2019.12.23

美容師さんもお墨付きの実力!乾燥知らずの”うるツヤ髪”は ヘアケアブランドの「ダヴィネス」で作れる

さとみ
ライター:
さとみ
髪が綺麗ならワンチャン雰囲気美女感が出せる。つまり髪が不恰好だと雰囲気も不恰好になるのでは…?乾燥でパサつく髪をどうにかしたい。そんなあなたにヘアケアブランド「ダヴィネス」のアイテムをおすすめします。

髪のケアって何を使ってる?

みなさんヘアケアって何してますか?時間と心とお財布に相当に余裕がない限り、「美容院で週1トリートメントしてます」なんていうセレブケアはできないと思います。みんなしてるとしても私はめちゃくちゃド庶民なので、毎日コツコツ髪を労わるのが精一杯です。おうちで自分でできるヘアケアが1番大事。

ヘアセラム、ヘアオイル、洗い流さないトリートメント、ヘアマスクなどなど、いろんなアイテムがあります。
ヘアパックやヘアミルクなど他にもあるのですが、代表的なヘアケアをざっと紹介するとこんな感じ。

ヘアセラム

ヘアセラムは肌でいうところの美容液的アイテム。髪に潤いを与えるというよりは、髪の芯からダメージを修復する効果を期待するもの。

ヘアオイル

オイルで髪を保護してくれるアイテム。髪を乾燥やドライヤーの熱などから守り、潤いやツヤを与え保湿する効果を期待するもの。
スタイリング剤としても使えたり、ボディオイルとして体に塗ってもOK!というものも多いです。

洗い流さないトリートメント

シャンプーのあとの洗い流すタイプと何が違うか、というと、洗い流さないトリートメントは「ドライヤーの熱から髪を守る」ことを重点に作られているということ。
髪の外側をコーティングして髪を守ってくれる役割のアイテム。

ヘアマスク

ヘアケアアイテムの中では比較的効果でスペシャルケア的な存在のヘアマスクは、髪の内部に補修成分を届け、髪を生き返らせる働きをします。とにかく髪のダメージをなんとかしたい!というときに使うアイテムですね。

潤いやツヤを与えるならヘアオイルが特におすすすめ

髪のダメージ修復ならヘアマスクやヘアセラムのほうが効果を期待できますが、今回は「うるツヤ髪」を作るというテーマなので、ヘアオイルにフィーチャーします。個人的にヘアオイルが1番好きなだけです。ヘアオイルはちょっとベタベタするから苦手、という人も多いかもしれませんが、髪の保護や保湿力は抜群。ベタつきの少ないアイテムも増えています。とはいえ、種類もたくさんあっていろんなメーカーから発売されているので、どう選んだらいいか分からない、という人も多いですよね。

そこで、スタイリング剤としても使用することも多く、美容院でおすすめしてもらったオイルからドラッグストアで買えるプチプラまで、色々とヘアオイルを試した私が行き着いたリピートヘアオイルを紹介します。ヘアオイル好きの私がおすすめするオイルは、ヘアケアブランドの「ダヴィネス」から出ているヘアオイル!

ヘアケアブランド「ダヴィネス」とは

元々は北イタリアのパルマにあるガラスの香水瓶を製造するアトリエだったダヴィネス。1983年からヘアケア商品に着手し、コンセプトから研究開発、製造からラベリングに至るまで、一貫した製品作りを行うダヴィネスグループになりました。1993年にはヘアケアブランド「davines」がスタート。世界90カ国以上に販売網を持つイタリアでも指折りのヘアケアブランドなんです!

ドラッグストアには置いていなくて、オンラインかいくつかある店舗でしか買えません。そんなダヴィネスとどうやって出会ったかというと、美容院で教えてもらったんですね。「髪をケアできて、なおかつスタイリング剤として使えるいい匂いのやつがいい」というわがままを言ってみたところおすすめされたのです。ダヴィネスの中にもいろんな種類があるのですが、「オーセンティック」というシリーズのものを勧められたのが最初。

かなりしっかりしたオイルなので、とにかく保湿がすごい。ちょっと濡れた感じのウェットな仕上がりにしたい時はドライヤーの後に適量なじませるだけでセクシーな濡れ髪風スタイリングも自由自在。何より香りが最高です。N.dotやproductといった人気アイテムも使用したことがありますが、香りの上品さはダヴィネスがダントツ。ドライヤー後も香りがふんわり持続して、1日中いい気分。

そしてこれがめちゃくちゃおすすめの理由でもあるのですが、ダヴィネスの店舗に行くととても細かくアイテムを教えてくれます。髪の悩みにあった最適なヘアケアアイテムを教えてくれ、その場で試すこともできるので失敗しない。しっかり試して納得してアイテムを選べるって、きちんとヘアケアに特化してブランドで店舗を持っているからできること。

ダヴィネスのおすすめアイテム

ダヴィネスにはいくつかラインがありまして、今回はその中から2つのラインをご紹介します。

オーセンティック

オーガニック成分を豊富に含み、髪だけでなく全身にも使えるエコ・コンシャスなオーセンティック。オーガニックベニバナ油や、オーガニック由来のセサミオイル、ひまわり油、ホホバオイル、シアバターをふんだんに使用してます。

オーセンティック オイル

画像引用元
ダヴィネス
商品名
オーセンティックオイル
ブランド
ダヴィネス
価格
4,000円(税抜き)

私のリピートオイルです。「質感にうっとり、香り華やぐ艶オイル」と謳われているのですが、髪はもちろん、顔や体にも使える万能オイル。ちょっといい値段しない?と思うかもしれませんが、めちゃくちゃ伸びるので持ちが良く、とにかく無くなりません。結構しっかりオイルなので本当に1滴でもすごい。手に取るとベタつくかな?と思いますが、すっと髪に馴染んでくれます。あとパッケージがおしゃれ。とにかく潤いを!という方向け。

オイ

ダヴィネスから新たに誕生した「オイ」シリーズ。こちらは店舗に行ってみたときに発見して、ちょっと試してすぐ買いました(ちょろい)。オーセンティックに比べてめちゃくちゃ軽いので、さらりとしたテクスチャーや仕上がりが好み!という方にはこちらをおすすめ。香りはオーセンティックよりも少し甘い感じ。ベニノキという植物の種子から採れるルクオイル配合。β-カロチンを豊富に含み、乾燥から守ってしっかり潤いを与えてくれます。

オイ ヘアオイル

画像引用元
ダヴィネス
商品名
ヘアオイル
ブランド
ダヴィネス
価格
2,700円(税抜き)

とにかくサラッサラになる魔法の液体。ヘアオイルなのにこの軽さは感動もの。指どおりがなめらかになって、もつれも軽減してくれます。ドライヤーで乾かすときに余分な水分が飛びやすくなり、短時間で髪を乾かせちゃったりもします。

シャンプーやトリートメント、髪のエイジングケアアイテムも!

紹介したオイルの他にも、シャンプーやトリートメントはもちろん、悩み別のヘアケアアイテムがめちゃくちゃ豊富に揃ってます。髪にハリやコシが欲しい人向けのもの、ダメージ補修に効果が期待できるものなど、自分の悩みに合わせてケアアイテムを選べますよ!豊富なラインナップでしっかりタッチアップにもいけちゃうって、なかなかできないヘアケアだと思います。デパコスの化粧品カウンターと同じように、髪も悩みに合わせたワンランク上のケアを始めてみませんか?

(文:さとみ/編:コスメクリップ編集部)

2019.12.23

さとみ
この記事を書いた人
フリーライター さとみ

音楽とコーヒーと、ときどきお酒を偏愛する国産89年製。
隠しきれない低めの女子力と横着さが、たまに記事にも顔を出します。
必須コスメはリップとコンシーラー。