2020.04.27

幻のブラウンリップ【ちふれ748番】がプチプラなのに女っぽさ最強レベルと話題!

あんず
ライター:
あんず
SNSや口コミでも話題のブラウンリップ“ちふれ748番”。「プチプラなのに女っぽさ最強!」と、コスメマニアたちが絶賛するちふれの748番を購入してみました。きっとあなたも、これを読んだら今すぐ買いに行きたくなるはず!?

ちふれの神リップ、748番

今回ご紹介するリップはこちら、ちふれの748番(ブラウンリップ)です。

白い額縁と一緒にちふれの幻のブラウンリップが斜めに置かれている。

748番は大人気の口紅なので、すでに知っている方も多いかもしれませんね。

一時は、あまりの人気ぶりに店頭から消えてしまった!なんて騒動もあったそうで……。

こちら、「イエベさんにこそ絶対似合う!」と言われているブラウンリップなんです。

ちなみにわたくしは生粋のイエベです。

しかも、お値段350円(税抜)という衝撃の価格!「これはもう試すしかないわ……。」ということで、さっそく購入してみました。

ちふれ748番をお試し!

まずは色味のチェック!ということで、手に748番を塗ってみましょう。

30代女性の手の甲にCHIFUREの748番がタッチアップされている。

色がわかりやすいように、三度塗りで塗ってみました。感想は、「ブラウン」というよりも「深みのある赤みブラウン」という感じ。

まさしく女っぽさ・大人っぽさ全開!の色です。

さらにうれしいのが、棚ぼた的な感じで想像以上にしっとりツヤ感もあること。

スルスル~っと塗り心地もなめらか!発色がイイだけでなく、ツヤ感まで演出してくれるなんて……ちふれの口紅、最強過ぎです。

この“ツヤ感・うるおい感”について調べてみると、

保湿成分ヒアルロン酸を配合。なめらかにのびて、くちびるにフィット。しっとり、ふっくらとした女性らしい口もとを演出します。
引用元:ちふれ公式サイト

……なるほど、保湿成分にヒアルロン酸が配合されているからしっとりツヤ感があるんですね。これは唇に塗るのが楽しみ!

ちふれ748番を唇にオン!

念願のちふれ748番を唇に塗ってみました。仕上がりはというと……?

30代女性の唇にちふれの748番版が塗ってある。少し微笑んでいる。

二度塗りしてみたんですが、すごくシックに仕上がる赤みブラウンです。

うまく言えませんが、一気にこなれ感が出るというか……女っぽさが最強ににじみ出るというマジック。

実は私、ブラウン系のリップはこれが初めてなんですが(自分には似合わない気がして敬遠してました

でもこれは初めての購入で大当たりした感じです。すでにドハマりしそうな予感。

しかも、保湿成分ヒアルロン酸のおかげでしっかりとツヤ感も!

唇が乾燥しやすい方は、下地に保湿系リップを重ねてくださいね

\時間が経過するとどうなる?/

塗りたては、発色もツヤ感も◎でものすごく優秀!……

でも肝心なのは、「時間が経ったらどうなるの?」ですよね。

ちふれの口紅を朝に塗って、2時間後にチェック。結果はというと……

一枚目の写真(塗りたて)よりも、若干色味・ツヤ感が落ちています。

が!なんといっても350円(税抜)なので、こんなのは許容範囲。

というか、色味が完全に消えているワケでもないのでむしろ優秀です!

ちふれの口紅はケースが選べる!

ちふれの口紅は、ケースを何度も使えるようにケースが別売りされています。

画像引用元:ちふれ公式サイト

ケースを再利用ってすごくエコな取り組みと思いませんか?私はこの中でも、シンプルな「白」を購入。しかも、白のケースはお値段なんと130円(税抜)!あまりに安すぎて思わず二度見しました。

30代女性がちふれのリップのケースをつかんでいる。

ケース無しでも一応繰り出して使えますが、やっぱケースがあると断然使いやすいのでオススメ。

ケースも好きな色を選べるので、楽しみが増えますね!

“女っぽブラウン”でリップメイクがさらに楽しく!

CHIFUREのいろんな種類のリップが繰り出して並んでいる。

画像引用元:ちふれ公式サイト

今回は、巷でバズっているブラウンリップ【ちふれ 748番】をご紹介しました。

さすが748番は話題なだけあって、私にとってドストライクの口紅です。

ちふれの口紅は全部で30色用意されているので、748番以外にもあなたにピッタリの色が見つかるかも!?

何よりたったの350円(税抜)なので、惜しげなく色違いを買い揃えられるのもありがたい!

あなたもちふれの口紅で、もっとリップメイクを楽しんでみてくださいね。

(文:あんず/編:コスメクリップ編集部)

2020.04.27

あんず
この記事を書いた人
フリーライター あんず

敏感肌・乾燥肌・アレルギーをもつ私が美を追い求め、自らの肌を実験台に「本当にキレイになれるモノ」を探求中!趣味のアウトドアでは、楽しむより焼けないことに命をかけ完全防備を貫きます。