2019.11.30

ベタつきゼロ!シャネルの美白フェイシャルオイルでグロースキンを目指す!

Biyouotaku
ライター:
Biyouotaku
今回はシャネルの美白ラインから発売されているル・ブラン・ユイル・ヘルシー・ライト・クリエーター・オイルを紹介します。この商品の特徴は梅の花成分!一体どんな美容オイルなのか詳しく紹介していきます。

シャネル・ル・ブラン・ユイル

商品名
ル・ブラン・ユイル・ヘルシー・ライト・クリエーター・オイル
ブランド
シャネル
内容量
50ml
価格
13,000円(税抜)

ル・ブラン(LE BLANC)はシャネルの美白ラインで、スキンケアやメイク用品など季節ごとに様々な商品が展開されています。今回はル・ブランのスキンケアラインから出ている美容オイルのユイル・ヘルシー・ライト・クリエーター・オイルを紹介します。

シャネル ル・ブラン・ユイルのシンプルな配合成分

通常シャネルなどの有名外資系ブランドの化粧品は化学成分が多いことがよくあるのですが、今回紹介するル・ブラン・ユイルは化学成分が少ないのが特徴で、98パーセントが自然の成分を使用して作られています。

シャネル ル・ブラン・ユイルの全成分:
ホホバ油、パルミチン酸エチルヘキシル、炭酸ジカプリリル、メドウフォーム油、スクワラン、香料、カプリリルグリコール、テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル、BG、水、ウメ花エキス

ル・ブラン・ユイルのテクスチャーはベタつきが少なく比較的さっぱりとした使い心地です。主に使われているオイルはどんな肌質でも使いやすい【ホホバオイル】です。ホホバオイルはお肌を柔らかくしてしっかりと保湿をしてくれて、さらにあまりベタつき感がなく使いやすい植物オイルです。また、ホホバオイル以外にも【メドウフォーム油】という植物油が使用されています。このオイルもホホバオイル同様に、しっかりと保湿をしてくれつつもさらりとしていて肌馴染みもよいです。

オイルに続いてメインとなる美肌成分は【ウメ花エキス】です。この成分はまだ新しめの化粧成分で、シャネルをはじめとする一部の美白系化粧品に使用されています。ウメ花エキスはビタミンCが豊富で、肌ダメージの修復、保湿、バランス維持、外的刺激からの保護、小じわやシミの改善、などの効果が期待できると話題になっている成分です。

シャネル・ル・ブラン・ユイルの使い方

ル・ブラン・ユイルは美容液や保湿クリームとして使うことができます。洗顔後のキレイなお肌に化粧水・美容液などを塗った後に塗ってみましょう。少量でよく伸びて、一瞬でお肌がツヤツヤで健康的な見た目になります。

ル・ブラン・ユイルのみで保湿が十分でない場合はオイルの後に乳液や保湿クリームを重ねましょう。

スキンケアで使用する以外に、ル・ブラン・ユイルにはもう1つ面白い使い方があります。それは、メイク完成後に少量ハイライトとして利用する方法です。メイク後に頬の上など輝きをプラスしたいところに軽く乗せることでより健康的な見た目に仕上がります。

シャネル・ル・ブラン・ユイル実際使った感想

上品なシャネルらしい小瓶に入ったユイルは置いておくだけでおしゃれなのは間違いなしですね!中身のオイルは透明でライトなテクスチャーのオイルです。香りは控えめでさっぱりした爽やかな印象の香りがします。

美白効果

美白を化粧品で達成するのは非常に難しいので美白化粧品の効果を実際使って感じるには時間がかかるものですが、ユイルを使い始めて少し肌色が明るくなったかな?と感じることがたまにあります。

グロースキン効果

オイルを塗るとツヤツヤ肌になるのでかなり健康的に見えます。

ニキビ肌でも大丈夫

大人ニキビへの影響が気になっていましたが、実際使い始めてからニキビは悪化していないのでニキビへの影響はそうなさそうに感じました。実際配合されている成分を見ても毛穴を詰まらせる原因になりそうなものは入っていないので大人ニキビに悩む方でも使いやすいと思いました。

コスパ

やはりシャネルなので高い!ですが、少量でお顔全体に伸びるので、一度に使う量はかなり少ないです。明らかに使っていてヘリが遅いと感じるので、高いですが長持ちする商品だと思います。

シャネルのル・ブラン・ユイル・ヘルシー・ライト・クリエーター・オイル-まとめ

今回はシャネルのル・ブラン・ユイル・ヘルシー・ライト・クリエーター・オイルを紹介しました。エレガントな見た目で置いておくだけでも素敵な商品です。健康的なグロースキンを目指す方にはかなりオススメのアイテムなので使ってみてください!

注: シャネル 『ル・ブラン・ユイル・ヘルシー・ライト・クリエーター・オイル』はライターの私物です。

シャネルのスキンケア製品なら・・・あわせてよみたい

(文:Biyouotaku/編:コスメクリップ編集部)

2019.11.30

Biyouotaku
この記事を書いた人
メイクアップアーティスト Biyouotaku

海外在住。小さい頃から美容オタク。大好きな愛犬とゴロゴロするのが好きです。