働きかけます。

また、薬用化粧液「ホワイトニング 化粧液」と薬用美白乳液「ホワイトニング 乳液」には、「しっとり」「さっぱり」の2タイプがあります。スペシャルケアアイテムとして、肌表面で素早くビタミンCに変わり、速攻で白さにアプローチする「VC・VE複合体」を配合した薬用美白美容液「ホワイトニング エッセンス」と、薬用美白マスク「ホワイトニング マスク」があります。

紫外線を多く浴びた日などには、たっぷり美白有効成分を含んだマスクで集中ケアができるシミの早期対処を大切にしているスキンケアブランドです。

ニキビができやすい

ニキビができると写真写りや人と会う際に気になってしまうかもしれません。大人になっても周期的にブツブツと出きるニキビに悩まされている方におすすめのスキンケアブランドです。

1位 NOV AC Active

商品名
ノブ ACアクティブ フェイスローション
ブランド
ノブ ACアクティブ シリーズ
内容量
135ml
金額
3,240円(税込)

NOV(ノブ)は、1985年以来、皮膚科の協力のもと臨床皮膚医学に基づいて敏感肌のための化粧品を開発してきたスキンケアブランドです。

大人のニキビ肌のための「ACアクティブ」シリーズは、ニキビを予防するだけでなく、乾燥、毛穴の黒ずみ、てかり、シミ、そばかす、ごわつきなど、ニキビ以外の肌トラブルにも同時にアプローチして、なめらかで潤いのある肌に導く医薬部外品のスキンケアラインです。有効成分がニキビの3つの原因である「毛穴のつまり」「アクネ菌の増殖」「過剰な皮脂分泌」を防ぎます。

また、保湿成分としてニキビにも効果的な「AHA(グリコール酸)」や高い保湿効果のある「リピジュア®」「セラミド3」「ヒアルロン酸Na-2」をたっぷり配合し、乾燥しがちな肌に潤いを与えてくれます。さらに、潤いのバランスを整えてくれる「ビタミンC・E誘導体」「ビタミンB₆誘導体」「レチノール誘導体」なども贅沢に配合しています。メラニンの生成を抑えてシミを予防する「ビタミンC誘導体」も使用されているので、シミやくすみが気になる方にもおすすめです。

他にも2018年に登場した保湿クリーム「ノブACアクティブモイスチュアクリーム」は、ごわつきやすいニキビ肌に潤いを与えて、なめらかな肌へと導いてくれます。

このシリーズはニキビ肌のケアには洗顔が大切ということをコンセプトに、アクネ菌の栄養源になりにくいオイルを厳選した「ノブACアクティブクレンジングリキッド」とマイルドピーリング作用のある「ノブACアクティブウォッシングフォーム」が用意されており、これらの洗顔料を使用すれば、肌に負担をかけずに毛穴のつまりや黒ずみ、くすみをすっきり落とせます。

ニキビ以外の肌トラブルを抱えている方におすすめのブランドです。

2位 プロアクティブ+

商品名
モイスチャーセット
ブランド
プロアクティブ+
金額
5,900円(税込)

※個別で販売していないのでセット購入のみになります。

「プロアクティブ+」は、CMなどで高い知名度を誇る医薬部外品のニキビケアブランドです。思春期ニキビがターゲットのブランドというイメージがありますが、「プロアクティブ+」はどんなニキビにも効果があります。大人ニキビも思春期ニキビどちらもニキビの原因は同じで、毛穴につまった皮脂を栄養とするアクネ菌が過剰に繁殖することで発生します。

独自開発の「スマートターゲット™ テクノロジー」によって有効成分である「サリチル酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」を毛穴の奥まで浸透させ、ニキビができにくい健やかな肌環境を整えます。ニキビだけでなく乾燥などの肌の悩みにも対応するため、「アロエ液汁」や「スイカズラエキス」など、植物由来の保湿成分も配合しています。

30代のニキビ肌には、毛穴の汚れまですっきり落とす薬用洗顔料「スキンスムージングクレンザー」と軽い使い心地の薬用美容液「ポアターゲティングトリートメント」、潤いを与えてくれる薬用ジェル状クリーム「スキンコンディショニングセラム」の3点セットに、ターンオーバーを促進するグリコール酸を配合した薬用化粧水「リバイタライジングトナー」を加えたモイスチャーセットがおすすめです。

3位 ルナメアAC

商品名
ACアクネケアローション
ブランド
ルナメアAC
内容量
120ml
金額
2,376円(税込)

人気ブランド「アスタリスト」で知られる富士フィルムの「ルナメア」は、「毛穴からキレイになるスキンケア」をコンセプトにニキビと毛穴をケアするスキンケアブランドです。

写真フィルムで長年培ってきた画像解析技術を大人のニキビケアに活用することで、ニキビの発生要因を解明しました。そして、成分をナノレベルまで粒子化するナノ化技術を利用して、成分を効率的に肌へ届られる「ルナメアAC」を開発しました。

独自成分「アクネシューター®」はニキビ予防の有効成分「グリチルリチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」を、天然ビタミンEを含む3つの潤い成分とミックスして80ナノメートルのカプセル状にした油溶性の新成分です。

油溶性なので、毛穴の脂分になじみやすく、ニキビ予防の有効成分と潤い成分が毛穴から角質層にまで浸透してニキビの原因までしっかりと届いてくれます。

洗顔料「ファイバーフォーム」には、毛穴より細い太さ10~50マイクロメートルの繊維状「ファイバースクラブ」が配合されています。デリケートな大人のニキビ肌にできるだけ負担をかけずにニキビの原因となる古い角質や毛穴のつまりをやさしく除去してくれます。

殺菌剤や固形スクラブを一切使用していないので、肌の常在菌を殺菌しすぎることもありません。洗顔による肌へのダメージが抑えられる敏感肌の方にも嬉しい洗顔です。また、フランス産のクレイが皮脂を吸着し、潤いながらすっきりとした洗い上がりが堪能できます。顔の洗浄に力を入れているブランドです。

敏感肌なのでやさしい使いご心地がほしい

外部からの刺激でダメージを受けやすく、乾燥や肌荒れで悩んでいる方にとって使い心地は重要なポイントです。ここでは敏感肌の方におすすめの肌にやさしいスキンケアブランドを紹介します。

1位 アヤナス プレイミアムエイジングケア

商品名
アヤナス ローション コンセントレート
ブランド
アヤナス プレイミアムエイジングケア
内容量
125ml
金額
5,400円(税込)

「アヤナス プレイミアムエイジングケア」は、ポーラ・オルビスグループのブランドDECENCIA(ディセンシア)の乾燥肌や敏感肌で悩んでいる大人の女性のためのスキンケアラインです。敏感肌の悩みである炎症を抑えるだけでなく、年齢とともに気になるシワやくすみ、シミなどを防ぎ、ハリと潤いのある肌に導いてくれます。

このスキンケアラインの最大の特徴である「ストレスバリアコンプレックス®」は、肌をなめらかにする「ジンセンX」や保湿力・肌の還元に優れていて健康的で美しい角質層へ導く「パルマリン」、肌をイキイキさせて本来の状態に戻そうと働きかける「ビルベリー葉エキス」の3種類から作られる独自成分です。抗炎症作用がある「コウキエキス」とともに、敏感肌の悩みである肌荒れを抑えてくれます。

保湿成分には、高い保湿力があるヒト型セラミドのセラミド2を採用し、コラーゲンの産生を促す独自成分「CVアルギネート」、シミを予防する「ローズマリーエキス」も配合されています。このように乾燥して敏感になっている肌への刺激を抑えるだけでなく、シワやたるみ、シミなど30代になって気になり始めるさまざまな肌の悩みにも対応しています。

美容液「エッセンス コンセントレート」に配合されている「シモツケソウエキス」は「コウキエキス」とともに、老化物質AGEsの発生を抑え、黄色いくすみやたるんだ毛穴の原因となる糖化を防いでくれます。敏感肌の方に人気のブランドです。

2位 ミノンアミノモイスト

商品名
モイストチャージ ローション Ⅰ
ブランド
ミノンアミノモイスト
内容量
150ml
金額
2,052円(税込)

「ミノン」は赤ちゃんから大人まで、敏感肌でも安心して使えるブランドとして広く知られています。「ミノンアミノモイスト」は肌へのやさしさだけでなく、潤いやハリなどの効果もほしい方のために提案されたスキンケアラインです。

肌のバリア機能をサポートする11種類のアミノ酸を配合しているところが「ミノンアミノモイスト」の特徴です。天然保湿因子(NMF)を構成し、保湿力を高めるセリン・グリシン・ヒスチジンを含む9種類の「保潤アミノ酸」と、肌のキメ・ハリ・つやをサポートするリシンHCLとカルノシンという「清透アミノ酸」を2種類配合しています。

その他、潤い成分である「セラミド類似成分」なども配合されており、外部からの刺激を受けやすくなっている敏感肌の潤いをキープし、肌のバリア機能をサポートしてくれます。

無香料・無着色、ノンアルコール、パラベンフリー、紫外線吸収剤フリーなど、ミノンブランドならではの低刺激性処方が敏感肌の方にとって嬉しいポイントです。口コミランキングでも上位にランキングする乳液「モイストチャージ ミルク」は、乾燥でごわついた角質層にまで浸透し、潤いに満ちて、キメ・ハリ・つやのある肌に導いてくれます。コクがあるのにベタつかないテクスチャーなので、乳液のベタつきが苦手な方にもおすすめです。

その他、潤いを与えてくれる「モイストチャージ ローションローション」、メラニンの生成を抑える美白美容液「薬用マイルド ホワイトニング」、小ジワを目立たなくする「モイストバリア クリーム」、塗ってそのまま眠れる保湿ジェルパック「ぷるぷるリペアジェルパック」など、さまざまな肌の悩みにも対応できる豊富なラインアップが揃っています。ライン使いでも負担にならない手ごろな値段も魅力の1つです。

3位 アクセーヌ

商品名
AD コントロール ローション
ブランド
アクセーヌ ADコントロール
内容量
120ml
金額
3,780円(税込)

「アクセーヌ」は、1970年代から皮膚科と共同で刺激と肌の関係を研究し、肌への刺激を徹底的に取り除いた化粧品にこだわってきたメーカーです。その集大成である「ADコントール」シリーズは低刺激を追求したやさしい使い心地で、肌への負担がとても軽く必要な潤いを届け、乾燥や肌荒れなどトラブルを繰り返す敏感肌を美しく健やかに整った肌に導いてくれます。

化粧品そのものが肌に刺激を与え続けることで、知らず知らずのうちに肌年齢が進むという考えのもと、余計な成分を配合せず、厳選されたシンプルな成分のみを配合しています。

また、無香料、無着色、界面活性剤フリー、パラベン(防腐剤)フリー、アルコールフリーなので刺激肌に悩んでいる方におすすめです。敏感肌や乾燥肌の方だけでなく、皮膚科ではアトピー肌の方にもすすめられることもあるスキンケアブランドです。

「AD コントロール」にはスキンケアだけでなく、ボディシャンプーや全身保湿ローション、ヘアシャンプーなど、ボディケアやヘアケアのアイテムも揃っているので、全身の肌トラブルに悩まされることが多い敏感肌をトータルでケアできます。

美容液「AD コントロール エッセンス」は、水性の保護膜で乾燥しがちな敏感肌を保護し、ベタつきや負担感のない感触で肌を包み込んで乾燥を防いでくれます。

特に肌が敏感な時や乾燥が気になる時には、保湿クリーム「スキンプロテクター AD」がおすすめです。精製ワセリンベースで肌を保護するオリザノールが、敏感肌が失いがちな皮脂膜を補ってくれます。

まとめ

肌トラブルで悩んでいる女性のために、基礎化粧品選びのポイントや肌の悩み別のおすすめ人気スキンケアブランドをランキング形式で紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。潤い成分の減少や女性ホルモンバランスの変調など、30代の女性を取り巻くさまざまな原因によって肌トラブルが発生してしまいます。

生活環境と同じように、肌質も肌の悩みも一人ひとり違います。これからスキンケアを選ぶという方は、まず自分の肌質をチェックしてみてはいかがでしょうか。
自分の肌の状態をよく知ることが美肌づくりの第一歩です。

20代の頃のようなつやつやしたハリのある美肌を取り戻すためにも、現在の肌質に合った基礎化粧品を選び、正しいスキンケアを続けることが大切です。ぜひ、この記事を参考にして、自分の肌質に合った基礎化粧品を選んで美しい肌を保ち続けてください。

2018.09.19