2019.03.28

髪を守って保湿する、【ヘアケア】の新常識!「ヘアオイル」の効果とは

さとみ
ライター:
さとみ
いつの間にか一般的なヘアケアの仲間入りをしている「ヘアオイル」。ケアもできてボディオイルとしても使える万能アイテム。でも意外と効能をきちんと知らなかったりしますよね。というわけでヘアオイルの使い方や選び方についてまとめました。

ヘアオイルの種類:植物性と鉱物性

ヘアオイルには「植物性」「鉱物性」の2種類があります。どちらも油が原料ですが、植物性は自然由来、鉱物性は石油由来。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

・植物性ヘアオイル

植物性ヘアオイルの代表的なものは「ツバキ油」や「アルガンオイル」、「ホホバオイル」などです。ツバキ油なんかは昔からヘアケア用品として人気ですよね。天然由来の成分なので頭皮や髪に優しいのが特徴です。

・鉱物性ヘアオイル

石油由来の鉱物油がベースになっています。石油といっても、ワセリンなんかに含まれている流動パラフィンなどが成分になっているので、体への悪影響が少ないといわれています。植物性のものに比べ、髪をコーティングしたりする成分など、より効果の高さが期待できる成分が配合されています。

ヘアオイルのメリット

・髪の保湿

水分の蒸発や乾燥から髪を守ってくれます。ドライヤーの熱や外気から髪を守ってくれるので、パサつきや痛みを抑えてくれます。保湿効果が高いのは天然由来の植物性オイル。髪に潤いも与えてくれますよ!

・髪のツヤ出し

髪に馴染みやすく、しっかりツヤを出してくれます。ヘアオイルが髪に馴染みやすいのは、髪の毛に皮脂があるからなんですね。油には油。すっと馴染んでくれます。

・髪の保護

紫外線や熱から髪の毛を守ってくれます。毎日髪の毛をドライヤーで乾かしたり、セットしたりしますよね。その際の熱は髪の毛にダメージを与えます。かといって自然乾燥も髪の毛が傷む原因(乾燥等)になってしまう…。ドライヤーで熱風を当てる前にヘアオイルを塗ることで髪の毛をコーティングし、熱から守ってくれます。アイロンやコテでヘアセットする前も効果的です。

また、肌とは違いダメージを感じにくいので、髪の毛の紫外線対策をしていない方も多いと思いますが、髪の毛も紫外線でダメージを受けます。熱からの保護同様、コーティングで髪の毛を守ってくれるので、外出前に使って欲しいアイテムでもあります。

ヘアオイルを選ぶポイント

・成分で選ぶ

先述したように、ヘアオイルには植物性と鉱物性の2種類があります。保湿効果が高くケアに向いているのは植物性。ツヤ出しや保護に向いているのは鉱物性です。ご自身の髪の悩みに合わせて選びましょう。肌が弱い人は植物性をお勧めします。ボディオイルとしても使えるので、まずは植物性のオイルから使ってみるといいと思います。

・香りで選ぶ

ヘアオイルにはいろんな香りのものがあります。分かりやすいのは「モロッカンオイル」。使っている方も多いと思いますが、ココナッツの甘い香りがします。SNSでも人気の「N.」はナチュラルだけど爽やかな柑橘っぽい香りがふんわり。

私が愛用している「ダヴィネス」は”ザ・オーガニック”という感じの香りがします。ヘアオイルの香りは割と強めなので、香りの好き嫌いで選んで気分で使い分けるのも楽しいですね。個人的に好きな香りのヘアオイルは下記の3点です!

【NAPLA】N. ポリッシュオイル

商品名
N. ポリッシュオイル
ブランド
NAPLA

【product】ヘアシャインセラム

商品名
ヘアシャインセラム
ブランド
product

【Davines】オーセンティック オイル

商品名
オーセンティック オイル
ブランド
Davines

ヘアオイルの使い方

・ヘアケア編

お風呂上がりのタオルドライした髪に使いましょう。軽くタオルドライした髪にヘアオイルを少量手に取り髪に馴染ませ、ドライヤーで乾かします。ヘアオイルは手の平に出して両手で馴染ませてから髪につけましょう。特に傷みやすい毛先やケアが行き届きにくい内側に馴染むように気をつけてくださいね!全体を手ぐしで梳かすようにすると馴染みやすいですよ!

・ヘアセット編

ヘアケア編と同じ要領で使えます。ブローやコテを使う前に髪にオイルを馴染ませて、髪を熱から守りましょう。外気や紫外線、エアコンの乾燥などから髪を守ってくれるので、お出かけ前のヘアセットにも化粧水感覚で取り入れると効果的です。ツヤやまとまりを出したいときは、ブロー後にも軽くオイルを馴染ませると◎

まとめ

ヘアオイルの効果や使用方法についてまとめました!最近では美容院に行っても仕上げにオイルを使うことが多いので、ヘアケアだけでなくヘアセット用品としても注目してみてください。少し高価だと感じるものが多いかもしれませんが、少量で使うものなのでお財布にも優しいはず。紫外線が強くなってくるこれからの季節、髪の毛のケアも忘れずに。

2019.03.28

これいい!!と思ったら
主にTwitterでシェアしよう

さとみ
この記事を書いた人
フリーライター さとみ

音楽とコーヒーと、ときどきお酒を偏愛する国産89年製。
隠しきれない低めの女子力と横着さが、たまに記事にも顔を出します。
必須コスメはリップとコンシーラー。