2020.01.05

【実際に使ってみた!】冬の温美容はバスタイムがカギ!今日から使いたいバスグッズ

なおみ
ライター:
なおみ
肌の乾燥や手足の冷えが気になる、肌寒い季節が到来!「寒いから美容に手をかけることが億劫になる」という人も多いはず。それなら、心も体もリラックスできる暖かいお風呂で「温美容」を始めてみませんか?今回は、私が実際に使用して「手放せなくなったバスグッズ」をご紹介します。

心身ともにリフレッシュしたいときの「バスソルト」

商品名
アーユルタイム
ブランド
バスクリン
香り
レモングラス&ベルガモットの香り
内容量
720g

「今日は疲れた!」「心身ともにリフレッシュしたい!」というときにおすすめなのが、こちらのバスソルトです。

インド産海塩を贅沢に使っており、塩分の発汗作用で内側からポカポカに

天然アロマも使用しているためとにかく香りがよく、天然香料ならではの心地よい香りに癒されること間違いなし。

とくに、ストレス解消効果があると言われるレモングラスのスッキリとした香りは、1日の疲れをなかったことにしてくれます。

乾燥が気になるときはバスミルクでケア

商品名
メディテーションバスα
ブランド
アユーラ
内容量
300ml

外から帰ったら、手や足がガサガサに。冬の手強い乾燥から肌を守ってくれる温美容グッズとして愛用している商品です。

リラックスできるアロマ成分保湿成分・生薬成分2層構造になっており、使用前にボトルを振って混ぜ合わせながら使います。

お風呂のお湯に注いだ瞬間に溢れる、アロマティックハーブの香りはバスルームを極上の空間に。

お湯が乳白色に変わるころには保湿成分が溶け込み、湯船に使っているだけで全身保湿ができるように。

15~20分ほど浸かりお風呂から上がると、かかとやひじがしっとり滑らかになるのが実感できました。

保湿クリームだけでは追いつかない冬の乾燥対策として、ぜひ取り入れてみてください。

今日の冷えに耐えられない!という日はコレをプラス

商品名
中性重炭酸入浴剤
ブランド
BARTH

湯冷めしなくなった!」「短時間でも体が温まる」と一番実感しているのが、こちらの商品。

BARTHは「中性重炭酸入浴剤」で、保温性を高める細かな気泡がお湯の中に溶け込んでいくので温浴効果が期待できます。

このようなタブレット状になっているので、お湯を貯める前にお風呂の底に置くだけで準備が完了!お湯が貯まるころには、温浴ができる状態に。

BARTHは水道水の中の塩素を中和してくれる「ビタミンC」や「クエン酸」、そして、肌の古い角質を剝がれやすくする「重曹」も配合されており、お湯を肌に優しい状態にし、お肌の汚れまでオフできるようになっているところも大きな魅力。

BARTHはタブレットが溶け込んでも無臭透明なので物足りなさを感じる場合は、エッセンシャルオイルをお湯に溶かして好みの香りをプラスするのもおすすめです。

週に一度はスクラブでスペシャルケアを

商品名
ボディスクラブ
ブランド
SABON
内容量
600g

冬こそ、古い角質が蓄積されやすい季節。夏のように肌を見せる機会が減ったからといって手を抜くと、余計に肌トラブルが起きやすい状態になってしまいます。

それを阻止するためにも、1週間に1度のスクラブケアがおすすめ!ボディスクラブの中でも私が愛用しているのが「SABON」の商品。

スクラブだけでなく植物性オイルもたっぷり配合されているので、保湿も同時に叶います。

ポカポカと温まり角質が柔らかくなった状態で使うことで、肌への刺激を抑えながら古い角質がオフできます。

「スクラブケアは夏だけのもの!」と思わず、ぜひ冬の温美容として取り入れてみてください!

冬はバスタイムこそが美容の時間

肌寒くなる冬は、ゆっくりリラックスできるバスタイムこそが絶好の美容タイム!普段のバスグッズにこだわってみるだけでも、保湿や角質ケアにつながります。

その日の気分に合わせて変えられるように、いくつかお気に入りのバスグッズを用意しておくのがおすすめ!ぜひ、気になるバスグッズを試してみてくださいね。

(文:なおみ/編:コスメクリップ編集部)

2020.01.05

なおみ
この記事を書いた人
ライター なおみ

フリーライター、フォトグラファー。「ベタな日常に休日のお化粧を」をコンセプトに、言葉と写真で日常を変えるお仕事をしています。