2020.06.29

エプソムソルト入浴剤で、ミネラル補給!

やすだゆみこ
ライター:
やすだゆみこ
以前、セラピストをしている知人からおすすめされて気になっていた「エプソムソルト 」をご紹介します!

エプソムソルトって何?

今回は無香料のシンプルなエプソムソルトを購入しました。

エプソムソルトは名前に「ソルト」とついているので、塩なのでは?と思う人も多いのでは?!

わたしもてっきり塩だと勘違いしていました。見た目も白くてサラサラした粒状ですし…。

実際のところ、エプソムソルトは塩ではなく「硫酸マグネシウム」です。

名前の由来は、15世紀頃イングランドのエプソムという場所で発見されたことから、エプソムソルト と呼ばれるようになったようです。

水に溶けやすいので、ヨーロッパでは昔から入浴剤として重宝されています。

エプソムソルト入浴で期待できること

「入浴前にエプソムソルトはどんな風に体に良いのかな?」と思い、調べてみました。

いくつか具体的に羅列すると、以下のような効用が期待できるようです。

  • 体の深部から温まる
  • 発汗作用(デトックス)
  • 美肌効果
  • 安眠効果(リラックス)
  • 筋肉痛の緩和
  • マグネシウムの補給

エプソムソルトは必須ミネラル「マグネシウム」の塊で100%ミネラル!

マグネシウムは経皮吸収されるので、からだの内側にも大切な栄養を届けることができます。安全性が高いので、子供から年配の方まで年代を問わず利用可能です。

エプソムソルト入浴方法

白いお皿の上に山盛りに盛られている エプソムソルトとスプーンが並んでいる。

一杯分をお皿に出してみました。サラサラして粒がキラキラしています。

エプソムソルトを入浴剤として使用するときは、普通の入浴剤と使い方は変わりません。

〈使い方〉

【1】浴槽のお湯が150ℓの場合は、約150g(150cc)〜300g(300cc)使用します。(一般的な浴槽は160ℓから200ℓ)

※シーソルトのエプソムソルト は、軽スプーンがついているのでスプーンを使って計量しましょう。

スプーンは30cc計れるので、お風呂のお湯が150ℓの場合は5杯投入します。

【2】よく混ぜてお風呂のお湯に溶かします。

【3】約20分間入浴します。

【4】お風呂から上がったら、ゆっくりからだを休めましょう。(たくさん汗をかくので、お水をしっかり補給してくださいね)

シーミネラルのエプソムソルトのパッケージに、以下の通り記載がありました。

  • 上がり湯は必要ありません。
  • 毎日のご使用をおすすめします。
  • アトピーの方は保湿剤の併用が効果的です。

入浴後、肌はしっとりしますがボディクリーム等で保湿はしたほうが良さそうですね。

使用上の注意

エプソムソルトを入れて入浴する際、いくつか注意点があるのでお伝えします。

  • 1回の入浴時間は20分以内
  • 飲酒後の入浴は不可
  • 飲用はできません
  • 高温多湿の場所には置かないように

上記のことを守って、正しく使用しましょう。

エプソムソルト入浴をして感じたこと

バスタイム お風呂 湯船 リラックスタイム お風呂の浴槽の縁にひよこが置かれている。

エプソムソルトをお風呂に入れて入浴してみました!

わたしが実際に使ってみて特に実感したことは以下の3点です。

  • 汗がたくさん出る
  • いつもよりからだが芯から温まる
  • いつもより寝つきが良い

(※すべての方に当てはまるわけではございません。)

お風呂に15分から20分くらい浸かっていたのですが、いつもより早めに汗が出てきました。

そしてお風呂から上がって感じたのは、足がいつもより赤いです。(笑)

写真でご紹介できなくてごめんなさい。あまりキレイな足ではなくて、登場させられませんでした…(笑)

エプソムソルトを入れて入浴したあとは体の中からじんわり温かくて、長い間「からだがポカポカするなぁ」と感じました。

そして、劇的な変化ではないのですが、いつもよりぐっすり眠れた気がします。

どうやら、マグネシウムには「神経の興奮を鎮める」働きもあるようですよ。

時折、神経が過敏になってなかなか寝付けないこともあるので、安眠効果はありがたい..!

汗をたくさんかくので、スッキリした爽快感もありますね!

今回は無香料のエプソムソルトをチョイスしましたが、いろいろな香りのものも出ているようなので、ほかのものも試してみたいと思います。

(文:やすだゆみこ/編:コスメクリップ編集部)

2020.06.29

やすだゆみこ
この記事を書いた人
ライター やすだゆみこ

趣味はカフェや喫茶店巡り、散歩、読書など。鎌倉が好きで良く立ち寄っています。最近は、近所のジムに通うのが楽しくなり美に関する関心も高まっています。