2020.03.10

どっち買うべき?Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイル比較!

ゆかり
ライター:
ゆかり
Diorのマキシマイザーとグロウオイル、どちらも「リップケアできる」を売りにしているアイテム。どう違うの?買うならどっちがいいかな?今回は2つのアイテムの違いを比較してみました!

Dior(ディオール)定番のマキシマイザーか、新発売のグロウオイルか

白い服を着た女の子が腕を組んで頭を少し傾けている。

Diorのマキシマイザーを数年愛用しているライターのゆかりです!

1月にDiorからリップオイル「アディクトリップグロウオイル」が発売されましたね!

リップケアもできるリップオイルということで!

同じくリップケアもできるリップグロスのマキシマイザーを愛用しているので、グロウオイルの存在は気になるものの、買おうかすこし悩みました。

結局物欲に勝てずに購入したら、グロウオイルもかなりいい!

わたしのように片方を持っているので購入に踏み切れないでいる方や、どちらを買うべきか迷っている方もいるかなと思ったので、マキシマイザーとグロウオイルがどう違うのか比較してみました

Dior(ディオール)のマキシマイザーって?

白い背景の上にdiorのアディクトリップマキシマイザーが2つ並行に並んでいて少しずれている。

商品名
アディクトリップマキシマイザー
ブランド
Dior
金額
3,700円(税抜)

ずっと大人気の定番商品マキシマイザーの特徴はなんといってもプランパーとして優秀ということ!

唐辛子にも入っているカプサイシンが配合されていて付けると唇がジンジンしてきます。

ハリ感も出て唇の気になる縦皺も気にならなくなるし、なにより唇をぷっくりさせてくれるので手放せない!

保湿力があってしっとりするので、唇が弱いけどマキシマイザーは使えるという人やリップクリームの代わりに使っている人もいます。

色の展開もたくさんあって、定番のピンクは色が付かないけど他のカラーはけっこうしっかり発色するのでこれ1本でも使えます!

Dior(ディオール)のグロウオイルって?

Dior アディクトリップグロウオイルが横向きに置かれている。

商品名
アディクトリップグロウオイル
ブランド
Dior
金額
3,800円(税抜)

新発売のグロウオイルはDior大人気アイテムのアディクトリップグロウのオイル版といった印象。

しっとりとしたオイルが唇の潤いをキープしてくれてうるうる唇が長続きします!

唇の水分量に反応して付ける人によって色が変わる仕様のため、買うときは実際に付けて色味を確かめた方がいいかも。

クラランスのリップオイルと見た目が似ていることでも話題になりましたね!

使ってみた印象としてはクラランスよりも液がさらっとしているんだけどしっとり!

どちらかというとグロウオイルの方がクラランスよりも保湿力がある気がします!

ティントとしての発色と色持ちはクラランスの方がいいですね!

グロッシー ケア ティント オイル」ということで、Diorは1回塗っただけではティント効果はあまり感じられなくて、しばらくしたあともう一度塗ると色が濃く出て長持ちするような気がしました。

Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイルの比較

マキシマイザーとグロウオイルを実際に比べていきたいと思います!

diorのリップが3本縦に並べられている。

マキシマイザーはもともと持っていた、07ラズベリーと12ローズウッド、グロウオイルは15チェリーです。

Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイル-色味と使用感の違い

腕にスウォッチしてみると、マキシマイザーははっきり発色しますが、グロウオイルはほんのり色づく程度のクリアなチェリーカラーといったところ。

テクスチャーもかなり違っていて、

マキシマイザーの方がサラッと、

グロウオイルの方はすこしもったり

しています。

30代女性の手に3種類のdiorのリップがタッチアップされている。

【実際に唇に付けてみます!】

こちらがリップクリームのみの唇です。

マキシマイザー 12ローズウッド

マキシマイザー 07ラズベリー

ローズウッドは絶妙なカラーで上品なローズベージュ。ラズベリーは青みピンクでパッと顔色を良く見せてくれます

付けるとスースーして、しばらくするとジンジンしてきて唇がぷくっとします。

ちゃんと発色するので1本で使えるけど色持ちはいまいちかな…。

頻繁に塗り直さなくちゃダメですね!

グロウオイル 15チェリー

ほんのりピンクに発色、でもしっとりしていて唇が保護されている感じ。

透け感があってナチュラルなので、もともと唇に赤みがある人自然に仕上げたい人におすすめです。

しばらくするともう少し濃くなりますが、物足りない人は何度か重ねた方が◎

ティントなので色持ちがいいです。何回か重ねれば好きな色合いがそのまま続きます!

香りがマキシマイザーより弱いのでリップ下地にはこちらのほうがいいかも。

店頭で他のカラーも試しましたが1番色味がでるものが06ベリー、次にこちらの15チェリーでした。

Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイル-アプリケーターの違い

アプリケーターもけっこう違います!どちらもチップタイプのアプリケーターですが、大きさに差があってマキシマイザーは小さめ、グロウオイルは大きめです!

Dior アディクトリップグロウオイルのアプリケーターと容器が重ねて置かれている。

これは商品の幅がグロウオイルの方が大きいからですね。

グロウオイルの形はクラランスのリップオイルのアプリケーターにそっくりですし、使い心地も似ています!

小さいのでマキシマイザーの方が細かいところが塗りやすいものの、グロウオイルは時間がないときにパパっと塗れて便利!

どちらも液の含みもよくて塗りやすいものの、勢いよく容器から引き抜くと液だれするので注意です!わたしは2回洋服に付けました…。

Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイル-結局どっちを買えばいい?

個人的には「まずはマキシマイザー!」がおすすめ

わたしのおすすめはまずマキシマイザー!です!

好みにもよりますが、マキシマイザーを推すポイントは2つ!

  1. 発色とリップケア両方申し分ない
  2. プランパーとして優秀

特に2番目のプランパーとして優秀という点、唇をぷっくりさせてくれるのはやっぱり魅力的だし、スースーする使用感が気持ちいいので「どっちにしよう?」と迷っておる方や

「とりあえず1本欲しいな」って方はまずマキシマイザーを買うといいかなと思います。

Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイル-それぞれの特徴をまとめると

それぞれの特徴をまとめてみました!

マキシマイザー
  • リッププランパーなのでスースーする
  • 唇がぷっくりする
  • 発色◎
  • グロスとして使える
  • 保湿力もある
  • バニラミントのような甘い香り
グロウオイル
  • ナチュラル派
  • うるおいが欲しい
  • リップケア重視
  • ほんのり発色
  • 長持ち(ティント)
  • 甘い香りはするけどそんなに強くない
  • 色味が欲しい場合はベリーをチェイス

重要視している機能や希望の仕上がり別に選ぶのがおすすめです!

たとえばマキシマイザーはプランパーなのでスースーしたりジンジンしたりするのが苦手という方やモチが気になるからティントがいいという方はグロウオイルの方が使いやすいと思います。

選ぶ際の参考にしてもらえると嬉しいです…!

Dior(ディオール)マキシマイザーとグロウオイル-まとめ

いかがでしたか?どちらか迷ったらマキシマイザーをおすすめしますが、どちらも唇に優しく、保湿力バツグンだったのでぜひ試してみてください!

どうしても選べなかったら両方買っちゃうのもアリですね!

(文:ゆかり/編:コスメクリップ編集部)

2020.03.10

ゆかり
この記事を書いた人
ライター ゆかり

リップと猫目ラインが好きなライター。ベースもポイントメイクも自分の顔に合ったメイクを心がけています。