2020.08.04

マスカラ下地の名品!エレガンス【カールラッシュフィクサー】で自信の上向きまつげに

あんず
ライター:
あんず
華やかな目元といえば、“くるんと上向きのまつげ”がポイントですよね。そんな憧れのまつげに仕上げてくれるのは……そう、マスカラ下地の存在!今回は、エレガンスの名品とも言われるマスカラ下地をご紹介します。

【エレガンス/Elegance】カールラッシュフィクサー

エレガンスのマスカラ下地「カールラッシュフィクサー」は、エレガンスの名品!とも言われているほど人気のアイテム。私もずっと気になっていたマスカラ下地です。

商品名
カールラッシュフィクサー
ブランド名
エレガンス
価格
3,000円 (税抜)

こちらのマスカラ下地のポイントは、

  • 自まつげくるんとカール!
  • カールが長時間キープ!

と、マスカラ下地の仕事をほぼカンペキにこなしてくれる逸品との事。

実は筆者の自まつげ、悲しいほどに真っすぐ下向きです。

一生懸命ビューラーでカールをしてマスカラ下地を塗り、マスカラを重ねても、気づけば「あれ!?あのカールはどこへ……?」と空しくなってしまうほど、なかなかカールがキープされません。

今まで色々なマスカラ下地をジプシーしてきましたが、できればこのカールラッシュフィクサーで「マスカラ下地を探す旅はもう終わりにしたい!」という想いです。

カールラッシュフィクサーの中身をチェック!

では、さっそくカールラッシュフィクサーをチェックしていきましょう。まず、ボトルがゴールドで高級感たっぷり。

神々しくて、「さすがエレガンス!」という感じですね。ポーチに入れておくだけでテンションが上がりそうです。

中身をあけてブラシを出してみると……

塗りやすそうなストレートブラシが登場。こちら、繊維が入ってないタイプのマスカラ下地です。

繊維が入っているマスカラ下地って、モノによっては繊維でまつげが白く固まったり、マスカラを塗るとボテッとダマになったり……。

キレイに仕上がらなかった経験もあるので(筆者が不器用なだけかもですが……)これなら期待できるかも!?

いざ!カールラッシュフィクサーでまつげメイク

では、カールラッシュフィクサーをまつげに塗ってみましょう。まずはこちら、筆者のすっぴんのまつげ(自まつげ)です。ビューラーも何もしていません。

まつげが下向きの直毛なので、目元のインパクトに欠けますね。やっぱり華やかさが全然足りない……!

しっかりビューラーでまつげをカールしてから、カールラッシュフィクサーを塗ってみます。

上まつげ、下まつげに塗ります。液体が透明なので、スルスル~っとすごく塗りやすい!

「繊維が白く固まってダマになってしまった……」なんて失敗もありません。

お次は、いよいよこの上にマスカラを重ねてみます。果たして仕上がりはどうなのか……!?

おぉ!ぱっちりと目力がすごい!

カールもばっちりで、くるんと上向きにカールキープされています。すっぴんまつげとの変化がわかりやすいようにビフォーアフターで比べてみると、

20-40代女性 エレガンス マスカラ下地 カールラッシュフィクサー 使用前使用後

もはや一目瞭然ですね。

“カールされたまつげ”っていうだけで、こんなにも目元の印象が華やかになるんだ……と実感。

というか、今まで繊維入りのマスカラ下地しか使ってこなかったので、透明の液体でもここまでしっかりカールされることにビックリしています。やっぱりエレガンスの実力はすごい。

……あとは、カールがどれくらいキープされるのか「持続力」が勝負ですね!

6数時間経過後、カールはどうなった!?

カールキープを謳うマスカラ下地でも、モノによっては時間が経つと「あれ!?もうカールが落ちてる……」という悲しい経験もありました。それほど頑固な直毛下向きまつげの筆者なので、カールキープ力はしっかりこだわりたい所です!

メイク時にカールラッシュフィクサーでまつげを仕上げてから、6時間ほど経過した夕方に鏡をチェックしてみました。結果はというと……!?

これ、もう大合格じゃないでしょうか?

まつげメイクをしてから半日も経っているのに、横から見てもクルンとカールがキープされていることに感激!長かったマスカラ下地選びに、ようやく光がさしました……。

こちらでは、エレガンスのマスカラも一緒にご紹介しています↓

カールラッシュフィクサーは、やっぱり実力派!

今回は、エレガンスのマスカラ下地カールラッシュフィクサーをご紹介しました。すごく人気なだけあって期待値はMAXだったんですが、やっぱり買って大正解。期待を裏切らない実力と仕上がりに、もう大満足です。

「クルンとカールができて、カールキープ力のあるマスカラ下地を探している」という方がいたら、ぜひ一度試してみてほしい逸品です!

(文:あんず/編:コスメクリップ編集部)

2020.08.04

あんず
この記事を書いた人
フリーライター あんず

敏感肌・乾燥肌・アレルギーをもつ私が美を追い求め、自らの肌を実験台に「本当にキレイになれるモノ」を探求中!趣味のアウトドアでは、楽しむより焼けないことに命をかけ完全防備を貫きます。