2020.07.11

旬顔になりたい方必見!プロ愛用 2020 夏コスメで楽しむトレンドメイク

古賀令奈
ライター:
古賀令奈
いよいよ夏本番! メイクで旬の顔に仕立ててみませんか? マスク時の主役となるアイシャドウは、カラーを思いきり楽しんで。暑い時期はマスクを外しがちなので、口もとにも色を仕込んでおきたいところ。

軽やかに、鮮やかに、華やかに。いつもの表情に夏らしさを添える素敵なコスメたちを集めてみました。

単色で抜け感が出せるオレンジブラウン

まずご紹介するのは、単色仕上げでもアイメイクが様になるコスメデコルテ「アイグロウジェム」BR300(税抜2,700円)。

湿度を感じるマット「スチーミーマット」を採用しており、夏らしい透けるようなマットを楽しめます。

BR300は、やや色褪せたオレンジブラウン。鮮やかになりすぎることなく目元にインパクトを与えてくれる絶妙カラーです。

塗り方は、指でトントンするだけ。目のキワが濃く、アイホールに向けて淡くなるように塗るだけで、簡単にグラデーションが生まれます。

単色で仕上げることで、目もとに抜け感を演出。画像のように同系色のアイライナーと合わせると、重くならずに目元を引き締めることができますよ。

2020夏コスメなら・・・コチラも!

目もとを夕焼け色に染めるプチプラ2色

プチプラで綺麗なカラーメイクをしたい方には、マジョリカマジョルカの新色2つがおすすめです。

シャドーカスタマイズ(フローティング)VI101 ヒヤシンス(税抜800円)と「シャドーカスタマイズ」RD303 すずめ(税抜500円)を組み合わせることで、まるで夕焼け空のような美しい目もとを演出できます。

すずめは深みのあるブラウンレッド。夏から秋にかけて活躍してくれそうなお洒落なカラーです。この2色を使った夕焼けメイクは以下のとおりです。

ヒヤシンスはラメの輝きが美しいシアーなラベンダー。いつものメイクにトッピング感覚で重ねるだけで、ニュアンスの変化が楽しめます。

  • 1. すずめを上まぶたのキワに入れ、アイホールに向けてぼかす
  • 2. ヒヤシンスをすずめとの境目をぼかすように入れる

  • 3. すずめを下まぶたの目頭から目尻にかけてごく細く入れる
  • 4. ヒヤシンスを3で入れたすずめの上にやや重ねながら、やや幅広に入れる

たった2色で幻想的なメイクができるので、ぜひお試しください。

オン・オフどちらも使える万能アイシャドウ

夏が終わってからも使いやすいアイシャドウが欲しい方は、シャネル「レ ベージュ パレット ルガール」ウォーム(税抜7,500円)がおすすめです。

オレンジやコーラル、ベージュ、ブラウンなど暖色系のナチュラルカラーで構成されたパレットは、オフィスからプライベートまで幅広いシーンで活躍します。

Cのオレンジの塗り方次第で華やかにも控えめにもなるので、その日の服装や気分によってメイクを調整するとよいでしょう。

ここでは、オレンジをしっかりと入れた華やかなメイクをご紹介します。

  • 1. Aをアイホール全体に塗る
  • 2. DをA目頭2/3に、下まぶたの目頭2/3あたりまで入れる
  • 3. Cを目尻1/3まで眼球に沿わせるように塗り、下まぶたの目尻1/3あたりまで入れる
  • 4. Bを目のキワに入れる

輝きを足したい場合は、Eをまぶたの中央にのせるとよいでしょう。さまざまなメイクパターンを楽しめるので、持っておいて損のない一品です。

ライトブルーとイエローで洗練カジュアルモード

最後にご紹介するのは、エトヴォス「ミネラルクラッシィシャドー」#モーニングサーフ(税抜4,000円)。

ライトブルーとイエローの組み合わせが夏らしい限定カラーです。

エトヴォスといえば、ミネラルコスメ。石けんで落とせるタイプなので、クレンジングを避けたい方やまつ毛エクステの方にもぴったりです。

どれもやわらかい発色なので、遊びのきいた配色でも上品な仕上がりに。筆者はライトブルーとイエローを主役にしてメイクしていますが、自然な雰囲気を出すことができました。

  • ① Aを上まぶたの目頭1/3まで入れる
  • ② Dを上まぶたの目尻2/3に入れる
  • ③ Cを下まぶたの目尻1/3に入れる
  • ④ Bの目のキワに入れる

カジュアルモードな夏メイクになるので、気分や服装に合わせて取り入れてみてくださいね。

2020年夏コスメは、こちらも注目です!

ひと塗りで洒落感、こなれイエローリップ

エトヴォスでもうひとつ見逃せないのが、洒落感たっぷりのイエローリップ。「ミネラルルージュ」#ウォルナットイエロー(税抜3,000円)は、こなれムード漂う限定色です。

一見難しそうに感じますが、意外と使いやすいのがうれしいところ。イエローとブラウンの中間くらいの色で肌になじみやすく、さりげなく普段と違う印象を楽しめます。

質感は、シアーより重たく、セミマットよりやや軽め。唇の色やくすみはカバーしつつも、なめらかで軽やかな塗り心地です。

こちらもクレンジングフリーなので、石けんで落とすことができますよ。塗っている間にうるおいを与えてくれるから、唇の乾燥が気になる方にもおすすめです。

主役リップに最適、鮮やかピンクオレンジ

夏気分を全力で楽しみたいときは、シャネル「ルージュ ココフラッシュ」146 ダズル(税抜4,000円)を。

ひと塗りで目が覚めるように鮮やかな口もとになれます。

ピンキッシュなオレンジは、夏らしいフレッシュな印象に。繊細なラメとツヤがフレッシュ感を高めます。

軽やかな塗り心地で使用感もよく、ビビッドでありながら使いやすい一品です。

毎日使いたいバームリップは、上品なピンクブラウン

サッと使える便利なリップといえば、ランコム「ラプソリュ マドモワゼルバーム」008 ぷっくりローズ(税抜3,800円)。

ペパーミントオイルやマカダミアオイルを配合し、ふっくらつややかな唇を演出します。

唇の上をスルスルとのびるなめらかさは、一度使うとやみつきに。口紅が苦手な方にも使いやすいテクスチャーです。すっとした清涼感が心地よく、水色に輝くケースも涼しげで夏に似合います。

上品なピンクブラウンだからシーンを問わず使いやすく、落ち着きのあるソフトモードな表情に仕立ててくれます。一本持っておくととても便利なリップですよ。

あなたにとってベストな夏コスメを

今回ご紹介した夏コスメは、どれも季節感やトレンドをおさえたものばかり。メイクで夏らしさを盛り立てて、暑い日々も楽しく乗り切ってみてはいかがでしょうか。

(文:古賀令奈/編:コスメクリップ編集部)

2020.07.11

古賀令奈
この記事を書いた人
美容ライター/コスメコンシェルジュ 古賀令奈

コスメをこよなく愛する美容ライター。有名女性向けメディアや企業の公式サイトなどで美容記事を多数執筆。コスメ選びのプロフェッショナルとして、みなさまのお悩みやご要望にあわせたコスメ情報をお届けします。