2019.12.07

W洗顔不要&まつエクOK!ブースターセラムナノクレンジングゲル紹介

sayuki
ライター:
sayuki
時間がないときや疲れているときには、W洗顔不要タイプのクレンジングが便利ですよね。そこで今回はW洗顔不要・濡れた手OK・まつエクOKの「ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌タイプ」をご紹介します。使い勝手の良い優秀なクレンジングなんですよ!

低刺激&時短につながるおすすめクレンジングゲル

シンデレラタイム「ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌タイプ」は、パラベン・アルコール・着色料・合成香料・石油系界面活性剤・鉱物油・紫外線吸収剤が不使用の無添加処方アイテムです。そのため刺激を感じにくく、お肌がデリケートでも使いやすいです。

アルコールフリータイプなので、もちろんまつエクを付けているときでも使用OKです!

さらにW洗顔不要な上に濡れた状態の手でも使えるので、お風呂でぱぱっとメイクオフができちゃいます。

帰宅して疲れているときに「メイク落としもして洗顔もして……」と色々しなければいけないと正直面倒ですが、1本でメイクオフから洗顔まで完了させられるアイテムなら手早く使えるので気持ち的にも楽ですよね。

容器はこんな感じでポンプタイプになっています。クレンジングにもポンプタイプのものやチューブタイプのもの、ジャー入りのものなど色々ありますが、やっぱりポンプタイプのものが使い勝手が良いと感じます。

気になるクレンジング力と洗い上がりは?

気になるクレンジング力ですが、ファンデーションなどのベースメイクやチーク・アイシャドウといったポイントメイクは問題なく落ちます

ただし敏感肌向けの低刺激なクレンジングなので、ウオータープルーフのマスカラなど落ちにくいアイテムは、正直「ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌タイプ」だけで落としきるのは難しいです。

なのでウォータープルーフマスカラやリップティントなどの落ちにくいコスメを使った日は、先にポイントリームーバーでオフしておいてから、このクレンジングを使うことをおすすめします。

そして使用感ですが、美容液成分が配合されているだけあって、洗い上がりはしっとりしています。ですがベタつきやぬるつきなどは気にならなかったので、W洗顔しなくても全然問題ない感じですよ。

テクスチャはジェルとリキッドの中間くらいで馴染みやすい

クレンジングのテクスチャや使用感は、かなり重要なポイントですよね。シンデレラタイム「ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌タイプ」は、ジェルとリキッドの中間くらいの、ややゆるめのテクスチャです。

クレンジングゲル」という名前なのでもっとぷるぷるした質感なのかと思うかもしれませんが、意外とそうでもないんですよ。

ちょっと分かりにくくて申し訳ないんですが、こちらはクリアファイルの上に中身を出してみたところです。色はほぼクリアですね。

ゆるめのテクスチャなので、手に取ってから顔に乗せるとスムーズに顔全体に広げることができます。なめらかな質感で、強い力を入れなくてもメイクと馴染ませられるところも使いやすいですよ。

肌質に合わせて選べる全3種類

シンデレラタイム「ブースターセラム ナノクレンジングゲル」は、敏感肌タイプの他に、高保湿タイプとニキビ肌タイプもあるんです。なので肌質に合わせて選ぶことができるんですよ。

また「季節の変わり目でお肌がデリケートな状態になっているから、今日は敏感肌タイプを使おう」「最近ニキビができやすいので、ニキビ肌タイプを使おう」といったように、その時々のお肌の状態によって使い分けるのもおすすめです!

まとめ

ご紹介したシンデレラタイム「ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌タイプ」は、扱いやすくて普段使いにぴったり。使い勝手の良い低刺激タイプのクレンジングをお探しの方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

(文:sayuki/編:コスメクリップ編集部)

2019.12.07

sayuki
この記事を書いた人
美容系フリーライター sayuki

コスメと読書が好きな90年生まれフリーライター。ネイルはセルフ派。プチプラネイルを色々試すのが好きです。