2019.08.12

黒でも茶色でもないグレージュブラウンで重すぎないアイライン

ゆかり
ライター:
ゆかり
アイラインの色悩みませんか?黒だと重すぎるしブラウンだと目力不足…そんなアイラインにお悩みの方におすすめしたいのがラブライナーのグレージュブラウンです!

グレージュブラウンってどんな色?

グレーなの?ブラウンなの?どんな色なの?グレージュブラウンという名前を聞いただけではパッと色のイメージができない、あまり馴染みのないカラーですよね。

ラブライナーのグレージュブラウンはグレーが強いのですが、ブラウン要素も入っているのでイエベブルベ問わず使いやすい色です。単体だとブラックにも見えるので、同じラブライナーのトゥルーブラックダークブラウンベイビーブラウンと比較してみました。

ベイビーブラウンは色素が薄いメイクに使えるような明るい茶色で、他の色は単体で見ると心持ちダークブラウンは茶色いかなー程度の違いかと思いましたが、比較してみると結構違いがあってびっくりしました。

グレージュブラウンもブラックとはほんのり違いますね?ダークブラウンほど茶色くなく、グレーが入っているのでブラックより薄めの絶妙なお色です!

グレージュブラウンのおすすめポイント

グレージュブラウンのおすすめポイントは3つ!

  1. アイシャドウの色を選ばない万能カラー
  2. アイラインが浮かない
  3. 目もしっかり強調

グレージュブラウンはブラックほど目の主張が強くならないし、ブラウンよりもアイシャドウの色で悩まなくてすむ万能カラーなんです。
1つずつ詳しくご説明しますね!

1.アイシャドウの色を選ばない万能カラー

ブラウンのアイラインは柔らかい印象で使いやすいですよね!

最近はブラックよりメジャーなのかなと思うくらい雑誌などでもブラウンのアイライナーを見かけるようになりました。

私も抜け感を出したいときによくブラウンのアイライナーを使うのですが、目が少しぼやけて見えるのと、合わせるアイシャドウの色を選ぶことが気になっていました。ブラウン系やオレンジなどイエベカラーとの相性は抜群なのですが、くすみピンクやブルーなどブルべが得意な寒色ではしっくりこないなぁと感じるときがあります。

グレージュブラウンはグレーとブラウンの色味が入っているのでブラウン系アイシャドウはもちろん、淡いカラーやシルバーパールなどにも合わせやすく、重宝しています!

おすすめアイシャドウはパープルやピンクなどの色の組み合わせに悩みやすいカラー!グレージュブラウンを選んでおけば間違いなしです!

可愛めの淡いピンクベージュも目がぼやけずアイラインも主張しすぎず目力アップできます。

大人っぽいプラムカラーでもカラーの邪魔をせず、アイシャドウの色味を引き立ててくれます!

2.アイラインが浮かない

私はブルべ夏なので、ブラックは強すぎてしまい、ブラウンは苦手カラーに当たります。

ブラックのアイラインは目力も出るし目も大きく見せることができるのですが、どうしてもアイラインだけ浮いて見えてしまって目が強くなりがちでした。

グレージュブラウンはブルべ夏が得意のグレーが強いので使いやすく、目尻をしっかりめに書いても馴染んで目から浮いて見えたりしません!

アイメイクが重くならないので垢抜けて見えるし、他のパーツとのバランスが取りやすいのでリップやチークに濃いめの色を持ってきても大丈夫。

3.目をしっかり強調

アイラインは目を大きく見せたり好きな形に見せることができるアイテムです。

せっかく目を縁取ったのになんだかぼんやりして見えたらもったいない!グレージュブラウンはしっかり目を強調して大きく見せてくれるのに、目の印象が変に強くなったりせずとっても使いやすいです!まつ毛の間を埋めるとまつ毛が密集してみてより目をしっかりと見せることができるのでおすすめです。

ラブライナーは初心者でもアイラインが書きやすい

ラブライナーを何度もリピートしている愛用品です!

猫目が好きなのでキャットラインを綺麗に書きたい!という思いからアイラインジプシーをしていましたが、ラブライナーはとにかく書きやすい。初心者さんや上手く書けないよーっていうアイラインに苦手意識がある方にもぜひ使ってみてほしいんです。

ほそーい筆先はコシがあって書きたいところに書くことができるので、ちょっとずつ書いても失敗しにくい。グレージュブラウンなら少しくらいアイラインが太くなってしまっても目元が重くならないので、初心者さんにはぴったりですよ!

重すぎないグレージュブラウンでオシャレ顔に!

いかがでしたか?

アイラインの色を変えるだけでサッとオシャレに見えますよね!

自分に合うのが黒か茶色か迷うことがあったり、なんだかアイラインがしっくりこない…なんてことがあったらぜひグレージュブラウンを試してみてください。

(文:ゆかり/編:コスメクリップ編集部)

2019.08.12

ゆかり
この記事を書いた人
ライター ゆかり

リップと猫目ラインが好きなライター。ベースもポイントメイクも自分の顔に合ったメイクを心がけています。