2018.12.18

【大人ニキビSOS】大人ニキビに悩んだ、アラサー女子のニキビケア実体験レポート!

さとみ
ライター:
さとみ
疲労やストレス、睡眠不足など、原因は様々と言われる大人ニキビ。
生活の乱れやストレスが如実に身体に影響を及ぼすようになり、戦々恐々としているのは私だけではないと思いたいのですが、「ニキビというか吹き出物の方がしっくりくるよね」というお年頃の皆さまご機嫌いかがでしょうか。この記事は、実際に大人ニキビに悩んだ私のニキビケア実体験をまとめた、大人ニキビ撲滅キャンペーン記事でございます。

大人ニキビとは?思春期ニキビと何が違うの?

「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」。この2つ、実は原因が全く違うんですね。

10代の頃にできやすい「思春期ニキビ」の主な原因は、皮脂分泌が多いこと。成長期に男性ホルモンの分泌が一時的に増え、皮脂が過剰に分泌されることが原因です。脂性肌の人は思春期ニキビができやすく、主にTゾーンにできやすいと言われています。

大人ニキビはそんなに甘くありません。肌質なんて無視です。
肌の乾燥食生活の乱れストレス睡眠不足などが原因で皮脂の量が増えてしまい、毛穴を詰まらせてニキビになります。単純にこれが原因!とは言えないんですね。思春期ニキビとは違い、Uゾーンにできやすいものが大人ニキビです。

そもそもの原因やニキビができる場所も違うので、「10代の頃はこのケアで治ったのに!」という経験則は無力化されてしまいます。強い。

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は一つではありません。様々な原因が絡み合った結果の産物です。ややこしいですね。主な原因とされるのは以下の通りです。

・乾燥による水分不足
・過剰なスキンケア、メイクの洗い残し
・ストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ

大人のニキビは、身体の外側だけでなく、内側からのケアも必要というわけです。

大人ニキビ対策実体験1〜食生活を変えてみた〜

さて、皆さんが知りたいのはこの辺からかと思います。
大人ニキビが大量発生した時、もちろん今でも発生する時がありますが、私の場合は口周りと頬が荒れます。特に口周り。調べてみると、口周りのニキビは胃腸の荒れや食生活の乱れが大きな原因らしいではありませんか。まずは体内から浄化するか、と食生活の見直しをしてみました。

改善前の私の食生活は、1日1食か2食。基本は簡単な自炊ですが、丼物や麺など、炭水化物どん!という感じのものでした。不健康の権化です。

ズボラな性格上、食事回数を規則正しくすることは無謀に思えたので、

①食べるものに野菜を増やすこと
②乳酸菌を取り入れる

この2つを意識した食生活を送るようになりました。
①は切って入れるだけで作れる野菜スープやポトフを食べるようにするというシンプルis最高に楽チンな方法です。ニキビに効果があったな、と思うのは②の方法なので、①は割愛します(でも健康のためにもやっていきましょう)。

②乳酸菌を取り入れる
そもそも私は少し便秘気味の気がございまして、体内に不要なものが溜まってしまっているわけなんですね。それが無くなれば肌質も変わるのでは?と思ったわけです。最初はヨーグルトでしたが、あまり変化がなく、「ヤクルト」と「ミルミル」のW飲みという方法を試しました。

なぜWかと言うと、含まれている乳酸菌の種類が違うからです。ヤクルトは小腸に、ミルミルは大腸に効きます。狙いを定めて体内を浄化しようというわけです。

ヤクルトには小腸に届いて働く「乳酸菌シロタ株」が、ミルミルには大腸に届いて働く「ビフィズス菌 BY株」が含まれています。善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境を整える働きをしてくれます。食べたものは小腸で栄養分が吸収され、大腸で水分を吸収し、残ったものが便になるので、小腸と大腸どちらも労わることで、必要な栄養素や水分はしっかり吸収し、余分なものは排出するという、なんとも嬉しい効果があるのです。

個人差はあると思いますが、実際に私の腸内環境はだいぶ改善されました。
大人ニキビも赤みが消え、少しずつ小さく、範囲も狭くなっていくのを実感できたので、仕事が忙しく食生活に気を遣う余裕がない方は、乳酸菌に課金しましょう

大人ニキビ対策実体験2〜スキンケアに一手間加プラス〜

スキンケアで重要なのは「クレンジング」である、と色んな美容サイトで見かけるのですが、きちんと落とせていないメイク汚れは毛穴を詰まらせ、肌荒れの原因となるので、クレンジングは本当に大切です。

大人ニキビに悩むまで、ドラッグストアで適当に買ったクレンジングを使用し、ダブル洗顔をすれば問題無いだろうと思っていた私ですが、友人にもらったデパコスのクレンジングがとても良かったので、クレンジング課金をするようになりました。

使用して良かったな、と思ったクレンジングはこちら。

syu uemura A/O+ P.M.クリア ユース ラディアント クレンジング オイル

クレンジングの後に肌が全然つっぱらないのでびっくりしました。
いろんな種類がありますが、この緑は肌荒れやくすみが気になる人向け
PM2.5を含む大気微量物質も、きれいに洗い流してくれます。乾いた肌に馴染ませた後、水またはぬるま湯を少量加え、顔全体が白く濁るまで馴染ませる「乳化」を行うことで、汚れをしっかり洗い流してくれます。まつ毛エクステにも使えます!この乳化という一手間がすごく大事なんですね。

他にオススメされたのはTHREEです。
THREE クレンジングオイル

こちらも空気中の飛散物質も落としてくれるクレンジング
ベースメイク、古い角質を浮き上がらせてするりと落としてくれます。使い心地は最&高

とにかく大切なのは、汚れをしっかり落とすこと。クレンジングにも洗顔にも時間をかけて、マッサージするような肌ケアを心がけるようにしてみました。

劇的な分かりやすい変化や即効性はないのですが、毎日使用するので効果は確実にあります。クレンジングと洗顔に手間を惜しむのはやめましょう。化粧ノリも良くなりますよ。

そしてもう一つ、冬でも日焼け止めを塗るようにしてみました。
紫外線も大人ニキビの原因になるらしく、ニキビ跡の色素沈着にも繋がってしまうのだとか。日焼け対策でだけではなく、紫外線から肌を守るために、日焼け止めは年中使いましょう。汚れの原因になってしまうので、油分が多いものは避けたほうがいいです。

クレンジングと日焼け止め。こういったスキンケアは即効性があるわけでなはいですが、石の上にも三年、地道に肌を綺麗にしていくために必要なケアです。

大人ニキビ対策実体験3〜ニキビケア用品を試す〜

これもスキンケアに近いのですが、ニキビケアクリームとか、ローションとか、とにかくニキビケア用品ってたくさんあるんです。
基礎化粧品を全て揃え直すのは、お肌には優しいけど、お財布には厳しい。ということで、基礎化粧品はそのままに、しかもドラッグストアで買えるものを試してみました。その中で効果が感じられたものをご紹介。

メンソレータム メラノCC 薬用しみ集中対策液

ニキビケアにも効果のあるしみ対策美容液です。
これはパックも買いましたが、いい香りでとても癒されます。ほんのり柑橘系。
潤いにも効果がある成分が入っているので、透明感が欲しい人にもオススメです。美容液なのでベタつかないし、なんせ安い。これは割とすぐに効果が実感できました。

ペアアクネクリームW

肌荒れが気になる部分に塗るクリームタイプのものです。
ニキビが治る!とまではいかないかもしれませんが、かなり大物に育ってしまっていたニキビはそれ以上成長することはなく、全体的におとなしくなってくれた印象がありました。洗顔もあります。ニキビの上から何かを塗るのが苦手な方は、洗顔だけでもいいかもしれません。アクネ菌によるニキビの生成を抑え、炎症をしずめてくれます。

ニキビケア用品を選ぶコツとしては、
保湿性があるもの
ビタミンC誘導体・グリチルリチン酸・アラントインなどの成分が配合されているもの
(ニキビの炎症を抑えてくれる効力があります)
ターンオーバー(肌の新陳代謝)を補う効果のあるもの
この3点に注目してみてください。

まとめ

大人ニキビのケアは、思春期ニキビのケアとは全く異なります。
1番良いのは皮膚科で診てもらい、処方箋をもらうことだと思います。でも、大人ニキビは体からのSOSのサインでもあります。大人ニキビは、自分の生活を見直すキッカケ。時間をかけて身体の内側からもケアをしていきましょう。

2018.12.18

これいい!!と思ったら
主にTwitterでシェアしよう

さとみ
この記事を書いた人
フリーライター さとみ

音楽とコーヒーと、ときどきお酒を偏愛する国産89年製。
隠しきれない低めの女子力と横着さが、たまに記事にも顔を出します。
必須コスメはリップとコンシーラー。