2019.09.13

魅力たっぷりの海外コスメ!安全に使用するには?

ayame
ライター:
ayame
女性の美意識もグローバル化が進んだ今、海外コスメを好んで使用する人もとても多いですね!でも、海外コスメには注意すべきポイントがいくつかあります。そこで今回は、海外コスメを使用する際に大事なことをまとめてみました!

魅力的な海外コスメが今やとても身近なものに!

誰でも簡単に利用できる通販サイトが増えて個人輸入も簡単になり、いまや有名な海外ブランドからちょっとマニアックなブランドまで、海外コスメはとても身近なものになっています。

どれもおしゃれで斬新で、憧れの海外女優やアイドル、タレントと同じようなメイクができるのが嬉しいですよね。

とくに、韓国など距離的に近い国であれば弾丸トリップですぐ行って帰ってこられるし、なにより日本国内で買うより現地で買った方が安い!

「韓国旅行のお土産といえば韓国コスメ!」という人も多いはず!

日本国内にも専門店が増えてきたし、このビッグウェーブに乗らない手はありません!

でも、海外で個人購入したアイテムには、注意しなければいけないことがたくさんあるって知っていましたか?

お肌に直接使うものだからこそ、細心の注意は不可欠!

今回は魅力的な海外コスメを安心・安全に使用するために、ぜひ知っておいて欲しいことを説明します!

海外コスメだからこそ起こりえるトラブル&予想外の事態とは?

海外コスメには思いもよらないトラップがたくさん!

ここでは代表的な3つのトラブルを紹介します。

その1 日本と海外では化粧品の法律が違う!肌トラブルや違和感の原因に……

日本の化粧品は薬機法という法律に基づいて製造・販売されています。

それは海外も同じで、どの国もその国独自の法に則って化粧品を製造販売しているのです。

問題なのは、それぞれの法律がそっくりそのまま同じじゃないこと!

わかりやすい部分でいうと、化粧品に使える成分が国によって違ったりするわけです。

<日本で禁止されているけど海外では認可されている成分の例>

  • ホルマリン
  • 過酸化水素
  • 過酸化ベンゾイル

<海外で禁止されているけど日本では認可されている成分の例>

  • タール色素

海外コスメを日本向けに発売する場合、日本の薬機法に従って成分を変更して発売します(逆もまたしかり)。

そのため、日本国内で購入して気に入ったアイテムを本国で購入すると、

「いつも使っているのと同じハズなのに、なんだか肌に合わない」

「ちょっと発色が違うかも?」

「使用感に違和感がある……」

なんていうことがあり得るのです!

また、日本人の肌は比較的薄いと言われており、海外コスメをそのまま使用すると刺激が強すぎる場合があるので要注意です!

日本コスメの嬉しいポイント
日本コスメにはタール色素の配合が認められています!

タール色素は発色を鮮やかにさせるため、シャドウやチークなどのポイントメイクをワンランクアップさせる存在!

対して、アメリカでは目元に使用するアイテムにタール色素は配合できず、アイシャドウは少しくすんだ色味が多い印象……。

アイシャドウはアメリカコスメよりも日本コスメがおすすめです!

その2 トラブルがあったら泣き寝入りするしかない?!

日本コスメを購入・使用していてトラブルがあった場合、すぐに製造販売元に連絡するのがセオリー(製造販売元への連絡先はパッケージなどに記載されています)。

すると、製版元から返品交換や弁償などなんらかの対応があり、場合によっては丁寧なサポートも受けられるでしょう。

しかし海外コスメの場合、なにかトラブルがあっても言葉の壁によってその被害を十分に主張できない可能性があります。

ブランドによっては日本向けサポートが充実していることもありますが、対象となるのは日本国内で販売している商品だけというパターンも珍しくありません。

海外にて自分で購入した海外コスメの場合、サポートを受けるのが難しくなってしまうのです。

根気よくやりとりをする気力がなければ、結局泣き寝入りするしかなくなってしまうでしょう……。

その3 買いだめした結果使えなくなってしまう?!

海外でコスメを購入する際、「なかなか来れないから買いだめしよう!」なんていうこともありがちですよね。

でも、その買いだめが危険!

化粧品には安全に使用できる期間が定められています。

特別な記載がない場合、高温多湿と直射日光、急激な温度変化を避けた状態で、未開封なら3年、開封した場合は1年以内に使い切るのがおすすめ

海外コスメもこれに則るべきと考えると、あまりにも大量の買いだめは危険だということがわかりますね。

保管にとくに気を遣わなければいけない商品や、期限が定められたアイテムならなおさら厄介です。

購入する際は、期限と保管方法もしっかりチェックしておきましょう!

それでも海外コスメが大好き!そんな人は……

注意すべき点やリスクが多くても、それでも海外コスメが大好き!

そんな人は、以下の3つの点を意識しましょう!

リスクを十分に理解して自己責任!

海外コスメを現地で購入する場合、一番大事なのは「自己責任」という意識です。

日本人である私たちが日本の法律が適用されない場所で行動するのですから、下調べは入念に行い、

  • 期待していた使用感と違う可能性がある
  • 肌への刺激が強い可能性がある
  • トラブルが発生しても公式のサポートを受けられない可能性がある

上記をしっかり頭に入れておきましょう!

おかしいな?と思ったらすぐに使用を中断!

海外コスメに限ったことではありませんが、肌に違和感があったら即使用を中断することも大事です。

「せっかく買ったんだから」

「高かったから」

「お気に入りだから」

そんな思いが駆け巡るかも知れませんが、肌のためを思うなら即断即決!

とくに、購入から時間がたっているもの(買いだめしたものなど)は要注意です。

なかには使い続けるうちに少しずつ肌に異変が起こることもあるので、その可能性も考慮して買いだめは避けた方がいいでしょう。

日本国内向けに設計されたアイテムだけを使用する

「海外コスメが大好きだけど肌が弱くて使用に不安がある」

そんな人は、日本国内で販売されている日本人向けに処方設計された海外コスメのみに照準を絞るのが無難です。

有名海外メーカーであれば多くが日本国内向けに販売されているため、入手はそれほど難しくないでしょう。

メジャーどころじゃない場合、お目当てのアイテムが日本進出するのをただひたすら待つしかありませんが……お肌のためを思うならそれもやむなし。

あとは、口コミなど情報を頼りにしつつ、「ダメで元々」精神でチャレンジしてみるかですね。

最近はいろいろなメディアからコスメに関する情報を得ることができるので、手持ちのツールをフル活用しましょう!

海外コスメの魅力は計り知れませんが、だからこそリスクもつきもの。

安心・安全に美を求めるためには、知識をしっかり持たなければなりません。

海外コスメの購入を考えている人は、今回お話しした内容を忘れないでくださいね!

(文:ayame/編:コスメクリップ編集部)

2019.09.13

ayame
この記事を書いた人
フリーライター/コスメコンシェルジュ ayame

元化粧品会社研究員で現在は主婦兼フリーライター。愛猫2匹とのリラックス時間が最大のスキンケア!北の大地から美容に役立つ情報をお届けします!