2019.07.26

メイクブラシの正しい洗い方!汚いブラシのデメリットを知ろう!

Biyouotaku
ライター:
Biyouotaku
メイクブラシを使うとファンデーションやアイシャドーなどをキレイに塗る事ができます。メイクブラシは一体どのくらいの頻度で洗えばいいのでしょうか?

汚いメイクブラシは肌荒れの原因になるので最低週に一度ほどブラシを洗ってあげるといいです。今回は汚いメイクブラシを使う事のデメリットとメイクブラシの正しい洗い方を徹底解説していきます!

汚いメイクブラシのデメリット

メイクブラシが汚くたって問題ないんじゃない?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、メイクブラシが汚いと次の様なデメリットがあるんです。

上手くメイクが出来ない

何度か使って汚れたメイクブラシはメイクアップをしづらくさせてしまいます。上手に塗るにはキレイなブラシを使う事が重要です。メイクがうまく出来ないと感じる人は道具であるメイクブラシをキレイにする事がメイク上達への第一歩です。

不衛生でお肌に良くない

メイク前にキレイに顔を洗ってバッチリスキンケアをしても、すでに汚れているメイクブラシを使う事であなたのお肌は不衛生な状態になってしまいます。ニキビや肌荒れを起こしやすい人は少しでもお肌を清潔に保ったほうがいいので、一度使ったブラシはすぐに洗って毎日キレイなブラシを使うのといいです。

眼病の原因になる

アイシャドーやアイライナー用のブラシは目のかなり近いところで使用します。不衛生なブラシを使い続ける事で目の衛生状態を悪くしてしまう可能性があります。最初はちょっと目の調子が悪いくらいかもしれませんが、最悪眼病の原因にもなりかねないので、目の周りに使うブラシは特にキレイなものを使ったほうが安全です。

化粧品の劣化の原因になる

化粧品はある程度の期間内は防腐剤によって菌が増えない様に作られています。ですが、毎回キレイなブラシを使うのと一ヶ月間使い続けてきたブラシを使うのとでは化粧品の劣化スピードが変わってきます。パッケージや見た目が可愛い化粧品はずっと使っていたいものですが、化粧品はいつか腐ってダメになってしまいます。出来るだけ長くお気に入りの化粧品を使うなら、キレイなメイクブラシを使うのが秘訣です。

メイクブラシの正しい洗い方

メイクブラシの洗い方は色々な方法があり、商品や使う人によってもやり方は様々です。今回は私がオススメするメイクブラシの正しい洗い方やコツを紹介していきます。

サクッと使えるブラシクリーナーはスプレータイプ

メイクコーナーに必ず置いておいてほしいアイテムがスプレータイプのメイクブラシクリーナーです。このタイプのブラシクリーナーはティッシュやコットンなどにスプレーをしてブラシをこする様に汚れをとります。

アイライナーや口紅など取りづらいメイク用品を使ったらすぐにスプレーブラシクリーナーでキレイにする様にしましょう。また、大きいパウダーブラシなどを簡単に抗菌するのにも役に立ちます。

格安洗剤でもキレイになる

私が愛用しているブラシクリーナーの1つがザ・ダイソーのパフ・スポンジクリーナーです。透明のジェルテクスチャーの液体です。落ちづらいファンデーションやコンシーラーなども簡単にキレイにする事ができて、コスパが最高にいいのも素晴らしいです。この商品はブラシだけではなくスポンジ類にも使いやすいです。

ブラシ洗い用シリコンマットで楽々洗浄

ブラシを洗うのに重宝するグッズがブラシ洗い用シリコンマットです。様々なメーカーから色々な形が発売されています。小さいブラシは小さい凸凹、大きいブラシは大きい凸凹が多いものが使いやすいです。時間をかけないと取れないしぶとい汚れも数秒で簡単に取れてしまうのがこの便利グッズの凄いところです!

メイクブラシを乾かす時のアドバイス

メイクブラシは洗ってすぐにメイクコーナーに立てかけてはいけません。完全に乾燥するまではブラシの先が下に来る様にして置いておかないと、ブラシの接着剤部分が劣化をしてブラシがすぐの壊れてしまいます。乾かす時は直射日光の当たらない風通しの良いところで乾かすといいです。

まとめ

今回はメイクブラシの正しい洗い方!と汚いメイクブラシを使うデメリットを紹介しました。汚いメイクブラシを使う事で色々とデメリットがあるので、何本かスペアのブラシを用意して、出来るだけ清潔なブラシを使うようにしてみましょう。そして、週一度ほど、お掃除のついでにメイク用品もキレイにしてあげて下さいね!

(文:biyouotaku/編:コスメクリップ編集部)

※《ザ・ダイソー》《パフ・スポンジ専用洗剤》はライターの私物です。

2019.07.26

Biyouotaku
この記事を書いた人
メイクアップアーティスト Biyouotaku

海外在住。小さい頃から美容オタク。大好きな愛犬とゴロゴロするのが好きです。