HOME > スキンケア > 美肌になりたい!スキンケアの基本をおさらい&おすすめアイテム

美肌になりたい!スキンケアの基本をおさらい&おすすめアイテム

2018.10.31

女性にとって美肌は憧れです。テレビなどに出ている、美肌のタレントさんは理想ですよね。
顔の造作を美しくすることは難しくても、肌を美しくすることは可能です。肌が健康的で美しいとメイクのりもよく、いっそう美しく見えます。

美肌を手に入れるためには正しいスキンケアが必要です。しかし、やりすぎは禁物です。
美肌にこだわるあまり、人がすすめるコスメを無条件にあれこれ使ってみたり、過剰なケアをしてしまったりすることもありますが、これらは美肌から遠ざかるケアの代表例です。

そこで今回は、意外と知らない「スキンケアの基本」を1からおさらいしてみましょう。正しいケアを身につけることができれば、美肌への近道になります。
逆に間違ったスキンケアを気付かないまま続けていると、すぐにではありませんが、何年か経ってから肌の不調が表に現れて悲しい思いをすることになるかもしれません。

スキンケアに気を使っている方も、改めて基本をチェックしてみてはいかがでしょうか。

美肌になりたいアナタがまず知っておくべきこと

美肌になりたい憧れは、誰にでもあります。しかし、「これいいよ!」とすすめられた方法を、むやみに試していくのは、あまりおすすめできません。
美肌を手に入れるには、美肌とは何か、その知識をしっかり理解しておくことが必要です。まず、知っておきたい美肌の知識をご紹介していきます。

そもそも美肌とはどんな肌状態のこと?

そもそも美肌とは、どのような状態を指すのか知っていますでしょうか?
「これが美肌」という決まった定義はありませんが、美容業界では美しい肌の条件を「うなはだけつ」という言葉で表しています。

「う」るおい(潤い)
「な」めらか
「は」り
「だ」んりょく(弾力)
「け」っしょく(血色)
「つ」や(艶)

これだけで美しい肌とはどんな状態か、なんとなくイメージがつきますよね。

女性の肌の研究を行っている資生堂では、美肌の条件として「みずみずしいうるおいが感じられる」「血色がよく、透明感がある」「はりと弾力がある」の3つをあげています。
(資生堂ビノラボ)https://www.shiseidogroup.jp/binolab/s_0032/

うなはだけつと共通する要素として、うるおい、ハリ、弾力が含まれています。この3つを満たすことが美肌の条件と言えるでしょう。

確実に『美肌になる方法』はあるの?

こうすれば必ず美肌になれる、という魔法のケアはありません。しかし、美肌といわれる肌の条件がわかれば、おのずと美肌になるための方法も見えてきます。
その条件とは、

・ハリ・うるおいがあり、弾力ある肌
・なめらかな肌
・血色のよい顔色と健康的な肌ツヤ

を実現するためのケアを行うことです。

難しいようですが、実は基本のケアをしっかりすることで美肌は手に入れることができます。

“美肌の基本”は、たったこれだけ

世の中には、びっくりするくらい高価な化粧品や、高い効果をうたった高級エステも沢山あります。これらの方法は、短期間で効率的にきれいになるためには効果的ですが、美肌を目指すために必ず必要なわけではありません。
美肌になるためには、コツコツ地道にケアすることが王道です。以下の基本をきちんと守ることで、美しい肌を手に入れることができます。

1)しっかり落とす
肌に残った皮脂や汚れは、毛穴の黒ずみや肌のくすみの原因となります。毎日たまった汚れや皮脂、メイク汚れなどをしっかり落とすのが基本です。クレンジングや洗顔で、ゴシゴシこすらないようにして、肌に負担をかけずに行うことが大切です。

さまざまな洗顔料のほか、肌に余計な負担をかけずにやさしく洗えるため、洗顔用の石鹸も人気があります。

2)しっかり潤す
肌が乾燥していると、ハリやツヤがなくなります。肌の汚れを落とした後には、化粧水でしっかりと角質層まで水分を与えることが大切です。

「高い化粧水をちびちび使うより、安い化粧水をばしゃばしゃ使ったほうが効果は高い」ということを聞いたことはあるでしょうか。
これは正しいように聞こえますが、必ずしもそうとは言い切れません。なぜなら、肌は一度に大量の水分を吸収できないからです。何事も適量が大事です。

ただし、この表現は、「高級コスメをケチって使うくらいであれば、コスパが高いプチプラコスメを気兼ねなく使ったほうがよい」という意味では、正しいといえます。

3)油分でふたをする
適量の油分は、肌に潤いを与え健康的な肌に見せます。化粧水で水分を補った後、クリームや乳液などの油分を与え肌にふたをして水分を閉じ込めます。化粧水だけだと水分が蒸発してしまい、肌に潤いは残りません。

この3ステップをきちんと行うことが基本のスキンケアです。簡単なことなのですが、手を抜いて適当に行うのと、丁寧に行うのとでは結果が大きく異なります。

美肌になるにはどのくらいの期間かかるの?

ターンオーバーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは肌を作る細胞の新陳代謝のサイクルのことです。

1)肌の角質層よりさらに下にある基底層という部分で新しい細胞が作られる

2)徐々に押し上げられて肌の上層部に現れる

3)死んで不要となった細胞は垢となって取り除かれる

年齢によって差がありますが、肌が新しい細胞に生まれ変わるまでには1~3か月かかると言われています。ターンオーバーのサイクルが乱れると、肌が正しく作られなくなり、肌荒れに繋がります。

つまり、美肌を意識したスキンケアをはじめてから1~3か月くらいで、ケアした細胞が作った肌が表面に現れると考えればよいでしょう。

そのため、すぐに効果がでなくても「これは効果がないんだ」とあきらめずに、コツコツと続けてください。正しいケアをしていれば、数か月後に「肌の調子が良くなっているかな」と実感できるはずです。

逆の言い方をすると、ダメなスキンケアをしていると、数か月後に影響が現れることになります。夏の日焼けでダメージを受けた肌は、秋から冬の初めごろに影響がでるのも同じ理由です。もし、現在肌の調子が悪いようであれば、数か月前のダメージが原因かもしれません。

自己流になってない?スキンケアの基本をしっかり押さえよう

スキンケアのやり方を本で読んだり、人に教わったりする機会というのは意外と少ないものです。洗顔後、とりあえず化粧水と乳液をつければよい、と思っている方も少なくないと思います。
習慣的に行っていて正しいと思っているケアが、実は自己流で正しくないという場合もあります。

そこで、正しいスキンケアの基本をしっかり押さえるために、ここでは朝と夜に分けて、具体的な方法をご紹介します。

朝は前日の夜から肌にたまった皮脂や汚れをきちんと落とすことが大切です。皮脂やうるおいを落としすぎないために、朝は洗顔を控えている方もいるかもしれませんが、朝に洗顔をするのがスキンケアの基本です。
外出する前のケアなので、日光から肌を守るための紫外線対策も忘れないようにしましょう。

洗顔

刺激が強くない洗顔料や洗顔用の石鹸でやさしく洗ってください。たっぷり泡立てて肌をこすらないように洗うのがコツです。夜よりは汚れが少ないので、軽くで大丈夫です。

化粧水

洗顔後のいわば素の肌に充分水分を与えるために、化粧水を使います。コットンまたは手に適量を取って、やさしく肌になじませてください。
メーカーによっては、化粧水の前に「ブースター」と呼ばれる乳液をつけたり、美容液をつけたりすることをすすめている場合もあります。使用するブランドによって異なりますので、購入時に確認するとよいでしょう。

美容液

化粧水で肌を整えた後に美容液を付けます。
美容液は普段使わない、または夜だけ使う、という方もいると思います。しかし、美肌を目指すためには毎回のスキンケアでしっかり使ったほうが効果的です。

美容液は化粧品のなかでもっとも美容成分が多く含まれているアイテムです。年齢や肌のお悩みに合った美容液をチョイスしてください。

乳液、クリーム

化粧水で肌に水分を、美容液で肌に栄養を与えた後は、乳液やクリームで油分を与え、肌にふたをします。
乳液とクリームの違いは油分量の違いです。一般的に乳液のほうが水分量が多く、使用感も軽めです。基本的には両方使う必要はないので、どちらか片方だけでよいでしょう。

冬場の乾燥する時期には、しっかり油分を補う必要があるため、朝でもクリームを使うことをおすすめします。

朝のスキンケア-年中無休で紫外線対策を

紫外線は夏だけのものではありません。気象庁の観測でも2月~10月は紫外線が「中程度~強い」状態になっています。一方「弱い」状態は11月~1月のわずかな間です。つまり、年間を通じて紫外線対策が必要です。
化粧水や化粧下地にUVカット効果があるものを選ぶ、日焼け止めをきちんと塗るなどするようにしましょう。

お肌のゴールデンタイムという表現をされるように、睡眠中は肌のターンオーバーを促す貴重なタイミングです。正しいケアをしたうえで肌に栄養を与えることが健康な肌を生み出すために必要です。

クレンジング

1日の汚れやメイクは完璧に落としましょう。洗顔料には大きく分けて以下の種類があります。

・オイルタイプ
メイク汚れや皮脂の成分は油性です。同じ油性であるクレンジングオイルを肌になじませることで、汚れを溶かして落とすことができます。
一般的に洗浄力が強いので、乾燥肌の方は洗顔後に肌がつっぱる感じになることがあります。ブランドによっては洗顔も一緒にできるタイプもあります。

・乳液タイプ
やさしい使用感で刺激も少なく、肌のうるおいを残すことができます。ナチュラルメイクの方は乳液タイプがおすすめです。
しっかりメイクやウォータープルーフマスカラなどは乳液タイプで落とすことが難しい場合もあります。ポイントメイク用のクレンジングを併用したほうがよいでしょう。

・リキッドタイプ
洗浄力が強めながら肌への負担は少ないのが特徴です。油分がないのでさっぱりした洗い上がりになります。

・ふきとりタイプ
水で洗い流さずにふき取るタイプです。海外のドラッグストアに行くと、ふき取りタイプのクレンジングを多く見かけます。オイルのようなべたつきもなく、しっかりとメイクを落とせます。

洗顔

クレンジングと洗顔が別になっている商品を使用している場合には、メイクを落とした後にきちんと洗顔する必要があります。たっぷりの泡でこすらないように洗ってください。

化粧水

朝と同じ化粧水でも構いませんが、より一層の効果を期待するのであれば、保湿力が高い化粧水を選ぶと良いでしょう。
寝ている間に肌が潤うように、しっかりと保湿しましょう。

美容液

寝ている間に肌は新しく生まれ変わります。そのときに必要な栄養を与えるためにも、美容液は必須です。夜専用の美容液もありますので、自分の期待する効果に合わせて選んでください。

導入美容液(ブースター)と呼ばれる、「後からつけるスキンケアアイテムの浸透力を高める美容液」を使うのもおすすめです。

乳液

化粧水で潤した肌の水分を逃がさないためにも、乳液はマストアイテムと言えます。顔全体に丁寧に伸ばしてください。

クリーム

クリームは油分が多いので、乳液をつけていれば基本的にはつけなくても構いません。乾燥が気になる部分があれば、部分的に使う方法もあります。

夜のスキンケア-忙しい毎日でも、メイクは必ず落とそう-

夜のスキンケアの中でもっとも重要なプロセスは「クレンジング」です。メイクがきちんと落ちていないと、肌に残ってシミなどの原因となります。

メイクを簡単に落とせるクレンジングシートも人気ですが、慣れないと肌をこすりすぎることがあります。肌荒れの原因となることもあるので注意が必要です。
帰宅してから10分もあれば、しっかりクレンジングができます。疲れていても、がんばって早めにメイクを落とすようにしましょう。

スキンケアの基本をカスタマイズして、”自分用”のスキンケアをしよう

ここまでで、スキンケアの基本はおわかり頂けたかと思います。

次のステップは、自分用にスキンケアのプロセスをカスタマイズすることです。基本を押さえた上で、自分の肌悩みに合わせて上手にカスタマイズできればスキンケア上級者といえます。

【乾燥肌の方のカスタマイズ】
たとえば、乾燥肌が気になる方であれば、毎日のケアにシートマスクをプラスするのがおすすめです。

【毛穴の汚れ・角栓が気になる方のカスタマイズ】
小鼻の黒ずみが気になっている方であれば、基本ケアにプラスして、週に1~2回、スペシャルケアを取り入れると良いでしょう。

基本のケア+αであれば、覚えやすいですし、あれもこれもとしなくていいので負担も少ないです。+αの部分は、そのときの肌状態に合わせてチョイスしてみてください。

油分と水分をコントロールする

潤いがある肌にとって大切なのは油分と水分です。スキンケアでは化粧水で水分を与え、乳液やクリームなどで油分を補うことになります。
しかし、自分自身の肌タイプを正しく把握できていない方は意外と多いものです。自分では乾燥肌だと思っていても、実は混合肌だったり、脂性肌だと思っていても、実は隠れ乾燥肌だったり、ということがあります。

特に注意したいのが混合肌の方です。Tゾーンの皮脂・テカリが気になっているので脂性肌だと思われがちですが、実は肌の水分は不足していて頬が乾燥している、ということもあります。脂性肌だと思い違いをして皮脂を押さえるケアをしてしまうと、余計に肌が乾燥してしまうことになります。

自分に合ったケアをするためには、自分の肌タイプを正しく把握するのが第一歩です。「自分は〇〇肌だから」と決めつけないで、現在の肌の状態を日々チェックして、自分には今何が不足しているかを把握できるようにすることが大切です。
肌診断をしてくれるコスメブランドも多いので、デパートの化粧品売り場に行くのもひとつの方法です。肌の状態を教えてくれる上、肌悩みに合わせた商品を提案してくれるので参考になります。

ただ、自分の肌悩みがわかったからと言って、毎日同じケアをするのはおすすめしません。なぜなら、季節や体調にも影響されるからです。一般的に季節の変わり目や月経前には肌が荒れたり、皮脂分泌が活発になってニキビができたりするといわれています。
また顔の部分によっても皮脂の状態は異なりますので、顔全体で同じケアをするよりも、場所によってケアを変えることをおすすめします。

化粧水と乳液で仕上げていてもつっぱり感を感じるようでしたら、仕上げにオイルを足してみてください。べたつくならクリームを保湿力のあるものに見直すなど、自分の肌を観察しながら、必要なケアを上手に取り入れるのがよいでしょう。

自分の肌状態を把握できれば、ケアはおのずと見えてきます。油分と水分を上手にコントロールできるようになりましょう。

自分の肌悩みにアプローチできる基礎化粧品をチョイスする

女性の肌の悩みで多いのは、ニキビ、乾燥、毛穴、美白でしょう。美肌の敵になるこれらの悩みは、スキンケアである程度改善できることをご存知でしょうか?

どの悩みにも共通して言えるのは、肌の土台力を高めるケアをすることです。さまざまなお悩みは、元をたどると乾燥によるものや肌のバリア機能の低下など共通した原因です。

そこで、ジャンルごとに、肌の土台力を高めつつ、肌悩みの原因にアプローチできる基礎化粧品を紹介します。

ニキビケアにおすすめのスキンケアアイテム

ニキビケアにおすすめのアイテムとして、化粧水と保湿液をご紹介します。ニキビ用のコスメはアルコールフリーやオイルフリーなど、ニキビができにくい処方になっています。

ニキビ用のスキンケアというと殺菌効果の高い商品をイメージしがちです。しかし、最近のニキビケアは殺菌だけではなく「そもそもニキビを作らない」という予防の視点で、肌のバリア機能を高める効果があるものが多く登場しています。

【化粧水】 d プログラム アクネケア ローション W

dプログラムは、資生堂の敏感肌向けのスキンケアブランドです。お悩み別に4つのラインがあり、ニキビをケアするのが「アクネケア プログラム」です。
この商品はニキビケアに特化した化粧水で、肌のバリア機能を整えることで、ニキビができるのを防ぐ効果が期待できます。

■商品名:d プログラム アクネケア ローション W(資生堂) 
■容量:125mL 
■価格:3,780円(税込)

【保湿液】オルビス 薬用 クリアモイスチャー

クリアモイスチャーはオルビスオリジナルの保湿液です。化粧水で肌を整えた後に使う、いわば乳液的な役割を果たします。油分がゼロなのにきちんと肌の水分を保つのが特徴です。
この商品は、オルビスのニキビ対策向けスキンケアライン「クリアシリーズ」のもの。肌のバリア機能を高める紫根エキスを配合、ニキビのできにくい肌にするほか、肌荒れ防止の甘草エキスも配合し、強い肌を作ります。
さっぱり系が多いニキビ対策用コスメで、しっとり用(M)とさっぱり用(L)が選べるのは魅力的です。敏感肌の方はアルコールフリーのしっとり用がおすすめです。

■商品名:薬用 クリアモイスチャー(オルビス)
■容量:50g
■価格:1,836円

乾燥ケアにおすすめのスキンケアアイテム

肌の乾燥が気になる方向けには、肌の内部にまで潤いが浸透する商品や、肌にやさしい商品がおすすめです。特にクレンジングは、目的によって種類があるので、乾燥肌向けに開発された商品を選ぶと失敗が少ないです。

【化粧水】アクアレーベル バウンシング ローション

保湿力に優れたベビーアミノ酸とうるおいを保つローヤルゼリー&コラーゲンを配合した化粧水。肌に水分を貯蓄する力を育てて、肌本来のハリ・ツヤを与えるので乾燥ケアにおすすめです。リラックス感のあるライトローズの香り。
さっぱり、しっとり、とてもしっとりの3種類あるので、自分の乾燥状態に合わせて選ぶことができます。刺激に弱い方には、エタノールが少ないとてもしっとりタイプがよいでしょう。

■商品名:アクアレーベル バウンシング ローション(資生堂)
■容量:200mL
■価格:1,728円(税込)

【クレンジング】ビオレ うるおいクレンジングリキッド

乾燥が気になる方の場合、洗顔・クレンジングはできるだけうるおいを残す方法にするのがおすすめ。クレンジングであれば、肌にやさしいタイプで、ポイントメイク落としもクレンジングや洗顔も1回で済ませられる商品がおすすめです。
こちらの商品は、美容液成分が40%も配合されたリキッドタイプのクレンジングです。W洗顔不要でウォータープルーフタイプのマスカラもしっかり落ちるので便利です。ただ洗浄力が強い分、肌への負担も強くなりますので、肌が弱い方は50mLのミニサイズを選んで、様子を見ながら使ってみるのがよいでしょう。

■商品名:ビオレ うるおいクレンジングリキッド(花王)
■容量:230ml
■価格:1,000円前後(コスメクリップ調べ)※1

毛穴ケアにおすすめのスキンケアアイテム

余分な皮脂と不要な角質が混ざり、毛穴に詰まってしまった状態が角栓です。さらに皮脂が酸化して黒ずんでしまうと、毛穴が黒ずんで見えます。
鼻の角栓が取れる専用シートもあり、ごっそり角栓が取れることで人気がありますが、長期的なケアの視点でいうと、あまりおすすめではありません。
毛穴ケアには、肌にしっかりうるおいを与えて毛穴を目立たないようにするのが適切です。それには、毛穴ケアに適した化粧水と美容液が有効です。

【化粧水】素肌しずく ビタミンC化粧水

素肌しずくシリーズのエイジングラインの化粧水です。2種類のビタミンCをはじめ14種類の美容成分が配合されており、肌にうるおいを与えます。
ビタミンCには皮脂の分泌を整える作用があるといわれており、毛穴の黒ずみや角栓の改善にも効果が期待できます。また肌がうるおい、ハリが出てくると毛穴の開きも目立たなくなります。

■商品名:素肌しずく ビタミンC化粧水(アサヒグループ食品) 
■容量:200mL
■価格:1,058円(税込)

【美容液】草花木果 透肌マスクジェル エンリッチ

年齢毛穴専用という、他ではあまり見られない美容液です。加齢により、ゆるんで開いてしまった毛穴に対して、肌の内側からケアすることで毛穴の目立たない肌にします。

■商品名:透肌マスクジェル エンリッチ(草花木果)
■容量:90g
■価格:3,888 円(税込)

美白ケアにおすすめのスキンケアアイテム

美白とは、シミが少なく、透明感のある明るい肌に導くことです。くすみのもとになる古い角質を除きながらシミのもとになるメラニンを防止するケアが効果的です。

美白ケアにおすすめのクレンジングと美容液をご紹介します。

【クレンジング】アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ

メイクと一緒に肌の古い角質もやさしく落とすクレンジングオイル。日本初配合のロックローズオイルがくすみの原因にもなる古い角質をオフし、イモーテルオイルがくすみの原因を未然に防ぐことで肌に透明感がでます。
リラックス感があるレモングラスやベルガモットなどの柑橘系の香りです。気になる方は無香料タイプもあります。

■商品名:スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ(アテニア)
■容量:175mL
■価格:1,836円(税込)

【美容液】白澄 XX 美白美容液

杜氏の手が白く美しいことに注目して開発された美白美容液です。天然由来の美白成分であるコウジ酸を配合し、シミの原因となるメラノサイトに作用することでメラニンの生成を抑えます。

■商品名:白澄 XX 美白美容液(コーセー) 
■容量:40g
■価格:5,400円(税込)

ハリにおすすめのスキンケアアイテム

弾むようなハリがある肌は若々しく見え、美肌には欠かせない条件です。加齢だけではなく、乾燥や紫外線ダメージもハリに影響します。

そこで、保湿力が高いアイテムの中から、特にハリ対策に効果がある化粧水をご紹介します。

【化粧水】DECENCIA アヤナス ローション コンセントレート

ポーラ・オルビスグループの敏感肌向けコスメブランド「ディセンシア」の高保湿化粧水。浸透性がよく、使い続けるうちに肌にハリが出ます。

■商品名:アヤナス ローション コンセントレート(DECENCIA)
■容量:125mL
■価格:5,400円(税込)

【化粧水】エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W

資生堂のエイジングケアライン「エリクシール」。篠原涼子さんが出演するCMでも、肌のツヤ「つや玉」をアピールしています。
保湿力が高く肌のハリが欲しい方におすすめです。

■商品名:エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション T(資生堂) 
■容量:170mL
■価格:3,240円(税込)

まとめ

美肌と言っても、その条件は複数あることがおわかりいただけたと思います。美肌の要素を分解することで、やるべきケアは明確になります。
そして、美肌になるため大切なのは、決して特別なケアをすることではなく、基本のケアを毎日さぼらずきちんと行うことです。そこで今回は、基本のスキンケアについてプロセスに分けてご紹介しました。ひとつひとつのプロセスは当たり前ですが、丁寧に欠かさず行うことで最大の効果が期待できます。

自分にあった化粧品を使うことも大切です。決して高いものを使うほうが良いということではなく、自分の肌悩みに合っている商品を使うということです。
例えば、ニキビが悩みの方と乾燥肌が悩みの方では、適した商品が違います。自分に合った商品を見つけるためには、自分の肌状態を正しく把握することが必要になります。今回ご紹介した肌のお悩み別おすすめ商品を、商品を選ぶのに迷ったときには参考にしていただければと思います。

洗顔、保湿、保護の3プロセスを押さえて、ぜひ美肌を手に入れてください!

※1:2018年10月に調査した販売価格になります。購入する際の販売価格と異なる場合がありますので、金額をよくご確認の上ご購入ください。
※2:表記している価格は参考価格となります。実際の販売価格は変動している恐れがありますのでご了承ください。

2018.10.31


これいい!!と思ったらシェアしよう