2020.04.11

目元がパッと華やかに! オルビスの「シャインカルテットアイズ」

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
今回は、上品なきらめきが美しい、オルビスの「シャインカルテットアイズ」をPick Up! 発色や具体的な使い方など、詳しくご紹介していきます!

目元を女性らしく彩るオルビスの「シャインカルテットアイズ」

なんとなーく立ち寄ったオルビスショップ。

そこで私の目に留まったのは、華やかなきらめきを放つアイシャドウ、「シャインカルテットアイズ」。

その美しいキラキラ感に惹かれ、さっそく一度試してみることに!

購入したのは、これからの季節にぴったりな「ピーチトーン」です。

ピンクの机の上にオルビスのアイシャドウが蓋が開いて置いてある。

ちなみにパッケージはこんな感じ。

オルビスらしいシンプル&スタイリッシュなデザインです!

ORBISの白いケースに入った四角いアイシャドウがピンクの机に置かれている。

オルビスの「シャインカルテットアイズ」の発色をチェック

パレットにはトーンの揃った4つの色が入っていて、テク要らずで自然なグラデーションがつくれる設計。

「ピーチトーン」の場合は肌色に近いベージュ系から、締め色に使えるブラウン系もセットされています。

20代女性の腕にオルビスのアイシャドウがタッチアップされている。

【A】クリームベース
肌に馴染みやすくシアーな発色。4色の中でもっともパールが多く配合されています。
【B】ハイライトカラー
目元がトーンアップして見える明るい色味。ピンクベージュのような色で、肌に乗せたときの発色は淡めです。
【C】ベースカラー
目元をキリッと引き締めてくれるブラウン。ナチュラルな陰影をつくれるソフトな色味です。
【D】アクセントカラー
まさに「ピーチ」を思わせる鮮やかな色。かと言って強く発色し過ぎることはなく、大人女子でも使いやすい色になっています。

ご覧のとおり「ピーチトーン」は、どの色も比較的黄味が強め。

特にイエベさんにおすすめのパレットと言えますね!

超簡単! オルビスの「シャインカルテットアイズ」の使い方

パッケージには、きちんと使い方が書かれた台紙も入っていました。

ここではその方法をご紹介します!

使い方【その1】ベーシックパターン

白い紙に書かれた目のイラストにオルビスのアイシャドウでメイクされている。。

  1. まぶた全体にAを指で広げる。
  2. Bを太いチップにとり、同じくまぶた全体に乗せる。
  3. Cを太いチップにとり、アイホールに広げる。
  4. Dを細いチップにとり、アイラインを描くように目のキワに乗せる。

このようにA〜Dを順番に使うだけで、陰影感と華やかさのあるアイメイクが完成。

ほどよく甘さもある目元に仕上がります!

使い方【その2】目元強調パターン

白い紙に書かれた目のイラストにオレンジベースでORBISのアイシャドウでメイクしている。

  1. まぶた全体にAを指で広げる。
  2. 太いチップにDをとり、上まぶたの目のキワから上に向かってぼかしつつ乗せる。色を乗せる範囲は、アイホールの縦幅の約半分~2/3くらいを目安に。
  3. 太いチップにCをとり、アイホールに広げる。範囲は2よりも狭くなるようにする。
  4. 細いチップにBをとり、アイラインを描くように目のキワに乗せる。

B〜Dを逆の順序で使うことで、グッと大人っぽい目元に。

暗い印象にならないよう、Dは薄く広げるのがポイントです。

おわりに

鮮やかで上品なアイメイクが楽しめる、オルビスの「シャインカルテットアイズ」。

今回の「ピーチトーン」を含め、パレットは全4パターンで販売されています。

気になる方は、さっそくトライしてみてくださいね!

(文:真雛美(MASUMI)/編:コスメクリップ編集部)

2020.04.11

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。