2019.10.30

さっぱり洗ってツルツル肌に♪ファンケルの洗顔パウダー

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
「毛穴の汚れをスッキリさせたい!だけどきちんと潤いもキープしたい!」そんな女子の要望に応えてくれるのが、ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』。今回は、その使用感や効果などをレビューしていきます♪

人気沸騰!ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』

気になる毛穴の黒ずみやザラつき。

“汚れをごっそり取る系”の洗顔でケアできても、使用後に乾燥を感じたこと、ありませんか?

ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』は、なんでも肌の潤いを保ちながら毛穴ケアができるらしく、雑誌やネットでも話題

私もその使い心地を試したくなり、さっそく1箱購入してみました♪

実際に使ってみよう!

ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』は、1回ごとに使いきれるポーションタイプ。

1箱で30回分です。

パキッとフタを開けてみると、中には薄いグレーのパウダーが。

あとでお話しますが、これはきっと配合されている“炭”の色ですね。

泡立てネットで泡をつくってみました。

水を含ませた直後はまったりとしたパテのようになりましたが、すぐにこのとおりモコモコに!

濃密でありながら、ふわっと軽い泡が短時間で完成しました。

洗った後の肌の状態は……!?

泡をつくったら、その泡を手のひらで転がすように優しく洗顔。

あとはしっかりと洗い流します。

泡切れがいいので、洗い流しにもあまり時間がかかりませんでした♪

洗顔後の肌を触ってみると、驚くほどツルツル! 

と言っても、指先がキュッと引っ掛かるような感じではなく、なめらかで“ちゅるん”とした触り心地。

「これは化粧がノリそうだな」と期待させる感触です(笑)。

スキンケアの浸透(※)も早く感じられ、期待どおり翌朝の化粧ノリもアップ

1回の洗顔でここまで実感できるとは、ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』、スゴいです!

※角質層まで

継続使用で毛穴の黒ずみが軽減

さらに約1週間、夜の洗顔時に使い続けてみました。

すると、早くも毛穴の状態に変化が! 

気になっていた小鼻の黒ずみが、少しだけ薄くなっていたのです。

加えて特筆すべきは、毎日使っていても乾燥や刺激が感じられないこと

ここまでしっかり汚れを落としてくれているのに、肌はカサつかずもっちり。

ピリピリやヒリヒリといった感覚もありません。

潤いをキープしつつ、毛穴ケアもばっちり。

これは使い続ければもっと効果が出てくるかも……。

ちょっとしばらく継続使用してみたいと思います(^ ^)/

ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』はなぜスゴいのか

毛穴の汚れをすっきりオフしながら、潤いを残せる理由。

それは、汚れを分解・吸着する成分潤いを保つ成分、その両方が配合されているから。

ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』には、プロテアーゼという酵素と炭、吸着泥が入っています。

この3つの成分は、毛穴汚れをオフすることが主な役割。

プロテアーゼがザラつきや角柱の原因となるたんぱく質に働きかけ、炭が不要物をかき出し、吸着泥がそれらをからめ取ります。

この仕組みによって、頑固な毛穴汚れがクリアになるワケですね♪

一方潤いを保つのは、アミノ酸系洗浄成分と糖、そしてヒアルロン酸。

アミノ酸系洗浄成分はファンケル独自のもので、汚れを落としながら肌本来の潤いをキープ! 

糖とヒアルロン酸は潤いを持続させるだけでなく、肌をキメの整った状態へと導いてくれます。

「酵素・炭・吸着泥」が毛穴汚れを除去し、「アミノ酸系洗浄成分・糖・ヒアルロン酸」が潤いを保持。

これが、『ディープクリア 洗顔パウダー』のスゴさの理由のようです(^ ^)/

おわりに

美肌づくりに欠かせない、ザラつきや毛穴汚れへの対策。

肌に塗るもので対処するのもいいけれど、洗顔から見直すのもひとつの方法です。

ひとつ上のつるすべ肌を目指す方は、ファンケルの『ディープクリア 洗顔パウダー』をぜひお試しあれ♪

(文:真雛美(MASUMI)/編:コスメクリップ編集部)

2019.10.30

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。