2020.01.18

冬こそ出番!カラーマスカラでウインターメイクを楽しもう!

ayame
ライター:
ayame
心も体もアクティブになる夏に比べると、秋冬はメイクもおとなしくなりがち…。
そこで今回は冬こそ楽しみたいカラーマスカラについて、カラー別におすすめポイントをまとめました!
ウインターメイクのバリエーションを増やすのに、ぜひお役立て下さいね。

冬こそカラーマスカラでメイクに遊びを!

冬は乾燥の季節。

肌も心も縮こまり、スキンケアには力を入れても、メイクには遊び心がなくなってしまいがち……。

もちろん、冬だからこその色味やトーンを抑えたメイクも素敵なのですが、そこにほんのちょっとの遊び心をくわえてみてはどうでしょう?

シャドウやチーク、リップで遊ぶとなると少し勇気がいりますが、カラーマスカラならあまり悪目立ちしません。

目元を印象的に整えたり、メイク全体に統一感を持たせたり、クールに決めたり色っぽく見せたりガーリーさを演出したりと、適したカラーを選べば仕上がりは無限大!

この冬、ぜひともカラーマスカラにチャレンジしてみて下さい!

定番のブラウンなら初心者さんにも扱いやすい!

カラーマスカラ初心者さんにおすすめなのは、なんといってもブラウン!

アイメイクに溶け込みやすくナチュラルなので、オフィスメイクなどの普段使いにも最適です。

また、ブラウンのカラーマスカラはアイメイクをまろやかに見せる効果も。

「ブラックのマスカラだと目元がキツくなりすぎてしまう!」「まつげにたっぷりボリュームが欲しいけどあくまでもナチュラルにしたい!」という人にぴったりでしょう。

なかなか勇気が出ない人は、ブラックに近い焦げ茶からチャレンジしてみてくださいね。

ピンクはやわらかくガーリーな目元に

ガーリーで可愛らしい目元を演出したいなら、ふんわり発色のピンクのカラーマスカラがおすすめ。

チークやリップメイクと色味を合わせれば、メイク全体に統一感も出るでしょう。

一重や奥二重で「ピンクのアイシャドウはまぶたが腫れぼったく見える」という人にも、ピンクのマスカラなら使いやすいはず!

ピンクをポイント使いすることで、いつものメイクのなかにさりげない可愛らしさをプラスできるでしょう。

ちなみに、ピンクの色味をローズ系などエレガンスなものにすれば、大人っぽさも演出できますよ。

ワインレッドで印象的な色気のある目元がつくれる!

挑戦的な色気のある目元をつくりたいなら、秋冬にこそ大活躍なワインレッドはいかがでしょう?

アイシャドウをあえて控えめにして、大胆にワインレッドのマスカラをオンすれば、レディーな色気のある目元の完成!

一口にワインレッドと言っても、ややダークなトーンのものを選べばブラックを少しやわらかくした程度の印象なので、思っているほど難しい色ではないはずです。

パーティーシーンや夜の会食など、ここぞ!というときのために1本もっておきたいカラーですね。

クールなブルーでできる女を演出!

夏にイベントなどで活躍するブルーのカラーマスカラ。

「冬に使うとちょっとクールすぎるかな?」と思うかも知れませんが、ネイビーに近い色味を選べば冬でも大活躍まちがいなし!

青は白を引き立てる色でもあるため、ブルーのマスカラは白目を澄んだ印象にし、透明感のある目元にしてくれます。

キラキラした白目が美しい、冬映えする瞳を演出するならブルーで決まり!

意外とピンク系のメイクとの相性もいいので、色味の足し算引き算をしながらメイクを楽しんでみてはどうでしょう?

冬はほかにもパープルやグリーンが使いやすい!ぜひチャレンジを!

カラーマスカラの色選びとしては、ほかにも秋冬に欠かせないグリーン(カーキ)系や、ブルーとピンクのいいとこ取りができるパープルなどもおすすめです。

まずはプチプラでいろいろな色味でマスカラメイクを楽しみ、「これだ!」というカラーを見つけたら機能性も重視して、ブランドやメーカーなどを加味した本格的なカラーマスカラ選びをするといいでしょう。

冬のメイクをもっと楽しむために、ぜひカラーマスカラを活躍させてくださいね。

(文:ayame/編:コスメクリップ編集部)

2020.01.18

ayame
この記事を書いた人
フリーライター/コスメコンシェルジュ ayame

元化粧品会社研究員で現在は主婦兼フリーライター。愛猫2匹とのリラックス時間が最大のスキンケア!北の大地から美容に役立つ情報をお届けします!