2020.04.28

感動級の使用感でやみつきに!プロ愛用の高級クレンジング特集

古賀令奈
ライター:
古賀令奈
スキンケアのなかで重視したいのが、クレンジング。肌のコンディションを大きく左右するため、筆者がとくにお金をかけるアイテムのひとつです。やはり、高級なクレンジングは使用感も素晴らしく、一度使うとやみつきに。感動級の使い心地を楽しめる高級クレンジングをご紹介します。

ヴェールで包まれたような柔肌仕上げの上質バーム

ディオールの最高級エイジングケアライン「プレステージ」のクレンジングは、なんと1万円超え

「ル バーム デマキヤント」150ml(税抜10,500円)は、ローズワックス配合でメイクをしっかり落としながらも、驚くほどなめらかな肌に整えてくれるクレンジングバームです。

商品名
プレステージ ル バーム デマキヤント
ブランド
Dior(ディオール)

プレステージラインで使われているのは、ディオールで初めてスキンケア製品のために作られたバラ、グランヴィル ローズ。海辺の潮風が吹きつける過酷な環境で咲く野生のバラを7世代にわたって交配させ、バラに秘められた再生力を高めて生まれたバラです。

そして、15年の研究を経て、グランヴィル ローズの正体を明らかに。他の品種にないこのバラだけがもつ8つの分子を特定し、最先端の技術で希少な有用成分をスキンケア製品に取り入れることに成功しました。

めくるめくテクスチャーの変化で“落とす喜び”を実感

「ル バーム デマキヤント」はやわらかめのクレンジングバーム。肌になじませるとオイル状に変化してメイクや汚れを溶かし出して落とします。

肌になじんだら水を軽く与えて乳化させると、なめらかなミルク状に変化。水で洗い流すと、やわらかくしなやかな肌に整います。

20-40代女性 ディオール クレンジング ル バーム デマキヤント 使用中

その感覚は、まるで美容成分でつくられたヴェールをまとったようにしっとりなめらか。ずっと触っていたくなるような心地よい感触が楽しめます。

便利なのに使用感も肌も満足!手放せない優秀バーム

筆者がデイリー使いしているクレンジングがこちら。

利便性にも使用感にも優れたイヴ・サンローランの「トップ シークレット クレンジング バーム」125ml(税抜5,800円)です。

シアバター、オリーブオイル、ケルプエキスの3種の美容成分を配合し、もっちりとやわかかな肌へと導きます。

商品名
トップ シークレット クレンジング バーム
ブランド
YSL(イヴ・サンローラン)

メルティテクスチャーでしっかりオフ、W洗顔も不要

こちらもバーム状で、テクスチャーが変化するタイプのクレンジング。最初は固めのテクスチャーなのですが、肌にのせるとほどけるようにバームからシルキーなオイルに変化。

20-40代女性 イブサンローラン トップ シークレット クレンジング バーム 使用中

その素早くなめらかなとろけ方に、うっとりと惚れ込みました。

さらに注目したいのが、ウォータープルーフのマスカラまでするりと落としてくれる洗浄力。ポイントメイクリムーバーを使う余裕がないときはとくに助かります。

しかも、W洗顔不要というから、時短クレンジングとして大活躍。これだけ利便性に優れているにもかかわらず、うるおいをきちんと残して洗い上げてくれるから、乾燥肌の筆者が手放せないアイテムとなっています。

贅沢スキンケア後のような肌へ導くクレンジングクリーム

最後にご紹介したいのが、筆者にクレンジングの底力を教えてくれたヴァルモンの「ワンダー フォールス」200ml(税抜16,500円)です。

ヴァルモンは、アルプス由来の成分と先端的科学知識でハイクオリティな製品を開発するブランド。セルラー治療のコンセプトに基づき「エイジングケアに対する特性をもつDNAとRNA」を突き止め、そのパワーを製品に生かしています。

商品名
ワンダー フォールス
ブランド
VALMONT(ヴァルモン)

自分の肌に惚れ惚れする洗い上がり

その優れた技術が投入されたクレンジングクリームは、まさに感動の一言。リッチで濃厚なクリームで肌をやさしくマッサージすると、なめらかなオイル状に変わり、メイクや汚れを落とします。

20-40代女性 ワンダー フォールス クレンジング 使用中

洗い上がりの肌は、不要なものをすっきりと落としながら、まるでラグジュアリーなスキンケア製品でお手入れした後のような贅沢感。やわらかくふかふかとした手触り、明るく澄み渡るような透明感(※)は、自分の肌に惚れ惚れとしてしまうほどです。

コスメクリップおすすめのクレンジングなら・・・コチラも↓

※洗顔料により汚れを落とした印象

クレンジングを見直すきっかけに

今回は筆者の愛用しているクレンジングのなかでも、使用感が素晴らしく高級なものばかりを集めました。もちろん、肌のコンディションがよければそれがベストなので、決して高級なものを使う必要はありません。

クリームをたっぷり塗っても乾燥する、ごわつきや毛穴の黒ずみに悩むなど、なかなか解決しない肌トラブルがある場合は、クレンジングに原因が潜んでいることも

落とすものを変えることで肌の調子が整う可能性があるので、クレンジングを見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

(文:古賀令奈/編:コスメクリップ編集部)

2020.04.28

古賀令奈
この記事を書いた人
美容ライター/コスメコンシェルジュ 古賀令奈

コスメをこよなく愛する美容ライター。有名女性向けメディアや企業の公式サイトなどで美容記事を多数執筆。コスメ選びのプロフェッショナルとして、みなさまのお悩みやご要望にあわせたコスメ情報をお届けします。