2019.04.23

ビオレUVアクアリッチで【紫外線】をシャットアウト!

りこ
ライター:
りこ
ポカポカと暖かい日も多く、お出かけが楽しくなる季節がやってきました!
これからのシーズン、遊びの計画を考えるだけで心が弾んできますよね!お出かけの時にはもちろん、日常の外出でも欠かせないのが紫外線対策です。

シーンを選ばず、毎日継続して使える日焼け止めを求めてお店に行くと、海をイメージさせるような綺麗な水色のパッケージを見つけました!!

ビオレUV アクアリッチ

ビオレUV アクアリッチ背景含む

今年の2月にパワーアップしたビオレUVアクアリッチ「エッセンスタイプ」「ジェルタイプ」の2種類発売されています。

「世界初 Micro Defense処方 ミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぐ」

日焼け止めを塗ったはずなのに焼けてしまうという経験はありませんか?汗や水、塗りムラなどの原因により、SPF通りの効果は発揮できないことがあります。これを「スキマリスク」と言うそうです。

具体的にいうと、次のような部分が「スキマ」になりやすい部分となります。

「スキマ」になりやすい部分
  • 腕の後ろ
  • デコルテ
  • 足の甲
  • 目の周り

今回発売されたビオレUVアクアリッチシリーズは「ミクロディフェンス処方」という技術が新しくプラスされました。キメの細かい凹凸にムラができていたのが、ミクロUVカットカプセルの採用により、スキマのない薄く均一な膜を作ってくれるのです!

その他にも特徴があります。

その他の特徴
  • ぷるぷるのウォーターカプセル配合。
  • スーパーウォータープルーフタイプなのにせっけんで簡単に落ちる。(80分間の耐水試験で確認済み)
  • 着色料フリー。
  • ニキビになりにくい処方。
  • *アレルギーテスト済み。

*注:すべての方にコメド(ニキビのもと)ができない、アレルギーが起こらない、というわけではありません。

優秀なビオレUVアクアリッチですが、「エッセンスタイプ」「ジェルタイプ」ではどんな違いがあるのか気になりますよね?

ボトルデザインを比較してみました。

まずはヴィジュアルの比較から。

・エッセンスタイプ

エッセンスタイプは化粧下地のようなチューブ型です。

【ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス / SPF50 / PA++++】

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

片手でも出しやすいので、手軽に使えます。口の部分が細めなので、出すぎないところも良い点です。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリージェル 形状

・ジェルタイプ

ジェルタイプは縦型のボトルです。

【ビオレUV アクアリッチ ウォータリージェル / SPF50 / PA++++】

ビオレUV アクアリッチ ウォータリージェル

1回に出る量はボトルの押し具合で調節出来るので、体など広範囲にも塗りやすい形状になっています。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス 形状

【テクスチャー】手に取ってみましょう。

上がジェルで下がエッセンスです。

ビオレUV アクアリッチ 比較

エッセンスタイプは、みずみずしいテクスチャー。すーっと流れるように柔らかく、伸びがよくて肌馴染みは良さそうです。

ビオレUV アクアリッチ エッセンスタイプ テクスチャ

ジェルタイプは、柔らかいクリームのような感触。そして1番の特徴はこのツブツブした粒子です!

ビオレUV アクアリッチ ジェルタイプ テクスチャ

【使い心地】

それぞれ手に取り1分ほど馴染ませてみました。

ビオレUV アクアリッチ 使い心地比較

UVカットカプセルの粒子はすーっと無くなりました。SPF50+ PA++++なので肌に負担がかかるイメージでしたが、まるで乳液のように潤います。ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・BGの保湿成分配合で肌を守り綺麗に見せてくれる処方です。

実際に顔につけてみましょう。

向かって左がジェル、右がエッセンスです。

ビオレUV アクアリッチ 右左

ジェルの方が白いことにお気づきでしょうか?そしてツヤ感があるのがわかります。トーンアップした気分です。素肌を出す腕や脚部分に使っても、肌が綺麗に見えると思います。ですが、首などの塗り忘れがあると顔だけ白いという可能性もあるので、それは要注意です。

エッセンスの塗り心地は、とても軽いです。肌馴染みも早く、塗ったことを忘れるくらい透明感が出ました。つけた後もサラサラなので、化粧下地で使うのもおすすめです。ホワイトミュゲのやさしい香りで、他の化粧品と組み合わせもしやすいと思います。(←ちなみにミュゲとはスズランのことです)

【まとめ】

ビオレUVアクアリッチシリーズは、お値段も手頃でコスパ抜群のアイテムなので、エッセンス→顔、ジェル→体とパーツによって使い分けもできます。

日焼けをしないためには、日焼け止めを惜しみなく規定通りの量で使うこと、汗をかきやすい時は必ず塗り直しを徹底することが大切!

通常の量の他に1.7倍の大量容シリーズも発売しています^^1年間で最も紫外線が強い5月~8月がこれからやってきます。今年はビオレUVアクアリッチでスキマリスクを無くし紫外線から肌を守りましょう!!

(文:りこ/編:コスメクリップ編集部)

2019.04.23

りこ
この記事を書いた人
主婦 りこ

流行に敏感な子育て中のママ。
コスメショップ巡りが大好き!
自分にあったスキンケアを探し中!