2019.11.23

アイシャドウは白を使う時代! ケイトのホワイト系アイシャドウ

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
今回は、目元をパッと明るくしてくれるケイトの『ブラウンシェードアイズN』をご紹介。「ブラウン系のアイシャドウが使いこなせない……」「アイシャドウを乗せると目元だけが浮いてしまう……」という方も、これならテク要らずで印象的な目元が叶うはず♪

ホワイト系メインが新しい! ケイトの『ブラウンシェードアイズN』

私だけですか? ブラウン系やグレー系のアイシャドウがいまいち映えないのって。あれですか?私みたいにまぶたのぶ厚い人は、「アイシャドウで陰をつくって彫り深アイ!」的なやつ、いっそ諦めたほうがいい感じですか?

こんな私のようなアイシャドウ迷子さんに朗報です。実はあるんですよ、陰ではなく光で陰影感をつくってくれるアイシャドウが。それが、ケイトの『ブラウンシェードアイズN』。

ケイトのブラウンシェードアイズN パレット 拡大

ご覧のとおり、パレットのメインカラーはホワイト系。ブラウンやグレーなどのスモーキーカラーが苦手……という方も、トライしやすいカラーパレットになっています。

色は「WT-1 オフホワイト」と「WT-2 クリアホワイト」の2種類。イエベの私は黄味のある「WT-1 オフホワイト」を選びましたが、ブルベの方には、青味が感じられる「WT-2 クリアホワイト」がおすすめです♪

商品名
ブラウンシェードアイズN
ブランド
KATE

ケイトの『ブラウンシェードアイズN』、その発色はいかに!?

ではそれぞれの色を詳しく見ていきましょう。

30代女性 ケイト ブラウンシェードアイズN 各色 使用例

  • A:ホワイト・ベース
  • B:シアー・ホワイト
  • C:ストロビング・ホワイト
  • D:ディープカラー
  • E:フェイクシェイドパウダー

ちょっと画像では分かりにくいかも知れませんが、上段のA〜Cに関しては、左から右にいくほどより白っぽいカラーになっています。

Eを除いては、いずれも微細なラメ入り。色ごとに輝き方が異なるため、どれをどう塗るかによって目元の華やかさを調節できます♪

Eのフェイクシェイドパウダーは、目元の彫りを深く見せるためのパウダー。アイホールのくぼみなどに入れることで、骨格を立体的に見せてくれます。

ケイトの『ブラウンシェードアイズN』のパッケージのお手本通りに塗ってみると……

イラストを使って、パッケージの裏に描かれているお手本の塗り方を試してみました。

KATE ブラウンシェードアイズN 使用例 イラスト

【メイク方法】
  1. 上まぶた全体にAを広げる。
  2. アイホールにBを乗せる。
  3. アイラインを描くように、目のキワにDを入れる。
  4. 上まぶたの中央と涙袋にCを乗せる。
  5. トリックホール(眉頭下のくぼみ)と、涙袋の下あたりにEをひとはけする。

どうでしょう?? ブラウン系はほとんど使っていませんが、ホワイト系を多用することでコントラストが生まれ、自然な陰影感が出ていますよね!

ケイトの『ブラウンシェードアイズN』を実際のアイメイクで使ってみた感想

実際のアイメイクに使用してまず感じたのは、目元がパッと明るくなり、重たいまぶたもスッキリ見えるということ。目元が明るくなるためか、肌の透明感もあがったように感じられました(^ ^)/

また、ホワイト系のパウダーを乗せた部分に光が集中するので、陰をつくりこまなくても陰影感はバッチリ。個人的にはブラウン系をメインで使うよりも、グッと垢抜けたアイメイクに仕上がったという印象です!

ケイトの『ブラウンシェードアイズN』-おわりに

ホワイトで目元を立体的に演出する、ケイトの『ブラウンシェードアイズN』。「定番のスモーキーなアイシャドウパレットはちょっと……」という方にとっては、特に試す価値アリなアイテムです。
さっそくチェックして、これまでとは違うアプローチで「彫り深アイ」をつくってみましょう♪

光で『魅せる』プチプラシャドウなら・・・こちらも↓

(文:真雛美(MASUMI)/編:コスメクリップ編集部)

2019.11.23

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。