2018.03.13

アイライナー4種お試し。カラーライナーを比較してみました。

Rimko
ライター:
Rimko
普段からマスカラしない時はアイライナー使ってますが、今シーズン、やたらとカラーライナーが気になったのでライナー比べしてみました!

まずはCHICCAのリキッドライナー

  • 写真上:リキッドライナー

こちら、左右に太さの違うリキッドライナーがついてるタイプ
CHICCAの10周年限定デザインのものです。

カラーはバルサミコ
平たく言えば濃い赤茶?くらいの色味ですが、、実際使用して見たところ、思ってるよりも暗め。赤は主張せず、シックに決まります。
CHICCAのアイライナーはリフィルのみでも購入できるのですが、このアイライナー自体が限定で、リフィルも別売りがありません。このカラーはかなり使いやすいので定番化してほしいです。

書きごごちは◎。細ペンはかなりの細さで隙間を埋めるのにも重宝します。

  • 写真下:ペンシルライナー

こちらは繰り出し式のペンシルタイプ
カラーはネイビー
えー!青いの?と思いきや、これまたそこまで青みはなく、かなりブラックに近い色味。

お次はメイベリン EVERLASTINGGel

こちらの色味はライトブラウン
繰り出し式のペンシルタイプです。

CHICCAと比べると芯が太く、目尻の跳ね上げには不向き、、、。
ただ、色は見たままライトブラウンでラインの主張を抑えることが出来ます。

ナチュラルに決めたい時はこちらをお勧めします!

KATE スーパーシャープライナーBR2

スーパーシャープというだけあって、細身のリキッドライナーです。

細さで比べると、CHICCAの細身の方がかなり細いですが、一本で勝負するなら充分の細さです。
こちらもブラウンですがあまり茶感はなく、どちらかというと黒っぽい色味です。

書き心地は滑らかで、コスパ的にも充分に納得できると思います。

参考までに、全てを付けてお風呂に入って見たところ、一番落ちにくかったのはメイベリンでした。
リキッドはお湯にはあまり強くは無かったような、、、。

ただ、年齢的に瞼のたるみも出てきたこの頃、ペンシルでは少しヨレる、ブレる、、と感じています。
柔らかい芯ならまだ書きやすいですが、何度も重ねてしまうことで太くなってしまいがちなので、リキッドを選ぶことが多いです。

色々試してみましたが、リキッドでもバルサミコのようにカラーを変えるとソフトな印象になって使いやすいことが新発見です

2018.03.13

Rimko
この記事を書いた人
医療秘書 Rimko

シミシワが気になる38歳。
目指すは美魔女!
一生物コスメを追求中!

関連記事

あなたへのオススメ