2019.06.07

目指せ【美肌男子】本気で始める男のスキンケア

yuma90
ライター:
yuma90
「男性でもお肌が綺麗な人」最近は本当に増えましたよね?「自分もそろそろ本気でスキンケアを始めたい!」そんな男性の方に向けて、今回はメンズスキンケアの基本をわかりやすく解説していきます(^ ^)

自分の肌質を知ろう!

「スキンケアと言っても何から始めたらいいかわからない」スキンケアについて本気で考え始めたとき、その悩みは男性なら誰もが最初にぶつかる壁。大切なのはまず自分がどんな肌質なのかを知ることです。なぜなら、肌質によって解決方法が異なるからです。ここでは男性の肌質を3つに分けて見ていきます。

①普通肌

皮脂分泌量と水分量がバランス良く整っている肌質。その見分け方は皮脂分泌量を見ることにあります。その時Tゾーンなど比較的、油分の多い箇所だけ見て、「自分はオイリー肌なんじゃないか?」と早合点しないで! Tゾーンは男女問わず皮脂分泌量が多い箇所なので気にされなくて大丈夫。大切なのは、顔全体を見たときに極端に皮脂分泌が偏っていないか?ということです。また、規則正しいキメ模様となっており毛穴が目立ちにくいというのも特徴的です。

②オイリー肌

皮脂分泌量が多く水分量とのバランスが崩れている肌質。男性ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になっており、男性には非常に多い肌質です。過剰に分泌された皮脂により角質層の細胞が安定せず、手で触れた時にザラザラしたり硬く感じます。また、皮脂腺が発達していることにより毛穴が大きく開いているので、毛穴が人より目立つなぁと感じる方もオイリー肌の可能性ありです。

③乾燥肌

皮脂分泌量、水分量ともに不足しがちなのが乾燥肌。男性の場合は加齢と共に皮脂分泌量が減ってくるので、若い頃にオイリー肌でも「歳をとったら乾燥肌になった!」という方も。乾燥肌の特徴は油分・水分共に不足しているので健全な皮脂膜が作られず、外側からの刺激に弱いのでニキビや吹き出物、または炎症などの肌トラブルを招きやすいことです。よく肌トラブルを起こすという方は要注意です。

覚えておくのは3つだけ!

スキンケアアイテムと一口に言っても、美容液だのクリームだの沢山の選択肢があります。そこがまさに紳士諸兄の皆さんがスキンケアを面倒だと感じる最大の理由ではないでしょうか?

しかし男のスキンケアは実はとってもシンプル!
「洗顔→化粧水→乳液」

これでおしまい! 簡単そうじゃないですか?
ではこの3ステップについて一つ一つの役割を見ていきましょう!

ステップ①

洗顔: 寝ている間にかいた汗や皮脂汚れ、または1日の間に外で付着したホコリや汚れを洗い流し、後に付ける化粧水や乳液を効率よく肌に浸透させる土台を作ります。第一ステップですが、ここがスキンケアの要と言っても過言ではありません。「洗顔を笑うものは洗顔に泣く」、これを頭に叩き込みましょう。

ステップ②

化粧水: 洗顔によって失った角質層(肌の一番外側のこと)の水分を補充し、体内だけでは生成できない水分と美容成分を肌に届ける役割。乱暴な表現を許していただければ「肌に必要な栄養を入れ込む!」と考えていただくとわかりやすいかと思います(笑)

ステップ③

乳液: 洗顔で失った皮脂膜(肌水分の蒸散を防ぐもの)を人工的に生成し、化粧水の水分と美容成分を肌の内側に閉じ込める役割。ずばり、「入れ込んだ栄養を逃さないためのフタ!」です。

どんなアイテムを選べばいいの?

「自分の肌質も3ステップもわかったけど、じゃあ実際どんなものを選べばいいのよ?」

もっともな疑問です。上記にて肌質によって講じる解決方法が異なると申しましたが、実は3ステップで使うアイテムの選び方が違うだけで基本の3ステップは変わらないのでご安心を!

では気になる肌質ごとのアイテムの選び方ですが…

①普通肌

特筆してどんなアイテムを選ぶべきというものはありません。基本の3ステップさえ守って頂ければ、自分が好きな香り・パッケージで選んでもいいでしょう。強いて言うのであれば、汗をかいてベタつきやすい夏はさっぱりした洗い上がりの洗顔料・乾燥しやすい冬はしっとりタイプの乳液など、季節に合わせて選ぶといいでしょう。

②オイリー肌

皮脂分泌の多いこのタイプの肌質の方は、ベタつきが気になるからといって洗浄力の高い洗顔料を選びがちですが、実は洗浄力の高い洗顔料はNG。洗い上がりがさっぱりして気持ちいいと感じますが洗浄力高めの洗顔料は肌に必要な油分まで奪ってしまい、結果肌が「油分が足りてないから頑張って皮脂出さなきゃ!」と勘違いして余計にオイリーな肌に。それを避ける為にも適度な油分を残しつつ、余計な皮脂汚れをしっかり除去してくれるパウダータイプの洗顔料を。化粧水は過剰な皮脂分泌を抑えるビタミンC誘導体が配合されてるものが良いでしょう。またオイリー肌だと乳液はベタつくから嫌だと言う方もしっかり乳液を使うこと。化粧水で補った水分を逃すことによって肌が皮脂の分泌を促進させてしまいます。乳液でしっかり水分を肌に閉じ込めることが肝要です。ベタつきにくく油分が少なめのジェルタイプの乳液がオススメ。

③乾燥肌

このタイプは言わずもがな「保湿力の高さ」が重要なキーワードとなります!洗顔料はヒアルロン酸・スクワラン・セラミドなどが配合された固形石鹸が◎。石鹸の主成分は界面活性剤ですが、合成界面活性剤が原料のものは避けること。肌に必要な油分を落としてしまうので乾燥肌の方にとってはまさに天敵!ヤシ油・オリーブオイルなど天然由来のものを選び、洗顔の段階から保湿を意識すること。化粧水はアミノ酸やコラーゲンが配合されたややとろみのあるタイプでしっかり肌内部まで水分を届けましょう! 乳液もまたホホバオイルなどが配合された油分多めのクリーム状の高保湿タイプ・アルコールフリー(肌表面の水分を蒸散してしまう為)のもので水分をガッチリ閉じ込めて下さい。

生活を見直す

ここまで外側からのアプローチについて説明してきましたが、ここからは内側からのアプローチです。「えっ!さっき言ってた3ステップだけしていればいいんじゃないの?」と思われる方も多いと思いますが残念ながらそれだけでは美肌にとって充分ではないのです。ではどのような生活習慣が美肌にとって好ましいのか見ていきましょう!

①食事

ラーメンや揚げ物が大好きだ!!という男性は多いと思いますが、なるべく油っぽいものは避けて野菜や魚を中心とした食事がオススメ。ビタミンA・ビタミンC・タンパク質がお肌に良いとされていますので、忙しくてなかなかこれらの栄養素を含んだ食事が出来ないと言う方はサプリメントで意識して補給しましょう。

②睡眠

美肌の為には夜22時から深夜2時までの間に寝るのがよしとされるのは美容に疎い男性の方も耳に挟んだことがありますよね? 働く男性の皆さんでしたら「そんな時間に眠れるか!社会人なめるな!」と叫びたいところ。しかしこれは真実ではありませんのでご安心を^ ^美肌に必要とされるホルモンが睡眠後2〜3時間(ノンレム睡眠が現れる時間)で分泌され、平均就寝時間が0時であることからこのように言われています。質の良いノンレム睡眠をしっかり取れれば問題ないので、出来るだけリラックスした睡眠環境を整えることを意識して下さい。(寝酒でリラックスはNG!脳が覚醒状態にあるので浅い眠りになります!)

③適度な運動

ここまで食事に睡眠と偉そうに語ってきた筆者ですが、私実はお酒もタバコも夜更かしも大好きです(笑)しかしながらランニングを10年以上・1回10km・週3日続けてきました。おかげで30歳を目の前にしながら(食事・睡眠が雑でも(笑))今も肌年齢は20歳前後と診断されております。適度な有酸素運動は、お肌の新陳代謝を高め美肌を保ってくれるので、お仕事前やお仕事終りに運動することをオススメします!

男の美肌は外側・内側からのアプローチが大切。初めからどちらも完璧にこなすのは難しいという方は、これなら出来そうだ!と思うところから取り入れてみるのをおすすめします。特に運動に関しては、最初は辛いかもしれませんが習慣にしてしまえばストレス解消にも体型維持にも繋がるので良いことづくめですよ^ ^

(文:yuma90/編:コスメクリップ編集部)

2019.06.07

yuma90
この記事を書いた人
デザイナー yuma90

こんにちは!yuma90と申します!元美容師で現在はファッションデザイナーを務めております。走ることと本を読むことが大好きなアラサー男子です!男の身だしなみについて皆様と一緒に追究していきたいです!