cosmeclipは2020/11/30(月)を持ちましてサイト内の記事更新が終了となります。詳細はこちらをご確認ください。

2019.07.13

絶対焼かない人必見!体に優しいパウダー日焼け止め

Biyouotaku
ライター:
Biyouotaku
日焼け止めは現代の人には必須アイテムとなっていますよね。特に美意識の高い日本人のみなさんは、若さを保つために日々頑張って日焼け止めを塗っていると思います!
今回はアメリカのセレブの間でも人気のパウダー状の日焼け止めを紹介します。液体タイプに追加で使う事でより強力に紫外線からお肌を守る事ができるんですよ!

日焼け止めの豆知識

紫外線は肌老化の主な原因とされていて、毎日みなさんが浴びている紫外線!からお肌を守る事がとても簡単で重要なスキンケアなんです。パウダー日焼け止めの紹介前に簡単に日焼け止めの豆知識を紹介します。

日焼け止めには大きく2つのグループ分けがあります。

【日焼け止めの種類】

日焼け止めには紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2つのグループがあります。少し難しそうな名前ではありますが、見分けるのはとても簡単なんです。

日焼け止めのグループ分け
  • 紫外線散乱剤 ― 酸化チタンか酸化亜鉛を含む日焼け止め
  • 紫外線吸収剤 ― その他の日焼け止め成分全て(例:オキシベンゾン-3など)

1つめのグループの紫外線散乱剤とは、酸化チタンか酸化亜鉛が日焼け止め成分に使われていて、紫外線を反射する形でお肌を守ります。

2つめのグループは、その他にたくさんある難しい名前の日焼け止め成分で、紫外線吸収剤の種類になり、紫外線を吸収して熱に変える働きがあります。

【体に優しい日焼け止めとは?】

化粧成分の毒性が懸念されるようになってから、紫外線吸収剤は体に良くないと話題になっています。実際のところ日焼け止めのどの成分がどう悪いのかはとても難しいお話になってしまいます。ですが、とにかくお肌に優しいものが良ければ、紫外線散乱剤の使われている日焼け止めを使えばいいのです。なぜかというと、紫外線散乱剤は肌の表面で紫外線を反射します。肌の表面にいるだけで角質層への浸透などはしないので、体への害が低いとされているのです。

【日焼け止めは塗り直しが重要】

日焼け止めというのはできるだけ塗り直したほうがいい!というのをご存知ですか?日焼け止めは綺麗に塗れていなかったり、汗で取れてしまったりする事もあります。SPFが高いから一日中紫外線から守ってくれる!とは限らないので、1日を通して直射日光に当たる時間が多ければ多いほど頻繁に塗り直しをした方がいいんです。

優しくて化粧直しに使いやすいパウダー状の日焼け止め パウダーミー

紫外線錯乱剤入りの日焼け止めは白浮きしやすいです。ですので、メイク直しをする時や日焼け止めを塗り直したい時に、メイクの上から塗るにはちょっと抵抗があると思います。塗ったファンデーションが崩れてしまいますからね!そんな時に便利なのが今日紹介するパウダー状の日焼け止めなんです。パウダー状なので、ルースパウダーやパウダーファンデーション感覚で、テカリを抑えるついでに日焼け止めの塗り直しができるんです。

【ジェーン・アイルデール(Jane Iredale)】パウダーミー・サンスクリーンパウダー・SPF30/PA+++・トランスルーセントタイプ

ジェーンアイルデール パウダー

商品名
Powder Me SPF ® Dry Sunscreen
Powder-Me サンスクリーンパウダー SPF30/PA+++
ブランド
ジェーン・アイルデール(jane iredale)
カラー
トランスルーセント
価格
5,700円 (税抜)

ジェーン・アイルデールはニューヨーク発のミネラルコスメブランドです。体に優しくてクルーエルティフリー(動物実験を行わない)なので厳しい目を持ったこだわりの強いニューヨーカーにも愛されています。

今日紹介するのはそんなジェーン・アイルデールから販売されているパウダー・ミー・SPFというパウダー状の日焼け止めです。この日焼け止めは日焼け止め成分が酸化チタンなので、紫外線錯乱剤入りの日焼け止めになります。

【化粧直しを意識した鏡とスポンジ付きパッケージ】

パッケージには鏡が付いていて、メイク直しを意識した作りになっています。蓋を開けると中はスポンジタイプになっています。スポンジに穴が空いていて、少しずつパウダーが出てくるような構造になっています。出先でポンポンと簡単に日焼け止めがつけ直せるんです。

フェイスパウダーとの違いを比較

ミネラル パウダー

パウダー状の日焼け止めは、フェイスパウダーの上につけてもいいですが、フェイスパウダーの代わりとしても使えます。私も個人的には、面倒なので、フェイスパウダーの代わりとして愛用をしております。

実際に、フェイスパウダー(ルースパウダー)と比べるとどう違うのかを比較してみます。

今回はパウダー・ミーの日焼け止めの無色タイプと、アメリカで大人気のローラ・メルシエのフェイスパウダーの無色タイプを比較をしてみます。

日焼け止め 人気

パウダー・ミーは左側で少しピンクがかった色味です。右のルースパウダーは粒子がより細かく黄色っぽい色味ですね。

実際手に塗ってみるとこのような感じです。パウダー・ミーの方が白っぽいです。

パウダーミー

さらに手の甲になじませてみるとこのような感じです。パウダー・ミーはやはり日焼け止めのなので少し白みがかっていますが、お肌に透明感を出すキラキラしたパウダーになっていて、実際お肌に塗るとワントーン明るい透明感のあるお肌に仕上がります。

・より自然に塗るならパウダーやチークブラシで塗る!

日焼け止め 人気

専用のスポンジでつけるのもいいですが、より自然肌に仕上げるなら、パウダーやチークブラシでお粉のように塗る(※) のがオススメです。パウダーはスライドさせずにお肌に置くように重ねていきましょう。スライドさせるとせっかく綺麗に塗ったファンデーションやコンシーラーがよれてしまいますよ。

※ 紫外線散乱剤は呼吸に入ると体に良くないので、パウダー日焼け止めをつける時は粉を吸い込まないように気をつけましょう。

・衛生的に使いたい人には詰め替えパックがオススメ!

私は個人的にとても衛生面を気にします。というのも、化粧品は衛生的に使ったほうが長持ちするからなんです。パウダー・ミーは便利なパッケージですが、同じスポンジを使うのに抵抗がありました。そんな訳で私は別の容器に中身を移して、手に少量出してパウダーブラシでつけるようにしています。

・すっぴん出かける日はパウダー・ミーをささっと塗ってお出かけ

日焼け止めの特徴として面白いのが、紫外線吸収剤は紫外線を浴びる前に早めに塗っておく必要があります。ですが紫外線散乱剤は塗ってすぐに効果を発揮してくれます。なので、ちょっと「コンビニに」という時や、「メイクの時間がないのでとりあえず出かけて後でメイクをしよう」なんて時に、紫外線散乱剤入りのパウダー・ミーはとっても役に立つんですよ!

まとめ

今回は日焼け止めの基本的な豆知識を紹介、そしてアメリカ発ミネラルコスメブランド、ジェーン・アイルデールからパウダー状の日焼け止めを紹介しました。通常の液体タイプにプラスアルファーで塗る事で、更に紫外線ダメージからお肌を守ることが出来ます。ユニークなアイテムなので一度チェックしてみてください!

(文:Biyouotaku/編:コスメクリップ編集部)

2019.07.13

Biyouotaku
この記事を書いた人
メイクアップアーティスト Biyouotaku

海外在住。小さい頃から美容オタク。大好きな愛犬とゴロゴロするのが好きです。