2020.01.02

顔に手に!全身使えるクリーム「ユースキンS」は乾燥・敏感肌女子の味方!

ゆかり
ライター:
ゆかり
お肌が敏感なときや荒れやすいとき、スキンケアやコスメなど肌に使うものは刺激が少ないものがいいですよね!今回は乾燥肌や敏感肌の女性にぜひ使ってほしいユースキンSクリームをご紹介いたします!

優しい成分で敏感肌に使えるユースキンSクリーム

ユースキンといえば黄色いパッケージのユースキンAが有名ですが、あちらはビタミンB2を配合した「あかぎれ」や「しもやけ」などに使えるクリーム。

ユースキンSクリームは緑色のパッケージで、とても優しい成分で出来ており、敏感肌にも使えます。

お肌と同じ弱酸性!北海道産のしそを使ったしその葉エキスを配合していて、お肌に潤いを与えます。

匂いに敏感な人にも使いやすいように安心の無香料・無着色です。

商品名
薬用ユースキンS クリーム
ブランド
ユースキン
タイプ
チューブタイプ
内容量
35g

こちらのチューブタイプのほかに、70gのジャータイプもあります!私は持ち歩き用にチューブタイプ、おうち用にジャータイプをストックしています。

チューブタイプのほうが出すとき衛生的で手間がないので、こまめに塗り直す、または衛生面が気になる方ならチューブタイプがおすすめです。

ユースキンSクリームがオススメの理由

1.ベタベタしないのにしっとり保湿

ユースキンSはデイリー使いのハンドクリームとしてとっても優秀なんです。

少しゆるめのテクスチャーで、量を多く出しすぎてもスーッと手に馴染んでベタベタしない!

同じユースキンでもユースキンAは保湿力が高いぶん、塗った後ベタつきが気になって、デイリーハンドクリームにするのは難しいなと思っていました。

でもユースキンSはしっかり馴染んでしっとりするのに変なベタつきがないので学校や職場でも使いやすい。

いい香りのハンドクリームも気分が上がっていいのですが、香害という言葉が使われるようになってから、上司の前や職場では少し使いにくくなってしまいました。

その点ユースキンSは無香料なので、香りに敏感な人のいる場所でも臆することなく使えます。

2.薬用なので手荒れ時にも使える!

冬になると乾燥や水仕事などで手先が荒れがちになりますよね。

私も毎年冬に指先の皮が剥けてしまう手荒れに悩まされていて、ずっといろいろなハンドクリームを試してきたのですが、ニベアの保湿力をもってしても防ぐことができませんでした…。

そこで試してみたユースキンSクリームがまさかのヒット!

どんなに保湿力の高いハンドクリームでも太刀打ちできなかった手荒れがだんだんと良くなりました。

それからは手荒れする前に秋冬の時期になるとハンドクリームをユースキンSに切り替えています

3.顔や全身にも使える万能さ

ハンドクリームとしての印象が強いユースキンSですが、手だけではなく、顔や体など全身に使えます

さらっとしてるのに保湿力があるので、デイリーの乳液代わりに使うこともできます。

私は1泊2日程度の旅行時はハンドケアとスキンケアをこれ1本で済ませてしまうこともあります!

スキンケアをユースキンSにすると荷物が一気にミニマムになるので、荷物を軽くしたい、身軽に動き回りたい旅行プランのときはオススメの技!

大人ニキビに悩んだときの救世主

実はわたし、数年前まで大人ニキビに悩んでおりました…。4年間くらいずっと何をしてもニキビができ続ける時期があったのです。

思春期のニキビと違ってお肌が乾燥してもできるので保湿をしなくてはいけないのですが、かといって保湿しすぎると乳液やクリームの油分でもニキビができるという打つ手なしの状態。

油分がありすぎず、でもきちんとお肌を保湿してくれる保湿クリーム…そんなものどこに…?そんなとき目についたのがユースキンSの「敏感肌に」の文字です。

ニキビ用のスキンケア商品はたくさん出ていますが、どうしても乾燥しやすいんですよね。

ユースキンSは敏感肌に使えるのなら刺激は少ないはずと思い、手を伸ばしました。

いざ使ってみたらしっかりと保湿してくれるのに肌表面はさらっとして、過剰な油分もなく、私の肌にはぴったりだったみたいです。

お肌を優しく保湿してくれて、ユースキンSの有効成分がニキビも落ち着かせてくれました。

有効成分
  • 酢酸トコフェロール…ビタミンE肌荒れ防止
  • グリチルリチン酸二カリウム…消炎作用

ユースキンSクリームで全身うるおった肌に!

乾燥する季節や敏感肌にも優しく使えるユースキンS

1つでハンドクリームにもスキンケアにも使えるので私のようなズボラさんには特にオススメです!

ユースキンSで荒れやすい肌をうるおい肌に!

(文:ゆかり/編:コスメクリップ編集部)

2020.01.02

ゆかり
この記事を書いた人
ライター ゆかり

リップと猫目ラインが好きなライター。ベースもポイントメイクも自分の顔に合ったメイクを心がけています。