2018.09.11

スキンケアにおすすめのバーム14選

    女性たちの間で美容用語としてすっかり定着したバーム。しかし、実際のところバームがどんなものなのか、クリームとどう違うのかを知らない方も少なくないのではないでしょうか。
    肌の乾燥はニキビや吹き出物を引き起こしたり、シミやシワの原因になったりと、肌にとって万病のもと。バームは、そんな乾燥に効く、非常に便利な保湿剤です。
    ここでは、バームの基礎知識とお肌に悩みがある方別に、おすすめのバームをご紹介しています。

    バームとは・・・肌荒れや乾燥を防ぐ!バームの基本のキ

    そもそも、バームって?

    バームは、軟膏のことです。その種類や効用は多く、香りのついた軟膏(香膏)や香油、そして心の安らぎをもたらす鎮静剤の一種もあります。
    化粧品としてのバームは、保湿のためにスキンケアの最後に使用されるのが一般的です。これは、バームがワセリンやミツロウなどの成分をベースにしており油分が多いためです。その姿はカップのアイスを例にあげると想像しやすいかもしれません。アイスは、スプーンですくったときは固めで力がいりますが、口に入れると体温で溶けていきますね。それと同じように、バームは基本的に容器の中では固まっていますが、肌の上に乗せると体温でとろりととろけ、伸びがよくなるのが大きな特徴です。この独特な感覚が好きだという方も多いのです。

    クリームとは何が違うの?

    先述したように、バームはスキンケアの最後に保湿のために使われることが多いのですが、クリームも同じく保湿のイメージがありますよね。何が違うのでしょうか。
    大きく違うのは、クリームが水になじみやすい性質の一方、バームは水をはじく性質だということです。クリームのベースが油分と水分とを含んだものであるのに対し、バームのベースは油分がメインです。そのため肌に塗ると、クリームは浸透して保湿しますがバームは肌表面に長くとどまり肌をラッピングすることで内部の水分を逃さないようにしてくれます。クリームとバームは保湿のしくみが違うのです。

    バームの種類は何があるの?

    バームには、スキンケアに使用されるフェイスバームの他にもさまざまな種類があります。
    代表的なものでは、

    • ボディバーム
    • ヘアバーム
    • リップバーム
    • ネイルバーム
    • クレンジングバーム

    などがあげられます。

    とはいえ、クレンジングバーム以外はその用途が「保湿」であることがほとんど。そのため、ひとつのバームで兼用できるものもあります。
    もちろん部位に特化したバームは対象の部位に対して高い効果が期待できますので、集中的にケアしたい部分がある方は専用のバームを持っておいて損はありません。特にフェイスバームは、エイジングケアや美白など、お悩みに特化した成分をもつバームが豊富です。

    正しい使い方をマスターしよう!

    バームにはいくつか種類がありますが、ここでは多くの女性が気になるフェイスケアに関してご紹介します。
    バームは肌の水分が逃げないよう油分でフタをするものなので、前段階の化粧水などで肌に水分を与えることがかかせません。化粧水や美容液、乳液など日ごろのお手入れのあとで、クリームの代わりに使うことが一般的です。
    しかし、乾燥肌がひどい方や、普通肌の方でも秋冬になり乾燥が気になってきたときなどは、クリームの上からバームを重ねづけすることが効果的です。

    バームはケースの中で固まっていることが多いため、スプーンやスパチュラなどで取り出してください。量はバームによりますが、大体米粒1~2粒というものが多いようです。そんな量で顔全体を保湿できるなんて驚きですよね。
    取り出したバームを手のひらでじっくりと温めると、バターのようにすぐにとろけてオイル状になります。乾燥の気になるところを中心に顔全体に伸ばしてください。バームを手で温めず顔の上に直接乗せる方もいるようですが、溶かす際にこすって摩擦を与えないように気をつけてくださいね。

    何事もやりすぎは禁物。使用時の注意点

    油分の多いバームはつけすぎるとベタベタしてしまうこともあります。
    さらに毛穴が詰まってしまい、吹き出物の原因になってしまうことも。夏場なら薄くつけるだけでもしっかり保湿してくれますので、様子を見ながら量を調整してください。

    また、朝の洗顔は水のみで済ます方もいらっしゃるかと思いますが、バームの油分をしっかり落としきれていないとその後の化粧水が浸透しにくくなってしまいます。また、残った油分が酸化してしまうので注意が必要です。夜に補給した油分は朝になったらしっかり落とし、そしてまたしっかり保湿をすることを心がけてください。

    化粧直しに、寝る前に…バームはこんな使い方も

    朝はきれいだったはずの化粧も夕方には全体的にどんより…そんな経験が一度はあるのではないでしょうか。バームなら、乾燥した肌に薄くぽんぽんとスタンプを押すように塗って保湿したり、綿棒に少し取ってにじんだアイシャドウをオフしたりと、お化粧直しもお手の物です。

    また、寝る前にナイトクリームとして使うこともできます。乾燥が気になる目元、口元にたっぷりめに塗って寝るだけ。朝起きて洗顔すれば、しっとりとした肌が実感できますよ。少量で伸びるので、手に残った分はそのままハンドケアとして手をマッサージすれば、さらに快眠が期待できるかもしれません。

    バームは手作りもできます

    バームって作れるの?と驚いた方もいるのではないでしょうか。用意する材料はざっくりいうとミツロウ(ビーズワックスとも)、好みの植物オイル、好みのエッセンシャルオイル。
    どれもネット通販やオーガニックコスメ関係のショップで手に入れることができます。
    特にミツロウは優れた保湿成分で知られ、肌を柔らかくする効果があります。そのまま食べても大丈夫なほど安全性が高いのも安心ですが、おいしくはないので食べないようにしてくださいね!

    植物オイルとエッセンシャルオイル

    植物オイルとエッセンシャルオイルは種類が多く、初心者の方にはなかなか選ぶ基準がわからない方もいらっしゃるかもしれません。
    そんな方でも耳なじみのある植物オイルとエッセンシャルをご紹介します。

    代表的な植物オイル
    • ホホバオイル…人の皮脂成分に近く、アレルギーを起こしづらい
    • アボカドオイル…不飽和脂肪酸に富む
    • グレープシールドオイル…ビタミンを多く含み、人への刺激が少ない
    • オリーブオイル…オレイン酸を多く含み、変質しにくい
    代表的なエッセンシャルオイル
    • ラベンダー…安眠効果、抗炎症作用
    • ローズマリー…アンチエイジング効果
    • オレンジスイート…リフレッシュ効果、血行促進
    • グレープフルーツ…ダイエット効果、余分な水分の輩出

    このように種類によってそれぞれ特徴があります。植物オイルは変質しづらく初心者にも扱いやすいホホバオイルやオリーブオイルがおすすめです。
    エッセンシャルオイルについては、種類が数百にも及びますので、まずは好きな香りから選択肢を狭めていくのがいいかもしれません。香りから選ぶか、効能で選ぶかを考えるのも楽しそうですね。これらの効用は、市販品を選びの際のポイントにもなるのでぜひ参考にしてください。

    バームの作り方

    ミツロウと植物オイルを混ぜます。ミツロウが多いほど仕上がりは固めに、植物オイルが多いほどゆるめになります。
    エッセンシャルオイル以外の材料を全て耐熱容器に入れ、溶けるまで湯煎します。
    溶けたら湯煎を外し、エッセンシャルオイルを数滴加えます。エッセンシャルオイルは熱に弱いため、少し時間をおいて粗熱をとるのもポイントです。
    素材から選べるので安全に気を使ったバームが作れますが、やっぱり自分で作るのは大変ですよね。市販の商品の中には100%オーガニックにこだわった商品もあります。
    始めてバームを使う方には市販のバームがおすすめです。

    肌荒れ対策以外にも効果あり!悩み別おすすめバーム14選

    手作りバームも紹介しましたが、優秀な市販のバームがたくさんあるので、まずはそれで試してみてはいかがでしょうか。個人ではなかなか手に入れられない特別な成分のものもたくさんあります。また、効用も多種多様なので、悩みに合わせてバームを選ぶこともできます。おすすめのバームをご紹介します。

    開き、黒ずみ、たるみ…毛穴の悩みにおすすめのバーム

    毛穴の悩みと一口にいっても、黒ずみ・開き・ブツブツなどその悩みは人それぞれです。ただ毛穴の悩み全般にいえるのは、しっかり保湿をすることが何より大切だということ。保湿はバームの得意分野です。下記のおすすめバームで、至近距離でもきれいな肌を目指しましょう。

    しっかり化粧を落とし、毛穴の黒ずみを抑える「D.U.O ザ クレンジングバーム クリア」

    独自技術「毛穴クリアカプセル」を採用したクレンジングバームです。カプセルには31種類の美容成分と洗浄成分が含まれており、お肌になじむと同時に微粒子化します。2つの成分がメイクや毛穴汚れを落とすと同時に毛穴汚れもすっきりと落としてくれます。
    洗いあがりがさっぱりなのに潤うのはバームならでは。フレッシュなグレープフルーツ精油の香りでさわやかな気分になれます。

    商品名
    ザ クレンジングバーム クリア
    ブランド
    D.U.O.
    金額
    3,600円(税別)

    毛穴の悩み全般に専用のバーム!「イプサ ポアスキンケアステップス」

    角栓のできる根本原因を研究し、「取り除く」だけではなく「つくらない」ことに着目して開発された毛穴専用のバームとローションのセットです。
    角栓溶解オイルとトリートメントオイルを内包したバームが角栓をジュワッと溶かし、ローションが角層の重層化を防ぎ新たな角栓をできにくくします。使い始めの2週間以降は週1~2回の使用でいいのも嬉しい特徴です。

    商品名
    ポアスキンケアステップス
    ブランド
    イプサ
    金額
    4,500円(税別)

    コスメクリップでは、以前もクレンジングバームについての記事をご紹介しています。

    クレンジングバームについての記事は、コチラ↓

    秋冬だけじゃない!乾燥肌におすすめのバーム

    乾燥対策は秋冬のスキンケアのイメージが強いですが、肌は夏でも意外と乾燥しているもの。汗で肌はベタベタするのになぜか突っ張っている…という状況に心当たりはありませんか?乾燥すると皮膚の角層バリアは弱くなってしまい、外的刺激を受けやすくなってしまいます。乾燥に対するケアは一年中するのが正解といえます。

    プチプラだけどセラミド高配合!「ケアセラ 高保湿スキンバーム」

    スーパーソフトワセリン、天然型マルチセラミドなどのうるおい成分を配合したバームです。特に天然型マルチセラミドは人の肌と親和性の高いヒト型セラミドをミックスした原料で、乾燥肌に不足したセラミドを補うことができます。
    顔だけでなく、手指など乾燥が気になるところに使え、伸びがよくべたつきにくいのも、日ごろのケアに嬉しいポイントです。

    商品名
    ケアセラ 高保湿スキンバーム
    ブランド
    ロート製薬
    金額
    オープン価格

    ミツロウ、シア脂、カカオ脂の保湿成分たっぷり「ベキュア ハニー ワンダーハニー 濃密マルシェのクリームバーム」

    角質層のバリア効果が高いミツロウ、シアバター、カカオバターを配合したバーム。テクスチャーは濃厚ですが手のひらで温めることでよく伸びます。
    たっぷり塗ることでかかとなどの乾燥のひどい部分も保湿してくれるほか、メイク前に顔に薄く塗ればべたつかずに肌をしっとりと保ってくれます。
    パッケージが可愛いので、使う度に心が躍ります。

    商品名
    ワンダーハニー 濃密マルシェのクリームバーム
    ブランド
    ベキュアハニー
    金額
    1,500円(税別)

    やっぱり憧れる色白肌!美白におすすめのバーム

    美白は女性の永遠の課題です。今や紫外線は一年中対策をすることが常識になりつつあります。それでも紫外線の少なくなる秋冬などは、つい油断して「うっかり焼け」なんてことも。シミ・シワができてから後悔しないためにも、日ごろのスキンケアの中で美白もできるバームを紹介します。

    シアバターが紫外線B波を遮断してうっかり日焼けを防ぐ「ロクシタン シアバター」

    西アフリカのシアの木の実からとれたシアバター100%のバームです。シアバターは現地では万能薬とされ、傷薬やヘアケアとしても使われます。
    もうひとつ見逃せないのが、日焼け止めとしての使われ方。紫外線にはシワやたるみの原因になる紫外線A波とシミ・そばかすの原因になる紫外線B波の2つがあり、シアバターはこのうちB波のカットに効果があるとされます。とはいえ、A波は防げません。日中や紫外線の強い季節は、しっかりと日焼け止めを使うようにしましょうね。
    またロクシタンは女性に人気のブランドなので、プレゼントにもぴったり。生後4週の赤ちゃんにも使える優しさもポイントです。

    商品名
    シアバター
    ブランド
    ロクシタン
    金額
    1,200円(税別)

    シミにはスティック型で美容液を直塗りできる「ゼトックスタイル スティックバーム」シリーズが効果的

    気になるシミに直接美容液を塗りこめる、スティックタイプのバームです。
    シミが気になるならビタミンC・肌荒れならプラセンタ・乾燥やシワにはヒアルロンなど悩みによって成分を選べるのも大きな特長。もちろん組み合わせてもOKです。日中気になったときに使うのも、ナイトケアとして使うのもおすすめ。つやつやの美肌を目指せます。

    商品名
    ゼトックスタイル スティックバーム
    ブランド
    日本ゼトック
    金額
    1,885円(税別)
    備考
    ※商品は販売されているようですが、オフィシャルページに掲載がありません

    ひとつできるとテンションがた落ち!ニキビ・吹き出物におすすめのバーム

    大人になってからできるニキビは、思春期のころとは違い同じ個所に繰り返しできてしまうもの。ストレスや花粉などの外的環境も原因の一つですが、古くなった角質が取りきれていないことも原因の一つです。肌の汚れをしっかり落として、しっかり保湿する、基本的なスキンケアを大切にしましょう。

    クレンジング&洗顔できる「セルフューチャー 洗顔バーム」

    体温でとろりととろけるバームの利点を生かし、ウォータープルーフのメイクも一度でさっぱりと落とし切ります。ホホバ種子オイルなどの植物由来成分の洗浄成分で肌に優しいうえ、コラーゲンやプラセンタなどの美容成分も豊富に配合しています。
    クレンジングだけでなく朝の洗顔にも使えます。

    商品名
    セルフューチャー 洗顔バーム
    ブランド
    アプロス
    金額
    2,381円(税別)

    花粉やPM2.5から肌を守り、炎症を防ぐ「TSUDA SETSUKO スキンバリアバーム」

    バリアバームという言葉にふさわしく、肌にバリアを一膜をつくるように使えるのがこのスキンバリアバームです。PM2.5や花粉、黄砂など、私たちは外に出るだけで刺激にさらされることになります。こうした有害物質は毛穴から肌に侵入して炎症を引き起こす原因になりますが、スキンバリアバームはその侵入を防ぎ炎症を予防します。
    化粧下地として使うとメイク成分や日焼け止めが直接肌に触れるのを防ぎ、さらに皮脂を吸着して化粧落ちを軽減してくれます。

    商品名
    TSUDA SETSUKO スキンバリアバーム
    ブランド
    ドクター津田コスメラボ
    金額
    5,400円(税別)

    すぐに肌が揺らいじゃう…敏感肌の方におすすめのバーム

    敏感肌とはこういう症状、という明確な定義があるわけではありません。でも、洗顔後になんだかチクチクしたり、化粧をすると顔がひりひりしたり……。そんなときにはぜひお肌に優しい成分で作られた化粧品を使ってみてください。天然成分でできた低刺激のバームは、敏感肌の方にも使いやすいバームです。

    あのd プログラムだから安心「d プログラム バームQQ」

    デリケート肌を考えたコスメブランド、d プログラムからもバームが出ています。持ち運びにも便利なサイズで、QQ(救急)の名の通り、秋冬に乾燥が気になる目の下や花粉の時期荒れがちな鼻の下など…目立つ肌荒れにさっと使うのにも向いています。
    パラベンフリー、鉱物油フリー、無香料、無着色とお肌への優しさにこだわっています。

    商品名
    d プログラム バーム
    ブランド
    資生堂インターナショナル
    金額
    1,600円(税別)

    100%天然成分なのに、フレグランスが選べる「ドクターブロナー オーガニックバーム」

    アボカドオイル、ヘンプオイルをはじめ美容成分豊富な保湿成分を配合しています。バームの中ではゆるめのテクスチャーで、扱いやすいのも利点のひとつ。顔はもちろん、乾燥の気になるひじ・ひざやヘア、ネイルなど全身に使えます。植物由来の香料はラベンダーやローズ、シトラスオレンジなどさまざまな種類があり、練り香水としても使えます。もちろん、無香料もあります。

    商品名
    ドクターブロナー オーガニックバーム
    ブランド
    サハラ・インターナショナルグループ
    金額
    900円(税別)

    忙しい方におすすめのさっと使える機能的なバーム

    女性は何かと忙しいもの。仕事で毎日時間に追われる方や、お子さんのお世話で大変な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    時間がないとスキンケアはおろそかになりがち。でも、日ごろ一生懸命頑張っていればいるほどキレイから遠ざかっていくなんて悲しいことではありませんか?
    そんな女性のために、さっとつかえる機能的なバームをご紹介します。上手に手を抜いて、キレイを手に入れてください。

    化粧を時短!ひとつ2役の「MiMC エッセンスハーブバームクリーム」

    肌なじみのいいクリームと、バームのバリア力をいいとこ取りした商品です。
    朝晩の保湿にも使えますし、薄く塗ることで化粧下地としても使えます。朝のスキンケアの仕上げに塗ったらそのままファンデーションが塗れるんです!
    ただでさえ朝の忙しい時間帯に時短ができるありがたいバームです。朝塗れば夜までしっとり、乾燥を防いでくれます。

    商品名
    エッセンスハーブバームクリーム
    ブランド
    MiMC
    金額
    3,800円(税別)

    保湿用のバームについては、以前の記事でもご紹介しています。↓

    持ち運びに便利な「ジュリーク ラブバーム ローズ」

    夏の職場、冷房が強く効きすぎていることってありますよね。冷房は冷えの原因にもなりますが、肌の大敵、乾燥を引き起こして化粧崩れの一因になるのも困りもの。
    このラブバームは手のひらに収まるサイズなのでバッグに入れておいても邪魔にならず、化粧崩れが気になったときにさっと取り出して使うことができます。
    バームのような固いテクスチャーのものを化粧直しに使うとヨレそうというイメージがあるかもしれませんが、指の先で温めれば伸びがよく、また油分も豊富ですので化粧直しに向いています。クリームより保湿効果があるので、乾燥がひどいときには特におすすめです。

    商品名
    ジュリーク ラブバーム ローズ
    ブランド
    ジュリーク
    金額
    1,900円(税別)

    何歳になってもきれいでいたい!エイジングケアにおすすめのバーム

    肌の乾燥は年齢を重ねるにつれて気になってくるシワやたるみの原因のひとつ。、乾燥対策はエイジングケアの基本ですし、さらにエイジングケア成分配合のバームならなおさら効果が期待できます。
    いくつになったって若々しく見られるためには、何より日ごろのケアから。エイジングケアができるおすすめバームを紹介します。

    エイジングケア成分贅沢配合!「ビュール クレンジングバーム ハニー×オレンジ」

    クレンジングと洗顔は日ごろ誰もが行っているスキンケアよね。しかし洗いすぎは乾燥をもたらして乾燥小じわの原因になり、十分に洗えていないとメイクが残ってくすみの原因になってしまうんです。しっかりとメイクや汚れを落としながらも潤うクレンジング剤を選ぶということはとても大切。
    ビュールクレンジングバームは天然由来のコーン油とホホバ油でメイク落としも叶えながら、発酵ローズはちみつやローヤルゼリー、ミツロウなどの美容・保湿成分でエステ帰りのようなしっとりとした洗いあがり。さらに幹細胞エキスやフラーレンといった最新のエイジングケア成分が配合されています。日ごろのスキンケアでエイジングケアもできるバームです。

    商品名
    ビュール クレンジングバーム
    ブランド
    ルネール
    金額
    3,200円(税別)

    リフトアップに特化したスティック型の「サーメージ リフティングスティックバーム」

    断面がかっさの形をしたスティック型バームです。バームは美容成分が67種類も入っており、肌の上を滑らせると体温で溶けて肌に浸透しながら膜を形成。バームが乾くことで形状をキープします。
    リフトアップクリームはよく見かけますが、この商品はバームなので水分をしっかり閉じ込めてくれます。

    商品名
    サーメージ リフティングスティックバーム
    ブランド
    素数
    金額
    9,800円(税別)

    バームの基礎知識とおすすめの商品をご紹介しました。

    肌の上で固形から液体に変化する独特の使用感とその高い保湿性からバームを愛用している方は多く、日々新しい商品が世の中に出てきています。さまざまな商品があるけど、自分の肌の悩みにはどれを選べばいいかわからないという方の一助になれば幸いです。
    バーム初心者で試してみたいという方は、まずはヘアやリップなど全身に使えるマルチバームから入ってみてもいいかもしれません。

    2018.09.11