2019.10.11

オーガニック素材の万能オイルで潤い肌へ!チャントアチャームのディープ モイスト オイル

りこ
ライター:
りこ
秋から冬にかけて、顔はもちろん、体や髪など全身の乾燥が気になってきます。
特に季節の変わり目はいつもより肌が敏感になることも…。
普段のスキンケアは変えずに保湿力をアップさせたい!
そんな願いを叶えてくれる、話題の”オイル美容”を試してみました。

オイル美容とは?

文字通り、オイルを使ったスキンケア法のことです。

皮膚は水分と皮脂が混じり合って皮脂膜をつくっています。水分ばかりを補っても、油分が不足するとうまく皮脂膜ができず、乾燥など肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

オイルを補うことで外部からのダメージや水分の蒸発を防ぎ、肌を柔らかくしたり、スキンケアの浸透を高めてくれるなどたくさんメリットがあります。

今回選んだオイルは100%自然成分にこだわっているスキンケアシリーズ

チャントアチャーム ディープ モイスト オイル

4種の植物オイルと濃密な天然エッセンス
Wの層でしっとり、もっちりやわらか肌に導くプレミアムケアオイル

引用元:チャントアチャーム公式サイト

メインは顔の保湿ですが、髪や体全身に使用できます。

ビューティーサイトMAQUIA ONLINE口コミ月間ランキング第1位を獲得した優秀なアイテムだそうです。期待して使ってみました。

すりガラスのようなシンプルな小瓶に入ってます。植物オイルと天然保湿エッセンスがくっきり2層に分かれているので、まずよく振ってから使用しましょう

混ざると薄いオレンジ色になります。

香りは、柑橘系のエッセンシャルオイルのような香りです。優しくほんのり香るので、夜に使うとリラックスできそう!

公式の使い方は以下の通りです。

洗顔後、2~3摘を顔になじませ、その後化粧水をご使用ください。
スキンケアの最後にクリームや美容液の代わりとしてもお使いいただけます。
引用元:チャントアチャーム公式サイト

洗顔後、2~3摘を顔になじませ、その後化粧水をご使用ください。

スキンケアの最後にクリームや美容液の代わりとしてもお使いいただけます。

少しとろみがあるテクスチャーです。

ボトルの穴は小さめで極少量ずつしか出てきません。

2.3滴ほどの少量で十分伸びます。

「化粧水前」の導入オイルとして使いました。

チャントアチャーム ディープ モイスト オイル 使用中

ん…化粧水の入り方が全然違います!!! スーッと入り潤います。肌にベールがかかったような仕上がりです。

指先で軽くマッサージするように浸透させると、血行がよくなり肌が柔らかくなりました。

試しに「化粧水後」にこちらのオイルをつけてみました。

化粧水で潤った肌をバリアする感じがしましたが、少々ベタつきが気になるかもしれません。

個人的には、化粧水前の導入オイルとして使った方がオススメです!

お風呂あがりに全身の保湿として使ってみました

オイル独特のベタつきはなくさらっとしていて、すぐに浸透しました。

特別にケアしたい日は、オイルマッサージなどをしてもいいと思います。

髪にはドライヤーをかける前になじませ乾かしました。

これだけでもまとまりがよくなりましたが、時間に余裕がある日は、スペシャルケアもオススメです!

タオルドライした髪に数滴オイルをつけ10分くらいタオルで巻いておきます。そうすることによってオイルの保湿成分が髪の毛の奥まで浸透し、水分の蒸発を防いでくれるそうです。

その後、いつも通りドライヤーで乾かします。このオイル1本で全身ケアできるのはコスパも良くて嬉しいですね。

チャントアチャームのディープ モイスト オイルは成分にもこだわっています。

石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、シリコン不使用

無農薬ハーブ
自社農場で育てた無農薬ハーブエキスを使用。
北アルプス温泉水
角質層のイオン組成に似た温泉水を採取。肌馴染みがよく、足りない水分をすぐに補給しうるおいをすみずみへ届けます。
天然アミノ酸
肌の持つNMFときわめて近く、特に保水力に優れた植物由来のアミノ酸を採用。

毎日使うスキンケア商品は、ナチュラルな素材だと安心ですね。

乾燥の季節。

さらっとしたテクスチャーなので、スキンケアに初め
てオイルを取り入れる方にもオススメです。毎日気軽に使えるオイル!ぜひお試しください。

あわせてよみたい

(文:りこ/編:コスメクリップ編集部)

2019.10.11

りこ
この記事を書いた人
主婦 りこ

流行に敏感な子育て中のママ。
コスメショップ巡りが大好き!
自分にあったスキンケアを探し中!