2019.05.22

【連載】今さら聞けない!?スキンケアの基礎の基礎【日焼け止め編】

岸田茉麻
ライター:
岸田茉麻
日焼け止めにはさまざまな種類がありますが、それぞれにメリットやデメリット、おすすめの使用シーンがことなります。日焼け止め選びに迷ってしまう!そんなときに役立つ情報をお届けします♪

こんにちは!コスメコンシェルジュ・美容ライターの岸田茉麻です。

ゴールデンウィークを過ぎ、紫外線量がますます増えていくこの季節。紫外線による肌ダメージを防ぐなら「日焼け止め」が欠かせませんが、肌のことを考えるならシーン別で日焼け止めを使い分けることがポイントです。場合によっては日焼け止めを使わない方が良いときも…!?

日焼け止め選びの目安になるSPF、PAとは?

日焼け止めを選ぶ基準として、UVカット効果の高いものをチェックしている方は多いのではないでしょうか?UVカット効果をチェックするなら、SPFやPAをチェックするとわかりやすいですよね。

SPFは、UVBを防御する力を指しています。UVBは、紫外線によって赤くヒリヒリするサンバーンの原因に。サンバーンを起こすと皮膚の細胞を傷つけてしまうため、シミやシワにつながることがあります。SPFの数値が1に対し20分サンバーンの発生を防ぐことができるので、SPF20なら20×20で400分、国内最高値のSPF50なら50×20で1000分の紫外線(UVB)を防ぐという意味になるんです♪

そしてPAは、UVAを防御する力を指しています。UVAは肌の深部(真皮)にまで到達し、コラーゲンを破壊することでシミやたるみの原因に。

防御力をチェックするなら、「+」の数(4段階)に注目。「+」ならやや期待できる、「++++」なら大いに期待できる、という目安になりますよ。

SPF、PAに関してはコスメクリップライターのayameさんの記事で詳しく紹介しています^^

SPFやPAが高ければ良いわけではない!?

「SPFの数値が高くて、PAのプラスが多い方がUVカット力最強だよね!」……単純に考えたらこれで正解です。ただ、実際には塗る量や汗によって本来のUVカット力が失われることがほとんどです。特に、日焼け止めを塗る量は皮膚1㎠あたり2mgが規定とされています。顔全体だと500円玉大くらいでしょうか?正直、この量を守ろうとしたら白浮きしますし、べたつきます……!

また、汗をかけば日焼け止めは落ちます。どれだけSPFの数値が高く、PAのプラスが多くても、2〜3時間ごとに塗りなおすことがポイントです。

生活シーンに合わせて日焼け止めを使い分ける

1日のほとんどを室内で過ごす人もいれば、レジャーシーンで紫外線を浴びる時間が長い人もいますよね。日焼け止めを選ぶ時は、生活シーンに合わせて使い分けることがポイントです♪

たとえば、日常生活にはSPF10〜20、PA+のもの。屋外でのスポーツやレジャーにはSPF10〜30、PA++のもの。また、炎天下でのスポーツやレジャーにはSPF30〜50、PA+++またはPA++++を目安にすると良いでしょう。もちろん、数値にかかわらずこまめに塗りなおすことが大切です!

パウダーファンデーションだけで紫外線対策になるって本当?

室内にいる時間が多くて日焼け止め塗るほどでもない……そんなときにおすすめしたいのが、パウダーファンデーションです!実は、パウダーファンデーションの粉体には紫外線を跳ね返す働きがあります。(UVカットの表記がなくても!)
また、紫外線をしっかり防ぎたい!というときは、パウダーファンデーションと日焼け止めを両方使うのもひとつの方法ですよ。

ノンケミカルが正解?日焼け止めのタイプと特徴

さて、日焼け止めには乳液、ローション、スプレー、ジェルなどいろんな種類がありますよね。なかでも、ローションやスプレー、ジェルはべたつきにくく白浮きもしにくいので、これからの季節に人気が出やすいんです^^

一方、「肌にやさしいものを使いたい!」という理由から、紫外線吸収剤を含まないノンケミカルの乳液やクリームも注目を集めています。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収するタイミングで肌の上に化学反応をおこすため「肌に悪いのでは?」と思う人も少なくないようですね。

しかし、ノンケミカルが正解というわけでもありませんし、最近では肌に刺激が少ない日焼け止めの成分も使われています。なにより、ノンケミカルは肌が乾燥しやすくなるデメリットもあります。

どのタイプを選べば良いのか、というのは正解がありません。また、顔だけに使用するのか、体に使用するのか、髪に吹きかけるのか……でそれぞれ合うタイプもことなります。自分の肌で試して選んでみましょう^^

紫外線量は春から増えていき、6月から7月にかけてピークを迎えます!日焼け止めで紫外線対策を万全にしましょう。次回の「基礎の基礎」シリーズをお楽しみに♪

2019.05.22

岸田茉麻
この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻

元美容部員、現役コスメコンシェルジュの美容ライターです!ひたすら若作りに取り組み、コスメ収集しています。プチプラからデパコスまで「いい!」と思った商品、また美容に役立つ情報を積極的にご紹介します♪