2019.01.30

【第一弾】無印良品の人気クレンジング特集!マイルドオイルクレンジングVSマイルドジェルクレンジング

岸田茉麻
ライター:
岸田茉麻
みなさんこんにちは!コスメコンシェルジュ・美容ライターの岸田茉麻です。大手サイトでもクチコミ件数が高い無印良品のクレンジング。さて、ここで問題です。店頭にズラーッと並んでいるクレンジング、みなさんは何種類あると思いますか?調べてみたところ、無印良品には全10種類(※サイズ違いを除く)のクレンジングがあるんです!コスメブランドの中でも、これほど多くのクレンジングを揃えているブランドはあまりありませんよね^^

しかし、種類が多すぎてどれが自分に合うクレンジングなのかわからない…という人も多いのではないでしょうか。そこで、今回から全2回にわたり「無印良品クレンジング特集」をお届けします!無印良品の中でも注目度の高いクレンジングを2つずつセレクト。クレンジング力や質感の違いなどを比較検証いたします♪第一弾は「マイルドオイルクレンジング」と「マイルドジェルクレンジング」です!

2つのクレンジング力を徹底比較!よく落ちるのはどっち!?

さっそくですが、マイルドオイルクレンジングとマイルドジェルクレンジングのクレンジング力や質感の違いについてレポートしていきます!

エントリーNo.1 マイルドオイルクレンジング!

続くエントリーNo.2 マイルドジェルクレンジング!

一般的にオイルクレンジングのほうが高い洗浄力でさっぱりとした洗い上がり、ジェルクレンジングの方がマイルドな洗浄力でしっとりとした洗い上がりが特徴……なのですが、こればかりは実際に試してみなければわかりません!早速試してみましょうー^^

マイルドオイルクレンジング

マイルドジェルクレンジング

まず、マイルドオイルクレンジングの質感は意外にもさらっとしていて、オイル特有のヌルヌル感があまりありませんでした!ポイントメイクにも素早くなじんでくれたので、軽いタッチでメイクが落ちたように感じます。一方のマイルドジェルクレンジングは、厚みのあるジェルでゴシゴシこすらなくてもメイクがなじみました。ただ、少しだけ力を入れないとウォータープルーフのメイクが落ちにくいかな、という印象でしたので…

クレンジング力だけで比較すると、マイルドオイルクレンジングのほうがしっかり落ちる結果になりました!マイルドジェルクレンジングはややポイントメイクが残ってしまうので、落ちにくいメイクの場合はポイントリムーバーが必須です。

一方、クレンジング力だけではなく肌へのやさしさを考えるとマイルドジェルクレンジングのほうが適しているように感じます。理由は、オイルクレンジングよりも洗い上がりがヌルヌルしない点、そして摩擦ダメージが防げる点です。洗い上がりが少しでもヌルヌルしていると、それを洗い流すために洗顔料を使ってヌルつきをしっかり落とさなければなりませんよね!これだと洗いすぎによる肌の乾燥が心配になります。もう一点、オイルクレンジングは性質上肌に対する滑りが良いので、手に力が入りがちになります。しかし、ジェルクレンジングなら厚みのあるジェルが手と肌の間のクッションとなって摩擦ダメージを防いでくれるので、肌にとってはやさしいのです。(もっといえば、マイルドジェルクレンジングは濡れた手でも使える…これが使いやすさの決め手になるかな、と思います!)

2つのクレンジングに共通している「マイルド」な理由とは?

さきほどの検証では、クレンジング力に優れているほうがマイルドオイルクレンジング、肌に対して優しいほうがマイルドジェルクレンジングということがわかりましたね!しかし、これはあくまで結果論。マイルドオイルクレンジングのほうが肌に悪いというわけではありませんし、2つのクレンジングに優劣があるわけではありません…!まず、2つのクレンジングに共通している点が「無鉱物油」ということ。鉱物油は石油などを原料とした油のことですが、肌に対する吸着性が高いのでお湯で落ちにくい…というデメリットがあります。さらに、2つのクレンジングは「アルコールフリー」なので、肌に対する刺激性が少ないです。そういう意味で、2つのクレンジングには「マイルド」という名称が付けられているのかもしれませんね^^

肌質やその日のメイクに合わせてうまく使い分けると○

クレンジングの種類によってクレンジング力に差があることは確かですが、大切なことはクレンジングの使い方、そして使い分けです!「オイルクレンジングは肌が乾燥しやすい」というイメージを持つ人もいるかと思いますが、これはクレンジング剤を長時間肌になじませていることで起こる現象だと考えられます。クレンジング剤は手早くなじませてすぐに洗い流す!これが鉄則。クレンジングの種類にかかわらず、30〜60秒以内には洗い流すようにしましょう!また、ナチュラルメイクのときにはオイルクレンジングを使うのではなく、マイルドなクレンジング力を持つジェルクレンジングがベスト。必要以上に肌を洗い過ぎないよう、使い分けてみると良いですよ^^

ということで初回は無印良品のマイルドオイルクレンジング、そしてマイルドジェルクレンジングの比較検証をお届けいたしました♪クレンジング力だけで比較すればマイルドオイルクレンジングがおすすめですが、部位によってメイクの濃さが異なりますし、皮膚の薄さも違うので、個人的には顔全体をマイルドジェルクレンジングで落としてポイントメイクをポイントリムーバーで落とすことが肌にとってベストだと感じます!みなさんの参考になれば幸いです^^

さて、明日は「オイルクレンジング敏感肌用」と「オイルフリーリキッドクレンジング」の比較検証をお届けします!どうぞお楽しみに〜♪

2019.01.30

これいい!!と思ったら
主にTwitterでシェアしよう

岸田茉麻
この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻

元美容部員、現役コスメコンシェルジュの美容ライターです!ひたすら若作りに取り組み、コスメ収集しています。プチプラからデパコスまで「いい!」と思った商品、また美容に役立つ情報を積極的にご紹介します♪