2019.08.25

コスパ抜群♪【ダイソーのネイルグッズ】でセルフネイルを楽しもう

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
進化が止まらないダイソーのネイルグッズ。今回は特に気になったものをいくつか購入して、ちょい華やかなフレンチネイルに挑戦してみました♪

使うネイルグッズ&マニキュアはこちら!

ここで使うのは、セルフネイル用グッズとマニキュア、合わせて8点のアイテムです。

【商品名】

  1. ウィンマックス ネイルケアシリーズ ベースコート
  2. GENEネイル ダスティローズ
  3. GENEネイル ホワイト
  4. GENEネイル ゴールドカラー
  5. ネイルパーツシール
  6. ネイルアート用ピンセット
  7. ミニネイルアートブラシ
  8. D ネイルトップコートクイック

※価格はすべて100円(税別)

完成イメージは女性らしいフレンチデザイン

先ほどご紹介したアイテムを使って、自爪に定番のフレンチネイルを施していきます!

ダスティローズとホワイトのマニキュアでシンプルなベースをつくり、ゴールドラメ&ネイルシールでアクセントをプラス。ほどよい華やかさと女性らしさのあるデザインを目指したいと思います♪

ではやっていきましょう(^ ^)/

ダイソーのネイルグッズで Let’s セルフネイル!

【STEP1】ベースコートを塗る

爪の表面をフラットにするため、最初にベースコートを塗ります。

ベースコートというと透明のものがほとんどですが、こちらの『ウィンマックス ネイルケアシリーズ ベースコート』は、ご覧の通りベージュ系の色味。

表面を滑らかにするだけでなく、自爪の色ムラも補正してくれるという優れモノです!

塗ってみると、確かに全体的に赤味が和らいで、薄いヴェールをかけたような仕上がりになりました。

もちろんツヤ感もばっちり。ナチュラルなネイルにしたいときはこのベースコートだけで十分かも♪

【STEP2】メインカラーを塗る

次に、最も広い面積となる部分の色を塗っていきます。使うのは『GENEネイル ダスティローズ』。深みのあるちょっぴり大人っぽい色ですね。

一度塗りでこの高発色! 濃密なこっくりカラーでありながら、ブラウン味があるため落ち着きも感じられます。

【STEP3】ホワイトのマニキュアを塗る

次に、フレンチネイルに欠かせない爪の先端部分を『GENEネイル ホワイト』で塗ります。

面積が狭いところなので、ここではマニキュアの筆は使いません。細かな作業に適した、『ミニネイルアートブラシ』を使用します。

この筆、パッケージに入っているときには気づかなかったのですが、開封してみるときちんとフタのあるケースがついていて驚き! 100円でこの配慮は嬉しいですね。

先端はかなり細く、これさえあればイラストネイルなども自宅でトライできそう(^ ^) 基本は“使い捨て”ではあるものの、しっかりお手入れをおこなうことで繰り返し使用も可能なようです。

ラインを引くときのポイントは、端から端までを一気に描ききろうとしないこと。「左端から中央へ」「右端から中央」へと、手順を何回かに分けるとやりやすいです。

筆でうまく描けない場合は、お家にある絆創膏を使ってみましょう! 絆創膏の両端の丸みが、フレンチネイルのカーブを描くのにぴったりなんですよ♪

やり方はとっても簡単。使いやすいよう最初に絆創膏を中心で2つに切っておき、ラインを描きたい場所に貼りつけます。

このときちょっと注意したいのが、絆創膏の粘着力。あまりに強すぎるとはがす際に下のマニキュアがはげてしまうので、予め指でペタペタと触ったりして、粘着力をある程度弱めておきましょう。

次に、貼った絆創膏の上からマニキュアを塗っていきます。はみ出ないよう気を遣わなくていいから楽ちん!

あとはマニキュアが乾きかけたところで、ゆっくりと絆創膏をはがすだけ。セルフネイル初心者さんや、手元にブラシがない場合にもおすすめの方法です。

【STEP4】ゴールドのマニキュアでラインを描く

手元をより華やかに見せるため、『GENEネイル ゴールドカラー』でラインを足していきます。

描く場所は、ベースカラーとホワイトのラインの境目。先ほどご紹介したネイルブラシにマニキュアをとり、ラインが好みの太さになるまで少しずつ描き足します。

ゴールドの存在感をしっかり出したかったので、私はちょっと太めに仕上げました!

【STEP5】ネイルシールを貼る

さらに『ネイルパーツシール』も併用して、ゴージャス感とアクセントを添えたいと思います。

ダイソーにはおしゃれでかわいいネイルシールがたくさん! どれにしようかかなり迷いましたが、少しエレガントな雰囲気のこちらのデザインを選びました。

ひとつひとつがとても小さいため、シール台からはがすときと貼るときは『ネイルアート用ピンセット』を使います。

普通のピンセットより先端はかなり細め。カクッと角度もついているからコントロールが利きやすいです。 

これで好みのシールを丁寧に取って……。

貼り終わりました! すべての指には貼らず、バランスを見ながらポイント的に配置してみましたヨ♪

こうったモチーフをパーツからつくっていくのは大変ですが、シールなら貼るだけで即完了。しかも100円て。いや~、本当にいい時代になりましたね(しみじみ)。

【STEP6】トップコートを塗る

それでは最後の仕上げです。『D ネイルトップコートクイック』を上から塗って、モチと発色をキープしましょう♪

なんとこのトップコート、45~60秒ほどで乾くのだとか。すごい!

ついに完成ー!!

ジェルネイルっぽく見せたかったので、トップコートは少し厚めに塗りました。そして完成したのがコチラ!

ベースの色がはっきりしているため、ホワイト&ゴールドがイイ感じに映えていますね。トップコートを厚く塗ったことで“ちゅるん”としたツヤ感も◎。

個人的にはとても満足のいく仕上がりになりました♪

おわりに

ハマる女子続出中のセルフネイル。「興味はあるけど、道具やパーツをいちから揃えるのは大変そう」と躊躇している方は、まずはダイソーの商品からチェックしてみましょう。

100円とは思えない品質と豊富なラインナップにきっと驚くはず!

ダイソーに立ち寄る機会があれば、ぜひネイルグッズコーナーにも足を運んでみてくださいね♪

(文:真雛美/編:コスメクリップ編集部)

2019.08.25

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。