2019.11.29

使うだけで旬顔!キラキラ韓国コスメ特集

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
今回は、いつものメイクがグッと華やかに仕上がる、キラキラな韓国コスメを大特集! 輝きがリッチなゴージャス系アイテムから、落ち着き感のあるレディ系アイテムまで、たっぷりとご紹介していきます♪

今、キラキラな韓国コスメがアツい!

20~30代の女性のイラストが描かれている

グリッター入りのアイシャドウや、ラメたっぷりのリップグロスなど、常に一定の人気を誇るキラキラ系コスメたち。

今シーズンも要チェックなアイテムではあるけれど、これまでとはちょっとトレンドが違うようです。

今注目したいのは、強い輝きを放ちながら、同時にニュアンスもつくれるキラキラ系コスメ。

よく見るといろんな大きさ・形のグリッターが入っていたり、色の違う複数色のラメがミックスされていたり……。

ただ単に光るのではなく、絶妙かつ複雑な光沢感をつくってくれるアイテムです。

そんな進化版キラキラ系アイテムを豊富にラインナップしているのが、今や日本でもファン急増中の韓国コスメ。

ライフスタイル通販サイトDHOLICの韓国コスメセレクトショップ『CREE`MARE』から、3つのアイテムをピックアップしました!

1.ブリンブリンアイジャム/VAVI MELLO

白い床にピンクと紫とオレンジのアイシャドウがふたを開いておかれている

ひとつめにご紹介するのは、VAVI MELLOの『ブリンブリンアイジャム』

細かなグリッターがびっしり入った、とってもリュクスなアイシャドウです。

3種類以上のパールが配合されていて、その輝きはまるで宝石のよう!

粒子ひとつひとつが小さいので、大人女子でも品よくつけられます。

テクスチャーはほどよくしっとり感があり、まぶたに乗せるとピタッと密着。粉落ちやヨレもほとんどありません(^ ^)/

色展開は「01 Pink Rose Quartz」、「02 Violet Moonstone」、「03 Brown Topaz」の3種。では、それぞれの発色を見てみましょう♪

甘過ぎない絶妙ピンク「01 Pink Rose Quartz」

白い床にピンクのアイシャドウがふたを開けておかれている

「01 Pink Rose Quartz」は、レディ感のあるセミスイートなピンク。

華やかでありながらヴィヴィッド過ぎず、比較的トライしやすい色味ですね。

20~30代の女性の腕にピンクのアイシャドウが塗られている

肌に広げると、ラメが繊細に光を反射してうっとりするほどの美しさ。目元に少し乗せるだけで、ドラマティック&おしゃれなアイメイクが完成します!

大人な眼差しを演出する「02 Violet Moonstone」

紫のアイシャドウがふたを開けておかれている

「02 Violet Moonstone」は、少しモード感のあるダークパープルのような色。普段より背伸びしたい日にうってつけです。

20~30代の腕に紫のアイシャドウが塗られている

パープル系は一歩間違えると古臭い印象になるけれど、こちらは適度な暗さとシアー感があるため、今どき感はバッチリ。

まわりが思わずドキッとするような、セクシーな目元になれますよ♪

目元に深みを持たせる「03 Brown Topaz」

白い床にオレンジのアイシャドウが開いて置かれている

ラメアイシャドウ初心者さんでもトライしやすそうなのが、「03 Brown Topaz」。

手持ちのブラウン系アイシャドウとレイヤードしてもGOOD!

20~30代の女性の腕にオレンジのアイシャドウが

発色は見た目より若干明るめな印象。テラコッタのような黄味と赤味もあり、“華のあるブラウン”という感じですね。

全色を塗り比べ!

20~30代の女性の腕にピンクと紫とオレンジのアイシャドウが塗られている

どの色もものすごく華やかなのに、どこかシックさも感じられるのが『ブリンブリンアイジャム』の魅力。

「ラメ系のアイシャドウはちょっと……」という方にこそ、一度試していただきたいアイテムです♪

2.パールブリ―アイグリッター/ブラックルージュ

「キラキラをもっと大胆に楽しみたい!」という方には、「ブラックルージュ」の『パールブリ―アイグリッター』がおすすめ。

このアイグリッターのポイントは、かなり大きめな六角形のホログラム。まぶたに乗せると強い輝きを放ち、目元をインパクティブに引き立ててくれます。

細かな多色ラメもミックスされているので、女性らしい繊細さも◎。

細いブラシで乗せていくタイプだから、ラメの量やバランスも調節できます♪

色展開は「G01 あまいカルメラ」、「G02 あまいコンペイトウ」、「G03 どきどきハニーオレンジ」、「G04 きらきらミルキーウェイ」の4種(なんてかわいいネーミングっ……!)。

ではこちらも、色ごとに発色を見てみましょう。

フレッシュな色味!「G01 あまいカルメラ」

今期の人気カラーでもあるミントグリーン系は、持っておいて損なし! 爽やかな色味で目元を若々しく見せてくれます。

20~30代の女性の腕にラメが試し塗されている

グリーン系といっても、ご覧のとおり発色は淡め。失敗しにくいソフトなカラーになっています。

スイートにきめたい日は「G02 あまいコンペイトウ」

ガーリーなアイメイクがお好みの方はこちら! 画像では分かりづらいかも知れませんが、中にはローズ系ピンクのラメがたっぷり入っています。

20~30代の女性の腕にラメが試し塗されている

肌に乗せると、ピンクのラメがキュートに発色。下まぶたに乗せれば涙袋をぷっくり見せられますよ♪

ヘルシーメイクにぴったりな「G03 どきどきハニーオレンジ」

オレンジ系のアイグリッターは、ヘルシーでアクティブなメイクにうってつけ! 特にイエベ肌さんと相性がよさそうです。

20~30代の女性の腕にラメが試し塗されている

光の当たり方によってはオレンジがゴールドのように見え、リッチ感もばっちり。

これを使う日はチークもリップもオレンジにして、こなれ感のある最旬オレンジメイクを楽しみたい気分!

ちょっぴり大人め!「G04 きらきらミルキーウェイ」

「G04 きらきらミルキーウェイ」は、パープルを基調としたエレガントな色味がポイント。こちらはブルべ肌さんに特に似合いそうなカラーです♪

20~30代の女性の腕にラメが試し塗されている

ほどよく色っぽさのある色味で、夜のパーティメイクにはもってこい!

他のパープル系のアイカラーをベースに塗ったあと、ポンポンとアクセント的に使うのもおすすめです。

全色を塗り比べ!

20~30代の女性の腕に3種類のラメが試し塗されている

『パールブリ―アイグリッター』は、パッケージで見るより肌に乗せたときのほうが発色が分かりやすいアイテム。

「いいかも!」と思う色があったら、さっそく挑戦してみましょう(^ ^)/

3.ゲットルーズグリッタージェル/アンリシア

顔だけでなくボディにもキラキラ感が欲しいなら、「アンリシア」の『ゲットルーズグリッタージェル』がいちおし! 

目元・口元はもちろん、髪やボディにも使うことができるので、パーティにフェスといったイベントDAYに大活躍してくれます(^ ^)/

色は、「N1オーロラキャッチャー」、「N2スターレットチェイサー」、「N3ゴールドオブセッサ―」、「N4ラブドリーマー」の4種。

どれもベースがクリアなぶん、使いやすい色味になっています。ではそれぞれの発色をCHECK♪

黄色味のあるラメがアクセント!「N1オーロラキャッチャー」

名前にあるとおり、こちらはオーロラを思わせる薄いパープル系のラメが主役。素肌を活かすような、透明感のある色味が特徴です。

20~30代の女性の腕にラメが試し塗されている

広げると、散りばめられたイエロー系のラメがいいアクセントに! 青味と黄味のバランスが絶妙で、おしゃれ感バツグンです♪

輝く星を思わせる「N2スターレットチェイサー」

色の複雑さが楽しめる「N2スターレットチェイサー」。さまざまな色のラメが入っているため、多用な発色と輝きを見せてくれます。

20~30代の女性の腕にラメが試し塗されている

色にあまり主張がないぶん、肌なじみは抜群。どんなメイクとも相性がよさそうです!

うんとゴージャスな自分に!「N3ゴールドオブセッサ―」

一見白っぽく見える「N3ゴールドオブセッサ―」。アイシーな色なのかな? と思いながら塗り広げていくと……。

ゴールドカラーにきらめいて、とことんリュクスな仕上がりに! これを使えばパーティでも主役になれちゃうかも♪

ほど甘カラーで女子力UP♪「N4ラブドリーマー」

塗るだけで女子力が3割増ししそうなガーリーピンク。イベントDAYはもちろん、デートにもおすすめです♪

ピーチ寄りのピンクだから肌から浮きにくくて◎。

デコルテなどにさり気なく塗れば、顔まわりが華やかに見えますよ!

全色を塗り比べ!

パッケージだけ見ると、「N4ラブドリーマー」以外はどれも同じような色? と思われるかも知れませんが、こうして比較すると少しずつニュアンスが違うのが分かります。

顔・髪・ボディにも使えるアイテムなので、迷ったら“色ち買い”するのが賢いかも!

おわりに

華やかでグラマラスなメイクを叶える、キラキラな韓国コスメ。試してみたいものは見つかったでしょうか?

いずれも比較的お手頃なプライスなので、興味のあるものは今すぐチェックしてみましょう(^ ^)/

(文:真雛美/編:コスメクリップ編集部)

2019.11.29

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。