cosmeclipは2020/11/30(月)を持ちましてサイト内の記事更新が終了となります。詳細はこちらをご確認ください。

2020.01.05

美容家評価No.1!ちふれの美容液が保湿もコスパもすごすぎる

さとみ
ライター:
さとみ
美容液ってなんであんなに高いんですかね。小さいボトルでも1万円なんてざら。色々試すにも普段使いするにも躊躇してしまうけど使わずにはいられない、そんな美容液沼から長年抜け出せずにいたワタクシ、ついに運命の1本に出会いました。

そもそも美容液の役割とは?

一般的なスキンケアは

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

といった手順で行なっている人が多いと思います。

1と3はほとんどの方が使用していると思いますが、2と4、こと2の美容液に関しては、ぶっちゃけどんな効果が期待できるのかわからない、という方も多いのではないかと思います。私もあまり分からないまま、とりあえず使ってました。

美容液とは、ズバリ保湿や美白などの美容成分を多く配合したスキンケアアイテムのこと。

化粧水で補いきれない美容成分を美容液でプラスする、というイメージですね。

美容液に配合される美容成分は、種類や量に規定はないので、エイジングケアに特化したもの、美白に特化したものなど、様々な種類の美容液があるわけです。この種類の多さのため、自分に合うものが分からず美容液沼にはまっていくという方式。

美容液は肌悩みや目的に合わせて

美容液に含まれている美容成分が違うということは、期待できる効果も違ってくるということ。

なので美容液を選ぶ際は、自分の肌悩みに合うものを選ぶことがポイント。

例えば「乾燥で肌がカサカサする」「シミ、しわが気になる」など。

化粧水では補えない、肌悩みの目的に合わせたスキンケアをするためのアイテムが美容液というわけです。

ちふれの美容液と出会ったきっかけ

ぶっちゃけ美容液は高いものだと思っていて、DiorとかCLARINSとかの1万円くらいするやつを使っていたんですよ。

あとニキビ跡にはメラノCC。メラノCCはコスパもよく、個人差はあると思いますがニキビ跡のケアに効果が期待できます。私には効果的だったので過去記事を置いておきます。

美容液にそれなりの課金をしつつ、特にめちゃくちゃ良いとも思わず、でも美容液は使うものだと思っていたので適当に使っていたんです。

で、迎えた2019年冬。乾燥すっごいの

正直これまで乾燥が気になったことがあまりなかったんですね。
三十路になったせいかしら、とにかく今年はすごく乾燥で肌がカサカサ、化粧ノリの悪さに困ってました。

そういう時にヘルプするのが美容に詳しいお友達。
お肌プルプル子ちゃんなので「スキンケア情報ください」というと、無言でちふれの美容液のスクリーンショットが送られてきました。

曰く、「1万円以上する美容液使ってたけど評価1位だったから買ってみたらマジで良い。今までの課金の意味…」とのこと。

ちふれの美容液、美容家の評価1位はノンアルコールタイプ

早速ご紹介しますと、こちらの美容液です。

ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ

ちふれ
ちふれ
商品名
美容液 ノンアルコールタイプ
ブランド
ちふれ
内容量
45ml
価格
600円(税抜)

やっす。え、やっす。なにこれ美容液ってこんな値段で買えるの?詰め替え用は500円(税抜)ってマジかよ地球に優しい。

気になったのは「トレハロース配合」という文言。トレハロースなんぞや、というと、一言でいうと「」です。いやいや、糖がなんでスキンケアに?と思いますよね。このトレハロース、普通の糖ではないんです。

トレハロースはきのこ類や酵母などに含まれている自然界に存在する糖

クマムシ、ワムシなどの微小動物やイワヒバなどの植物の生体内にトレハロースが存在しており、砂漠などの厳しい環境の中で生き続けられるのは、トレハロースのおかげなのだとか。細胞内にある糖が水に代わって細胞を守る働きをしているなどといわれているんですね。

参考:TREHA®web

ヒアルロン酸でうるおいを蓄え、トレハロースでうるおいを守る。この「ダブルの保湿力」がちふれ美容液のすごいところ。

ちふれ美容液は美容家の評価でもNo.1!

口コミでも人気は高いと知っていましたが、結局コスパだろうな、と思っていたわけですけれども(コスパめっちゃ大事だけどね)、実は美容の専門家からの評価もかなり高いのです!

アルビオンやジバンシィ、アユーラやランコムといった、人気で高級な美容液を抑えて第1位に輝くほど。

このランキング、@cosme、Amazon、楽天などで売れ筋上位の保湿美容液を全て集め、肌育成スペシャリスト監修のもとで「保湿力」「使用感」を徹底検証して作られたランキングなんですね。 

参考:【徹底比較】保湿美容液のおすすめ人気ランキング26選

とにかく保湿力のすごさと、加えてノンアルコールなので敏感肌にも優しく使える有能さ。コスパも含め圧倒的強さです。

ちふれの美容液を実際に使ってみた

まず驚くのはテクスチャー。「とろとろ」だけど「ベタベタ」しない

とろみのあるテクスチャーで、2滴くらいで顔全体に伸ばせます。

ベタつくことは全くなく、塗った瞬間肌がぷるんとなります。

塗った後に手のひらで「入れ〜!」とパッキングみたいに顔を包み込むのですが、化粧水だけじゃ絶対になり得ないプルプル感。

問題はこの後ですよ。朝起きたら乾燥して顔がつっぱてる感覚があったんです。

なんなら日中もそう。つっぱり出したらミストで肌に水分補給。面倒だし朝のつっぱり感の不快感といったら…。

これがですね、全くなくなった

朝起きても全然つっぱらない。化粧ノリもめっちゃ改善されます、ファンデーション浮かない。

夕方になっても乾燥気になりません。

これ本当に600円?今まで0が1個多いの使ってても乾燥が気になったのに?と悲しいやら嬉しいやらでした…。

気軽に使える乾燥対策

そんなこんなで安いし気軽に試せるから、とちふれの美容液の布教活動をしているわけですが、他にも種類があります。

美白美容液 VC
美白&肌あれ防止成分配合の美容液。
美白美容液 W
ダブル美白成分配合美容液。
濃厚 美容液
乾燥による小ジワを目立たなくする、エイジングケア美容液。

小さいボトルだから帰省や旅行先にも持って行きやすいのも嬉しいポイント。

自分の肌悩みに合わせて、ぜひ一度試してみてくださいね。

個人的にはまずベーシックなやつを使ってほしいです。600円で乾燥とバイバイ!この感動プライスレス。

(文:さとみ/編:コスメクリップ編集部)

2020.01.05

さとみ
この記事を書いた人
フリーライター さとみ

音楽とコーヒーと、ときどきお酒を偏愛する国産89年製。
隠しきれない低めの女子力と横着さが、たまに記事にも顔を出します。
必須コスメはリップとコンシーラー。