2019.10.24

ニュアンスチェンジもできる!リンメルの個性派カラーリップ

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
今回は、いろいろな使い方ができるリンメルの優秀リップをご紹介。これさえあれば、手持ちのリップもまた違う表情で楽しめるかも!?

ニュアンスチェンジができるリップが欲しい!

少し前から注目されている、ニュアンスチェンジができるリップアイテムたち。

パープルにブラック、イエローなど、一見リップカラーとは思えない奇抜な色が特徴で、いつものリップに重ねると、普段とは違う発色が楽しめるという代物です。

ニュアンスチェンジができるカラーをイラストで説明

私もニュアンスチェンジができるリップを求めてはいたものの、

「どうせなら単品でも使えるものがいいな〜……」

という思いもあり、購入するのをずっと渋っていました(汗)。

そんなときに発見したがこちら! 

リンメルのラスティングフィニッシュ ティントリップです。

カラフルな背景にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ006ダークプラムと009レモンイエローを置く

今回は、かなりモードめな『006 ダークプラム』と、フレッシュな『009 レモンイエロー』を購入。

こちらはニュアンスチェンジ専用のアイテムはありませんが、こんな個性派カラーならきっと手持ちのリップも違う雰囲気にしてくれるはず! 

さてさて、一体どんな発色をするのでしょうか?

レモンイエローは肌なじみのいい絶妙カラー

白い背景にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ009レモンイエローを置いている

まずは『009 レモンイエロー』から見ていきましょう♪ 

ご覧のとおり、かなりパキッとした色味ですが、実際に塗ってみると……。

20代女性の腕にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ009レモンイエローをタッチアップ

肌にスッとなじむオレンジっぽい色に! 

透明感のあるシアーな発色で、とても自然な仕上がりです。

塗り心地もなめらかで、表面がツヤツヤになりました(^ ^)/

では、手持ちのリップと重ねてみましょう。

こちらが今回実験するリップ。

ちょっと明るめの青味がかったピンクです。

上が『ラスティングフィニッシュ ティントリップ』を重ねる前、下が重ねた後です。

ピンクの青味が抑えられて、コーラル寄りの色に変化していますね! 

このワンステップで、イエベの私により似合いやすい色になりました♪

20代女性の腕にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ009レモンイエローをピンクのリップの上にタッチアップビフォーアフター

ダークプラムは大人っぽくて普段使いも◎

白い背景にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ006ダークプラムを置く

続いては、『006 ダークプラム』。

かなり暗い色味ですが、塗るとどんな発色をするのでしょうか?

20代女性の腕にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ006ダークプラムをタッチアップしている

こちらも『009 レモンイエロー』と同様、シアーでナチュラルな色づき! 

もう少し黒っぽくなると思っていましたが、使い勝手のよさそうなワイン系のカラーです♪

ではこちらも先ほどの手持ちリップに重ねてみましょう。

上が重ねる前、下が重ねた後です。

20代女性の腕にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ006ダークプラムをピンクのリップの上にタッチアップビフォーアフター

明るいピンクがグッと落ち着いて、大人っぽいワインレッドに変わりました! 

これだけ色が変わると、もはや同じリップをベースに使っているとは思えませんね(笑)。

予想を超える色の変化に驚きです♪

リンメルの『ラスティングフィニッシュ ティントリップ』はここもすごい!

白い背景にリンメルのラスティングフィニッシュティントリップ006ダークプラムと009レモンイエローを置いて真ん中に髪の長い20代前半女性のイラスト

シアーな発色とリップカラーのニュアンスチェンジが楽しめる、リンメルの『ラスティングフィニッシュ ティントリップ』

その魅力はまだまだあります。

例えば色もちのよさ

オイルをバランスよく配合したティントリップなので、自然な色づきを長時間キープしてくれます。

さらに、ソフトフォーカス効果のある球状粉体が、唇をふっくらとボリューミーに演出。

美容液成分も入っているため、しっとりと潤いのある口元に仕上がります♪

おわりに

単品で使ってもよし、普段のリップに重ねてもよし。

リンメルの『ラスティングフィニッシュ ティントリップ』は、これからあらゆるシーンで大活躍してくれそうです(^ ^)/

みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!

(文:真雛美/編:コスメクリップ編集部)

2019.10.24

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。