2018.09.13

ツヤ肌を保つためのスキンケアの方法

憧れのツヤ肌になるために-正しいスキンケアとおすすめ化粧品

輝くツヤ肌は女性の憧れですよね。ツヤ肌だと80代のおばあちゃんでさえ美しくて目を奪われてしまいます。でも、ツヤ肌になりたくて高いエステに通ってみたり、何十万円もする化粧品を使ったりしてみても、結局お金が続かなくなってしまいます。肌質は生まれ持ったものだからあきらめるしかないと思う人もいるのではないでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。二の腕の内側を見てみてください。二の腕の内側は紫外線や外気にさらされにくいので、本来生まれ持った肌質が残っている部分といわれます。肌の悩みは決して生まれつきだけのものではなく、乾燥や紫外線によってダメージを受けたり、間違ったスキンケアをしたりした結果かもしれないのです。

実は肌って正しくスキンケアを行えば、応えてくれるものなのです。5年後、10年後、おばあちゃんになってもツヤ肌でいるために、正しいスキンケアとおすすめ化粧品について教えます。

ツヤ肌とはどのような肌のこと?

ツヤ肌とは、「ほんとにファンデーション塗ってる?」なんて思わず聞きたくなるほど、無理に塗り込んでない、色白でもっちりとして透明感を意識した肌です。また、ファンデーションを厚塗りしていないので、メイクに時間をかける必要がありません。

ツヤ肌は光を反射する成分が含まれる下地やファンデーションを使って作ることもできますが、これらの化粧品にはカバー力が少ないので、肌のトラブルを隠すのは苦手です。メイクでツヤ肌を出す前に、肌質から改善していきましょう。

ツヤ肌を目指すなら・・・アルビオンのマルチ発酵化粧液で↓

マット肌との違いは?

メイクで「マット感」という言葉をよく聞きますが、マット肌ってどんな肌なのでしょうか。またツヤ肌とはどう違うのでしょうか。

ツヤ肌の特徴

ツヤ肌は、若々しくみずみずしく水分たっぷりのふっくらした肌が特徴です。メイクは明るい場所に出てしまうと、ファンデーションの厚塗りがばれてしまいます。でも、ツヤ肌はそもそもナチュラルメイクなので、明るいところに出て光に反射しても厚塗り感がなく、キラキラのツヤツヤ肌に見えます。光を浴びてパッと輝く肌は、まさしくツヤ肌の特徴といえますね。

マット肌の特徴

一方、マット肌はツヤ肌に比べてツヤを消した肌のことで、上品で落ち着いた雰囲気を出すことができます。カバー力のあるファンデーションで作ることができるので、毛穴の開きが気になる人に向いています。マット肌は肌を均一にすることで、シミやそばかす、毛穴などの肌の粗を隠すことができるので、これらの悩みがある人はマット肌を選びがちです。しかしトラブルを隠すため厚塗りしてしまうことがあるので注意が必要です。

赤ちゃんのような潤いのある美肌は女性の憧れ

肌が美しいというだけで、男女関係なく羨ましいと思ってしまいますよね。美肌は遺伝の要素が大きいという人もいて、どんどん自信がなくなってしまします。

確かに何もしなくても美肌の人はいるかもしれませんが、肌が老化する原因のうちの8割は光老化や外的な刺激ともいわれています。メイクで肌に負担をかけたり、冷暖房によって乾燥したり、不規則な生活や偏った食事など、後天的な要素が大きく働いているといわれています。

ツヤ肌を作るにはスキンケアが大事

私たちの肌には、水分や油分が失われても元の状態に戻ろうとする「スキンホメオスタシス」と呼ばれる維持機能が備わっています。

洗顔後の肌は水分や油分が失われていますが、正常な肌には元の状態に戻る力があります。しかし現代社会ではさまざまな要素によって、この力が失われています。

この機能を回復させるためには、日々の正しいスキンケアが大切なのです。

ツヤ肌に近付くためのスキンケアの順番と方法

1.洗顔、クレンジング

クレンジング剤には洗浄力の強い順に、オイル・クリーム・ミルク・ジェル・リキッド・シートタイプなどの種類があります。

クレンジングオイルは洗浄力が強いですが、成分に石油系のミネラルオイルが含まれていると、洗浄力が強すぎて必要な油分まで取ってしまうこともあります。肌の弱い人がクレンジングオイルを選ぶときは、オリーブオイルやホホバオイルなど、植物性の成分で作られたオイルを選びましょう。

また、洗顔の際は必ずネットやスポンジを使って泡立てて、指と肌の間に泡を転がすようにして洗いましょう。肌の汚れは泡に包まれて落ちていきます。細かい泡でなければ毛穴の中まで泡は入り込めませんので、必ずネットやスポンジでしっかり泡立てましょう。

2. 化粧水

化粧水の目的は、ずばり「水分の補給」と「保湿」で肌の調子を整えることです。化粧水は洗顔後時間をおかずに塗布してください。時間が経ってしまうと化粧水が呼び水となり、さらに乾燥を促してしまうので気をつけましょう。化粧水はコットンを使うか、直接手でつけるか、メーカーやエステサロンなどの指導で違ってくると思います。

コットン派の理由は「清潔だから」ということが挙げられます。また手でつける派は手の浸透圧でもっちりに仕上げることができるからといいます。どちらも正論ですし、どちらかでなければいけないわけではありません。例えば、忙しい朝はコットンを使い、コットンパックをしながら朝ごはん。反対に時間のある夜は、しっかりと肌をいたわり、直接手でつけるというように使い分けても良いでしょう。

3. 美容液

美容液をつけるタイミングは化粧水の後です。美容液はいわば栄養剤。肌を畑と例えるなら、土を耕し柔らかくした後、肥料を与えた方が行き渡りますよね。肌も同じで、化粧水で肌を柔軟にした後だと、美容液の成分もたっぷりと浸透するんです。

4. 乳液、クリーム

若い人はベトベトするのを敬遠して、乳液やクリームを塗らない人も多いと思います。しかし、化粧水や美容液の成分のほとんどは「水」なので、そのままにしておくと水分が蒸発してしまいます。乳液やクリームの役割はいわば「」。水分を油分で閉じ込めて肌のバリア機能を回復させることこそ、乳液やクリームの油分の役割なのです。

化粧品選びには肌タイプも影響

肌タイプには、乾燥肌・普通肌・混合肌・脂性肌があります。そのため化粧品を選ぶ際には、肌タイプに合ったものを選ぶのが重要です。

例えば、乾燥肌の人は保湿成分の高いものを、脂性肌の人は余計な油分をおさえて整肌成分の含まれた肌を引き締めるタイプのものを選ぶと良いでしょう。混合肌の人は、脂っぽくなりがちな鼻は脂性用のものを使い、乾燥しがちな目元は乾燥肌用のものを使うなど、部分別に使い分けるのも良いでしょう。

どんなに良い成分が配合されていても、自分にも良いとは限りません。肌質に合わないものを選んでしまうと、乾燥が続いて別の悩みに発展してしまったり、余計な油分で化粧崩れを起こしやすくなったりしてしまいます。自分の肌がどういったタイプかを見極めて、肌に合った化粧品を選びましょう。

肌のお悩み別!ツヤ肌のためのスキンケア

角栓、毛穴の黒ずみが気になる人のスキンケア

毛穴の中に詰まっている脂の塊のようなものが角柱です。角栓は皮脂と角質、そして毛穴に入り込んだほこりなどが混ざり合ってできたものです。また、この角栓が空気に触れて酸化すると黒ずんできます。この過酸化脂質がイチゴ鼻や毛穴の黒ずみの正体。過酸化脂質は肌を老化させたり、毛穴をふさいでニキビや吹き出物の原因となったりしますので要注意です。

角栓を指で押しだしたり、ピンセットで取ったりするのは肌が傷つくためNG

角栓を取り除こうと指や爪で押しだすのは、最もやってはいけない行為です。爪で肌を傷つけたり、傷ついた皮膚から爪の雑菌が入り炎症を起こしたり、傷ついた皮膚がクレーターとなって凸凹になったりします。また、ピンセットは周りの皮膚を過剰に押し付けるので痕が残ったり、肌を傷つけたりしてしまいます。角栓を押しだすのはNGと覚えておきましょう。

肌にメイクを残さない

仕事で疲れて帰ってくると、面倒臭くてついついメイクを落とさずに寝てしまうこともあります。でも実は、メイクをしたまま寝ることほど、肌を老化させる行為はないといわれています。そもそもファンデーションなどの成分には油が含まれていて、油は空気に触れるとどんどん酸化し、過酸化脂質は肌を老化させ、やがてシミやシワの原因となってしまいます。

リキッドやクリームファンデーションの場合は毛穴まで入り込み、キラキラのアイメイクの成分には、チタンなどの金属を原料とするものもありますので、長時間つけたままにすると肌に良くありません。一日の終わりには必ずクレンジング剤を使用してメイクを落とし、肌にメイクを残さないようにしましょう。

水分不足が原因の場合があるため保湿を

わたしたちが手で触れる肌の外側は、角質層というところでその薄さはわずか0.02ミリといわれていて、その薄さはサランラップ1枚分しかありません。でも、この薄い角質層には水分保持成分のNMFや、セラミドなどの細胞間脂質があり、これらの水分保持成分が不足していると、いくら外から保湿しても蒸発して逃げてしまいます。

加齢や間違ったスキンケアでセラミドなどが失われた場合は、セラミド配合の化粧品で保湿することも有効です。

日本初の美肌トクホも以前にご紹介しています↓

くすみが気になる人のスキンケア

正しい洗顔でしっかりと汚れを落とす

肌の色を明るくするには、まずは丁寧に洗顔を行うことが基本です。ネットやスポンジでしっかり泡立てた洗顔料で、指と肌の間を転がすように優しく洗っていきます。まずは、面積が広く皮膚が強い額や頬から洗っていきましょう。次に小鼻やあごを洗い、最後は皮膚の薄いまぶたや目の周りを洗います。まぶたなど敏感な部分はさっと触る程度で十分です。

この順番で洗うと、肌への負担も減ります。すすぎはぬるま湯で洗い流します。シャワーを直接顔にかけると肌のバリア機能もはがれてしまいますので、シャワーを直接顔にかけないようにしましょう。細かい泡で洗うこと、肌を傷つけずしっかりすすぐこと、そして油分をすすぎすぎないこと。洗顔はこの3点に注意しましょう。

美白成分を肌に補い肌のトーンを明るくする

美白成分には3つのタイプがあり、メラニンの生成を抑えるアルブチンやエラグ酸、できたメラニンを排出するレチノール、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEなど、たくさんの美白成分が存在します。

どれも「色素沈着を防いでシミができにくくする」という目的は同じですが、肌へのアプローチの方法が異なります。朝使うか夜使うかで効果の高まりが違ってくるので、美白の成分や使うタイミングにも注目して選ぶとよいでしょう。

紫外線対策を行いメラニンの生成を抑える

肌は紫外線にあたるとすぐにシミができるというわけではありません。肌が紫外線を感知すると、まず、肌のメラノサイトという細胞の中のチロシナーゼが、紫外線の侵入を防ごうと働き、メラニンという茶褐色の皮膚を作り出します。いわゆるこれが「日焼け」です。

この日焼けが肌に残ったままになるとやがて「シミ」となってしまいます。そもそも、このチロシナーゼの働きを抑えれば、シミができにくくなります。チロシナーゼの働きを抑える成分はエラグ酸やルシノールです。紫外線は毎日浴びますので、エラグ酸配合の美容液で毎日紫外線対策すると良いでしょう。

血行不良を改善して顔色を良くする

肌がくすんでいるときや顔色が良くないときは、血行不良が関係している可能性もあります。顔は常に外気にさらされているので、表面の温度が低く、血流も悪くなりがちなのです。そこで、血流を良くするためにマッサージや、末梢神経を広げるビタミンEの摂取も良いでしょう。血流が良くなると栄養が皮膚の細胞に行き渡り、新陳代謝が上がって血色も良くなってきます。

肌荒れが気になる人のスキンケア

スキンケア方法を変えてみる

きちんと保湿をしているのに乾燥や肌荒れが良くならないという方は、スキンケアの方法や、化粧品の選び方が間違っている可能性もあります。例えば乾燥肌の場合、いくら外から化粧水で水分を補っても、水分を保持する成分(セラミドやNMF)が不足していれば、保湿の効果も意味がなくなってしまいます。

その場合、できるだけバリア機能を損なわない洗顔を行う、刺激のあるコットンを使わずに手で化粧水を塗布するなど、ケースバイケースでスキンケアの方法を変えてみましょう。

肌荒れがひどい場合は皮膚科を受診する

肌荒れの原因がアトピーなどの皮膚疾患の可能性もあります。このような場合、自己流でケアをするとますます状態が悪くなることもあります。どんな化粧品を使っても肌に合わない、すぐかゆみが出る、寝ているときに無意識に血が出るほど掻いてしまうなどに心当たりがある場合は、できるだけ早めに皮膚科を受診しましょう。

ツヤ肌に重要なハリをアップさせるスキンケア

肌のハリがなくなるとどうなるか

ツヤ肌には肌のハリが重要です。肌にハリがないと皮膚がたるみ、毛穴が下垂し目立ってしまいます。たるんだ肌は見た目の年齢を大きく左右します。肌にハリがないと年齢のわりに老けて見られたり、若々しさがなく元気がない印象を与えたりしてしまいます。

肌のハリがなく悩んでいる人は多い

加齢によってハリは失われますが、実は若い人でも肌のハリがなく悩んでいる人は多くいます。メイクの低年齢化や紫外線などで、肌がダメージを受けやすい時代になりました。

また、冷房や暖房の使いすぎによる乾燥など、生活は快適になる一方、肌への負担は大きくなってしまいました。さらに、ダイエットによる食事制限や偏った食事によって、実は隠れ栄養失調の場合もあります。こうしたことが原因で肌のハリが失われて、肌のハリに悩む人も多くいるようです。

ハリが減少する仕組み

肌のハリが失われる主な原因は、加齢・紫外線・乾燥といわれています。特に紫外線は大敵で、紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生します。その活性酸素は、肌の真皮層にあるコラーゲンとエラスチンを硬く変形させ、肌のハリを失わせてしまうのです。さらに乾燥が加わると、笑ったり表情を動かしたりした皮膚がそのままもとに戻らず、深いシワとなってしまうのです。

ハリのもととなる成分の減少

コラーゲンとエラスチンは、ベッドに例えていうならバネの役割。ピンと張った肌のハリを生み出す基礎となります。

コラーゲンやエラスチンの最大の敵は紫外線によるダメージですが、加齢によってもどんどん減少していきます。食事やスキンケアによってコラーゲンなどを補うことが大切です。また、頬づえをつく・目を細めてものを見る・目を見開くなどの癖があると、額や眉間にシワができやすくなるので注意しましょう。

筋肉の衰え

皮膚を支える土台は筋肉です。顔の筋肉は表情筋と深層筋があり、表情筋はその名の通り感情を表す筋肉です。表情筋は薄く小さな筋肉ですが、表情筋が衰えると目がくぼんだり、まぶたが下垂したり、ほうれい線が深くなったり、より老けた印象となります。

逆に表情筋を鍛えることで、血流がよくなり、むくみや小顔効果を期待することができます。また、深層筋はいわゆるインナーマッスルと呼ばれるもので、物を噛むときに使う強い筋肉です。深層筋が表情筋を支えているので、深層筋が衰えると顔全体の筋肉がたるみ、ブルドッグのような顔になってしまいます。

ハリをアップさせるスキンケア

肌のハリをアップさせるには、まずはシミやシワを作らないように普段の生活から気をつけましょう。日常使いの化粧品には、メラニン還元やメラニン抑制成分の入った化粧水や美容液を使い、もしシミやシワが気になりだしたら早めに手を打ちましょう。

シミは肌のターンオーバーを促すことでメラニンが排出され、肌のハリや明るさが戻ってきます。また、シワができてしまっても化粧品などのスキンケアで改善されるので、トラブルに気づいたら放っておかず早めに対処することが大切です。

ハリのもととなる成分を美容液で補う

できてしまったメラニンを還元するのに効果的なのは、ビタミンCです。ビタミンCは壊れやすく不安定なため、リン酸と結合させて安定させた「ビタミンC誘導体」が含まれた美容液が多く市販されています。

また、肌のバネの役割であるコラーゲンやエラスチンは分子が大きいので、外から補うことはほとんどできません。しかし、飲むコラーゲンや食事からコラーゲンを補うことができますので、できるだけ摂るようにして内側から肌のハリを作っていきましょう。

肌の透明感とハリ感を目指すなら・・・あわせてよみたい↓

マッサージや美顔器を使い、リフトアップ・血行促進・美容成分の浸透力アップを行う

顔にハリを取り戻すには、マッサージやエクササイズは効果的です。

マッサージを行うときは手のひら全体を使い、下から上へ、あご下から耳下腺に向かって、皮膚を引き上げるようにリフトアップ。

耳下腺にはリンパ節があり、滞った老廃物やリンパ液が排出され、顔のむくみにも効果があります。額は横からなでるようにこめかみに向かい、目の周りは優しく円を描くようにします。表情筋はとても薄く小さいので強く押したりしないようにしましょう。また、頭皮もつながっていますので、ヘッドマッサージも同時に行うとさらに効果があります。

マッサージで血行促進した後に、化粧水・美容液などのスキンケアを行うと、肌への浸透力がアップして、よりハリツヤ効果が期待できます。

ツヤ肌に効果的なプチプラのスキンケア商品

ツヤ肌になるためには高い化粧品でないとダメなのかというと、そんなことはありません。化粧品はたっぷり使いたいので、できればケチケチしないで使えるものを選びたいですよね。値段を気にせずにたっぷり使えるプチプラコスメを厳選しましたので、参考にしてくださいね。

洗顔、クレンジングで人気のおすすめアイテム

商品名
マイルドクレンジング オイル
ブランド
ファンケル
内容量
120ml
金額
1,836円(税込)

とにかく口コミの評判がいいファンケルのマイルドクレンジングオイル。

隠れ角栓も取れるほど洗浄力が高いのに、石油系の界面活性剤フリーで肌にも優しいと評判です。また、使った後に目じりの乾燥小じわが改善されたというデータもあります。クレンジングなのにスキンケアをしたような仕上がりがうれしいですね。

最近はまつげのエクステをしている人も多いと思いますが、通常はクレンジングオイルはNGのエクステでもマイルドクレンジング オイルなら使えます。ぜひ試したいクレンジングオイルですね。

化粧水で人気のおすすめアイテム

商品名
ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水
ブランド
イミュ
内容量
500ml
金額
702円(税込)

プチプラコスメの王道 ナチュリエのハトムギ化粧水です。

最大の特徴は大容量なのにこの安さ。安すぎて肌に悪いのでは?と気になりますが、無香料・無着色・オイルフリー・界面活性剤フリーなので、肌への刺激も少なく、決して安かろう悪かろうではありません。

ハトムギ化粧水を使ったコットンパックのやり方の説明もありますので、気になる方はぜひ動画も見てみてくださいね。

乳液、クリームで人気のおすすめアイテム

商品名
アミノモイスト モイストチャージ ミルク
ブランド
ミノン
内容量
100g
金額
オープン価格

敏感肌の人に高評価なのはミノン「 アミノモイスト モイストチャージ ミルク」です。

乳液はベトベトするのでイヤという人が多いですが、アミノモイストはトロトロしすぎないテクスチャーで、モチモチ感が続く上、つけた後サラサラしていると大好評。少量でも伸びがよいのでコストパフォーマンスが高いのもうれしいですね。

ツヤ肌になるためのメイクのポイント

1. 基礎化粧品でしっかりと保湿

ツヤ肌メイクの基本は、保湿をしっかりと行い、ファンデーションの伸びや持ちを良くした土台を作ることです。洗顔後時間をおかずに保湿をした後は、すぐにメイクを始めるのではなく、化粧水や乳液が肌にしっとりとなじむまでしばらくおいた方がファンデーションのノリは良くなります。

2. 下地で凹凸をカバー

ニキビ跡のクレーターや毛穴が涙目のようになっている肌を、ファンデーションを埋め込んで隠そうとすると厚塗りになってしまいがちです。化粧下地は凹凸のある肌を平らにし毛穴の影を少なくすることで、毛穴を目立たなくしてくれる役割があります。

またシミ・そばかすが気になる人はそれらを隠してくれたり、赤みが気になる人はグリーンの下地で色味を抑えてくれたりします。またテカリや化粧崩れが気になる人には化粧持ちをよくするなど、下地の種類によってさまざまな効果がありますので、悩み別に選ぶと良いでしょう。

3. ファンデーション(リキッド、パウダー)

ファンデーションの種類には、リキッドやパウダーがありますが、どちらを使うにしても、厚塗りしないことが大切です。リキッドファンデーションを塗るときは、指を使って塗っていますか?

指を使ってしまうとファンデーションの量が多くなるうえ、指の体温が伝わりやするなるため頬の温度が上がり、化粧崩れしやすくなってしまいます。ファンデーション塗るときはパフを使うのがおすすめ。パフを使ってポンポンポンと毛穴とは逆の方向につけ、最後に毛穴の方向に軽く指でなでるように仕上げると均一なノリに仕上がります。

また、パウダーファンデーションは手軽にお化粧直しができますが、水分が少ないのではがれやすく、何度も塗りなおしていると結果的に厚塗りになってしまいます。パウダーファンデーションを愛用の際は、お直しはフェイスパウダーを使いましょう。

下地で人気のおすすめアイテム

商品名
CCモイストベース
ブランド
オルビス
内容量
30g
金額
1,512円(税込)

美容液成分配合の下地なので、保湿効果が高くツヤ肌メイクになれると好評です。下地のCCクリームはBBクリームに比べるとカバー力が弱く、毛穴やシミのトラブルには不向きという印象がありますが、CCモイストベースにはカバー力もあるので、毛穴に悩んでいる人でも使えます。ただし、色づきがほんのりピンクなので赤みが強い肌には不向きかもしれません。ツヤ肌用+緑系のモイストベースの商品化を心待ちにしています。

商品名
スキンベース モイスチャー
ブランド
ファンケル
内容量
18g
金額
1,749円(税込)

ファンケル「スキンベース モイスチャー」は日焼け止めの効果もある下地。わざわざ日焼け止めを塗らなくていいので、出勤前はもちろん一年中愛用できる下地です。セラミドが配合されているので保湿効果も高いのも嬉しいポイント。アトピーでこれまでどの化粧品も合わなかったという方でも、これなら大丈夫という人もいるほどです。

商品名
ミネラルベースBB
ブランド
資生堂インテグレート
内容量
20g
金額
1,080円(税込)

パールのような輝きで透明感のある明るいツヤ肌を演出できるのが、資生堂インテグレート「ミネラルベースBB」。ツヤっと肌が光ると、若々しく見えてうれしいですよね。
こちらも日焼け止め効果もある上に、資生堂なのにこのお値段というのが信じられない逸品です。ぜひ一度使ってみたい商品です。

ツヤ肌がひと塗りで手にはいる・・・?資生堂の注目のコスメならコチラも↓

正しい知識をもって美しいツヤ肌を作ろう

ツヤ肌になるためには、高い化粧品を使わなくても高いエステに通わなくても、スキンケア次第でなれるのです。そのためには、日々の紫外線対策や、洗顔・クレンジングの方法を見直して、少しでもツヤ肌の人の生活習慣を真似していきましょう。

ツヤ肌になるには体の中からのケアも大切です。肌を作るのは食事から摂取するたんぱく質が重要です。過度なダイエットや偏った食事では、いい肌は作られません。良質なたんぱく質や肌の再生に重要なビタミンEも食事から積極的に摂りましょう。

また、ツヤ肌を作るには睡眠も重要になります。肌の新陳代謝が高まるのは夜中の2時頃だといわれていますので、できれば夜10時くらいに眠りに就き、肌の新陳代謝が最も高まる頃に深い眠りに就くようにしましょう。

運動によって血流を促し、汗をかくことで肌の新陳代謝を高めることもできます。適度な運動やマッサージを日常的に取り入れて、肌の活性化をしていきましょう。
肌は日々生まれ変わる。そのことを意識しながら生活習慣を見直してツヤ肌を手に入れましょう。

ツヤ肌アイテムはこちらでもご紹介しています↓

2018.09.13