cosmeclipは2020/11/30(月)を持ちましてサイト内の記事更新が終了となります。詳細はこちらをご確認ください。

2020.02.07

色々なリップライナーの使い方 ★唇をもっと魅力的に

Biyouotaku
ライター:
Biyouotaku
今回は唇メイクに注目!唇を魅力的に見せるのは口紅だけではなくてリップライナーも実は重要なんです。あなたはリップライナー使う派、使わない派?今回はより詳しくリップライナーの使い方を解説していきます!

リップライナーって必要?

リップライナー 各種

リップライナーは赤を中心とした色味が中心のリップ用コスメで、主に唇の輪郭を整えたり唇を大きく見せる目的などで使われるメイクアップアイテムです。

リップライナーは必ずしもメイクに必要なアイテムではありませんが、使うことで様々な効果を得ることができる便利なメイクアイテムの1つです。

リップライナーを使ってできること
  • 唇を大きく(または小さく)みせる
  • 唇のバランスを整える
  • 口紅を長持ちさせる
  • 口紅としてリップライナーを使う(口紅よりもナチュラルな仕上がり)
  • 濃い色味の口紅の前に使うことでガイドラインとして使える
  • 口紅の後に塗って唇の形を整える

リップライナーには削る必要のあるペンシルタイプと、くるくると回して使うペンタイプがメジャーです。リップライナーを長持ちさせるには、ウォータープルーフのいいリップライナーを見るけることが大切です!

個人的にはメイクアップフォーエバーのアクアシリーズ(水に強いメイク)から出ているリップライナーがオススメです。

商品名
アクアリップ
ブランド
メイクアップフォーエバー

リップライナーの使い方

ここから一部写真解説付きでオススメのリップライナーの使用方法を紹介していきます。

全体に塗って口紅を長持ちさせる

リップライナーは唇の輪郭を整えるものですが、実は輪郭だけではなく唇全体に塗った方が口紅を長持ちさせることができます。また、リップライナーと口紅を使った際に、輪郭しか塗っていないとメイクが崩れた時にリップライナーだけ残って見えてしまうことがあります。メイクが崩れてもある程度自然に見えるように、リップライナーを全体に塗っておくとメイクが崩れた時も安心です。

濃い口紅の後に輪郭を整える

赤、茶色、紫、青、黒などなど濃厚な色味の口紅を塗る場合、輪郭の部分が少し描きづらいことがあります。その理由は、肌色と口紅の色の差が強いので、はみ出したりすると顕著に見えてしまうためなんです。リップメイクは失敗すると何度も直さないといけないので大変ですよね。ですので、濃い口紅は輪郭ギリギリではなく少し内側までで止めておいて、最後に同じ色のリップライナーで輪郭を描くときれいに仕上げることができます。

ナチュラルリップ

ナチュラルリップ イラスト

あなたの唇の色と全く同じ色のリップライナーを使うことによって、好みの唇の形に寄せることができます。リップライナーだけの場合はマットに仕上がるので、しっかり唇を保湿しておいてからリップライナーを使うのがオススメです。

リップライナーを全体に塗った後にリップクリームやリップグロスを塗ることで自然に仕上がります。

立体的リップ

立体的リップ イラスト

口紅の色よりも濃い色味のリップライナーを使うことで立体的な口元に見せることができます。写真のように、輪郭から内側にかけでリップライナーが薄くなっていくように描きます。

そしてこの上から口紅を重ねます。口紅は一色でもいいですし、何色も使っても大丈夫!外側に濃い色味、内側に明るい色味を使うことで唇の真ん中がふっくらと見せることができます。

完璧な赤い口紅

完璧な赤い口紅 イラスト

マリリンモンローのような完璧な赤い口紅は、ただ赤い口紅を塗っただけでは作ることができません。この写真のように赤いリップライナーで唇全体を塗り、そしてこの上から口紅を2〜3回重ねていきます。最後のレイヤーまでは口紅を塗って軽くティッシュオフを繰り返しますこうすることでかなり長持ち!濃厚なセクシーレッドリップを作ることができますよ。

リップライナーの使い方-まとめ

今回はリップライナーの使い方をより詳しく紹介しました。ナチュラルメイクが好きな人は口紅を塗らなくてもリップライナーだけ!というのも結構オススメなメイク方法です。ぜひ試してみてくださいね!

リップメイクについては、こちらでも詳しくご紹介しています^^↓

(文:古賀令奈/編:コスメクリップ編集部)

2020.02.07

Biyouotaku
この記事を書いた人
メイクアップアーティスト Biyouotaku

海外在住。小さい頃から美容オタク。大好きな愛犬とゴロゴロするのが好きです。