2020.08.18

男もネイルする時代!【男女別】今年を彩るサマーネイルを大公開!

shiki
ライター:
shiki
指先彩るネイルは女性だけの特権?
いやいや!男性もネイルしておしゃれを楽しんじゃおう!ということで、今年の夏を彩るサマーネイルを男女別でどどんと紹介していくよ!

【女性向け】の夏らしいネイル5選

夏はイベント盛りだくさんの時期だから、指先のおしゃれにも気を遣いたいところ。可愛いもキレイも良いところは全部自分のものにしたいのが、女子の本能ってやつだよね!

今回はジェルネイルでいくつかデザインを作ってみたけれど、マニキュア(ポリッシュ)でも作れるアートもあるからセルフネイラーさんはぜひチャレンジしてみてね!

あわせてよみたい↓

果汁100%!オレンジネイルで個性を出そう!

フルーツネイルの中では割と簡単に描けるオレンジネイル。

夏らしいフレッシュなネイルが楽しめるし、ジェルでもマニキュアでも描けるからネイル初心者さんにもおすすめ。
好みで水滴を入れてもOK!

【やり方】
  1. ベースジェル(マニキュアならベースコート)を塗ってから、カーブを付けながらオレンジ色を斜めに塗る
  2. 硬化(乾燥)させて、ホワイトのラインを引く (※この時果肉部分を残すように引くので、丸みを出しつつ形を整えていく)
  3. 爪の根元側にオレンジのラインを引いて皮を描く
  4. 硬化(乾燥)させて、トップジェル(トップコート)を塗って完成!

奥行き有りの紫陽花ネイル

元々梅雨用のネイルとして作ったものだけど、夏真っ盛りでも全然映える紫陽花ネイル! 白くて小さい4枚の花弁が特徴の、淡いニュアンスネイルだよ。

ただマニキュアだとちょっとアートが難しい部分があるから、ジェル向けのネイルかな。クリアジェルを1枚挟むだけで奥行きが出るから、簡単なのに凝ったようなデザインになるよ!

【やり方】
  1. 白多めの水色を全体に塗って、オーロラカラー(クリアジェル×ラメ)を塗って硬化 (※ベースカラーは2度塗りの、オーロラカラーは1度塗り)
  2. ブルーのラインを好みの部分に引いて硬化 (※画像だと左側に4~5本引いている)
  3. 先が尖った筆でホワイトを少量取って、バランスを見ながら4枚1組の花弁を数枚描いて硬化
  4. クリアジェルを塗って再度硬化し、空いているところにバランスを見ながら花弁を描く (※花弁が重なったりしてもOK)
  5. 硬化してトップジェルを塗って完成

涼しげなデザインのニュアンスネイル

紫陽花ネイルのサブとしても使えるニュアンスカラー!

紫がかったブルーをベースに、涼しげなデザインでさりげないラメがおしゃれのネイル。自分で作っておいて、完成品を見て「100均に売ってそうなグラスや…」と思ってしまったのは内緒。

【やり方】
  1. 紫がかったブルーを2度塗りして硬化
  2. ブルーを左側の根元と右側の夢先から、スッと引く (※あまり筆圧を掛けずに引くのがポイント)
  3. 硬化せずに、真ん中の根元からホワイトを引いたり両サイドの青に被せるように引いたりする
  4. 硬化してトップジェルを塗って完成

夏の定番ネイル「ドロップネイル」

ドロップネイルはジェルネイルの中でもかなりお世話になるテクニックの1つ!

簡単なのにキレイな水面が作れるから、覚えておいて損はないよ! 水面を作って、ホワイトで波を再現するとより涼しげだね。

【やり方】
  1. 緑っぽい青を全体に2度塗りして硬化
  2. シアホワイト(白乳色)を全体に塗って、硬化せずにクリアジェル(※)を落とし込む
  3. 全体に水面が作れたら、1度硬化
  4. ホワイトで筆を揺らしながら太めのラインを引いて硬化
  5. トップジェルを塗って完成
  • ※クリアジェルは柔らかい(とろみのある)テクスチャのものを使うこと。
  • ※クリアジェルの落とし込みは、爪楊枝の丸い部分かドットペンを使うと上手く水面が作れるよ!
  • ※爪にポンと落とし込むと小さな水面が作れ、爪との接触時間が長いと大きな水面が作れるよ。
  • ニュアンスネイルpart2

    今回はピンク系ネイルのサブとして使える、ニュアンスネイルを作ってみたよ。

    シンプルなデザインだから、1本だけアートを施して後はワンカラーにしても全然映えるネイルかな!

    【やり方】
    1. ホワイトを全体に2度塗りして硬化
    2. 濃いピンクを左上と右下にぽってりと乗せて、クリアジェルで境界線をぼかすようにグラデーションを作る
    3. 1度硬化し、ホワイトで好みのラインやドットを引く
    4. 硬化してトップジェルを塗って完成

    【男性向け】の夏らしいスタイリッシュなネイル5選

    数年前から女性だけでなく男性もネイルする人が増えて来たものの、まだまだメンズネイルの浸透率は低め。

    とはいえ、ネイルサロンに行くとたまに男性のお客さんが施術しているのを見かけたりするよ! プロのネイリストさんに聞くと、月に5人ほど来店して施術を受けているみたい。

    バンドマンの方だったり、サラリーマンの方まで身だしなみを整えるという目的でケアされている方が多いとのこと。

    手がキレイな男性ってそれだけでステータスになるから、イマドキ爪のケアは日頃からするのが◎!

    長期休暇が取れる時には、思い切ってアートを施してみたりするのもOK。カップルでネイルを楽しんでいる人もいるし、イベント限定でその日限りのネイルをするのもおすすめだよ!

    男はやっぱりモノクロでカッコよくキメよう!

    メンズネイルのほとんどが白と黒の2色を使ったものが多いのだけど、デザインはたくさん存在しているから自分好みのものを見つけよう!

    参考までにシンプルだけど夏らしい、ホワイトメインのネイルを紹介。

    【やり方】
    1. ホワイトを全体に2度塗りして硬化(乾燥)
    2. 爪先に好みの幅でブラックを塗って、好みでシールを貼ったりしてもOK
    3. トップジェル(トップコート)を塗って完成

    3本のラインが引いてあるデザインは、真ん中を太めに両サイドを細く引くとさりげないおしゃれが楽しめるよ!

    ワンポイントにクラックネイル

    グラデーションカラーをベースに、黒のラインを不規則に引いたクラックネイル。

    基本的にクラックネイルもニュアンスでOKなので、不器用さんでもオリジナリティ溢れるネイルが楽しめるよ! もちろんネイルサロンに行って「クラックネイルで」と、オーダーしてもOK。

    【やり方】
    1. ホワイトを2度塗りして硬化し、水色をぽってりと白い部分が残るように爪先と真ん中と根元に塗る
    2. 硬化せずに境目をクリアジェルでぼかして硬化
    3. クリアジェルを全体に塗って、硬化せずにブラックのラインを引く(※筆を細かく動かして先端に行くにつれて細くしていくと、それっぽくなる。)
    4. 硬化してトップジェルを塗って完成

    ピンクっぽい方はゴールドのラインで囲んで見たよ!

    好みに合わせてカラーやラインの入れ方を変えてみてもOK。

    クラックネイルの応用「ターコイズネイル」

    男性がよく身に付けている(イメージ)ターコイズをネイルにしてみたよ!

    ベースの色が異なるだけで、手順的にはクラックネイルと同じ。トップジェルを塗る前に、少しだけゴールドやシルバーを中心に乗せると男らしさアップ!

    爪楊枝で簡単!スタイリッシュなレースネイル

    黒のワンカラーにホワイトのラインを描くだけで、シンプルだけどスタイリッシュに仕上がるよ!

    このデザインはジェルでもマニキュアでも作れるから、ネイルのワンポイントとして取り入れるのも全然アリ。

    ホワイトのラインは爪楊枝の丸い部分で描けるから、不器用さんでも適当にクルクル描いたとしてもまとまりが良くなる不思議なネイルだよ!

    難しそうに見えて簡単なものばかり!

    作ってて感じたのが、デザインによっては男女兼用もOKなのでは?ということ。

    せっかくの夏なんだから、今年は例年に比べてさらに磨きの掛かった自分を演出してみよう! 指先をちょっと彩るだけで気分も見た目も変わるもの。

    「ネイルはしてみたいが、全部の爪にするのはちょっと抵抗ある…」

    そんな男性は、親指や薬指などにワンポイントとして取り入れても全然OK! 新しい自分作りのきっかけとして、参考にしてみてね!

    (文:shiki/編:コスメクリップ編集部)

    2020.08.18

    shiki
    この記事を書いた人
    フリーライター shiki

    音楽とゲームを愛するライターです。主にメンズコスメやメンズメイク、さらにはコスプレ記事について執筆しています♪綺麗にかっこよくをモットーに、お得な情報を発信してきます!