2019.09.11

サッと乗せるだけ!晴れ肌が叶うセザンヌのハイライター

真雛美(MASUMI)
ライター:
真雛美(MASUMI)
「透明感のある晴れ肌になりたい! しかも手っ取り早く!」ということで今回は、セザンヌの『ミックスカラーチーク』シリーズからハイライトを初購入。その大きな特徴と、使い方のポイントをご紹介します♪

4色パレットが魅力!セザンヌの『ミックスカラーチーク』

プチプラな実力派コスメを展開しているセザンヌ。フェイスカラーアイテムも豊富で、特に4色パレットになった『ミックスカラーチーク』は、ひとはけでニュアンシーな頬になれる超優秀チークです。

そんな『ミックスカラーチーク』シリーズには、肌をパッと明るく見せるハイライトや、小顔見え効果が期待できるシェーディングも!

透明感のある肌をゲットしたい私は、本シリーズの『10 ハイライト』を試してみることにしました(^ ^)/

『ミックスカラーチーク』のハイライトはここがイイ!

他のチークと同様、『ミックスカラーチーク』のハイライトも4色パレットになっています。中の色は、ホワイト、イエロー、ピンク、ブルー。それぞれには微細パールが入っていて、光をキラキラと上品に反射してくれます♪

4色構成だから肌なじみがイイ!

肌から浮いて見えることもあるハイライト。白過ぎて塗った部分だけが悪目立ち……なんてこと、よくありますよね(汗)。 

だけどこのハイライトは別!いろんな色が混ざり合うから、肌色にスーッとなじんでくれるんです。

試しに手の甲に塗ってみました。左手が塗る前、右手が塗った後の状態です。

右手のほうは白っぽくないのに、きちんとトーンアップして見えますよね! 自然なツヤ感も出ています。

もちろん、その日の気分やメイクに合わせて単色使いすることも可能。実際にそれぞれの色の違いを見てみましょう♪

パレット左上のホワイトは、確かに白っぽい発色ではありますが、のっぺり感がなく薄づきな印象。数回重ね塗りしてこの仕上がりなので、ひと塗りだとさらにナチュラルな色加減です。

続いてはパレット右上のイエロー。ゴールドのようなツヤ感が美しく、肌を少しだけゴージャスに見せてくれる色ですね(^ ^)

パレット右下のピンクは、(写真だと分かりにくいかも知れませんが、)本当に薄っすらとピンク味が感じられるとても自然な色です。肌に適度な血色感を与えてくれます。

最後はパレット左下のブルー。見た目通りのクールな発色で、肌に透明感が出る色になっています。

パウダーの色によって仕上がりは異なりますが、どれも肌色になじみやすいのがこのハイライトのすごいところ。その日の気分に合わせて、使う色や組み合わせを変えてみるのもおすすめです♪

パウダーなのに乾燥しにくくてイイ!

パウダータイプのハイライトと聞くと、「肌がカサついてしまうんじゃ……」と心配になる方もいるのでは?

セザンヌの『ミックスカラーチーク』のハイライトは、乾燥しにくいモイストパウダー処方。サラサラでありながら、同時にしっとり感も感じられるなめらかな使い心地です♪

おすすめの使い方3パターン

ハイライトは乗せる場所によってメイクの印象が変わってきます。ここではすぐに実践できる、簡単な3つの使い方をご紹介!

使い方1. メイクにメリハリを出したい場合

メイクにメリハリを出したいときは、顔の中心に光を集めるのが効果的。Tゾーンと顎の先にハイライトを乗せて、骨格を立体的に見せましょう♪眉下の骨の部分にも乗せると、さらに“彫り深”な印象に!

使い方2. 肌に透明感を演出したい場合

メイクで肌をトーンアップさせたいなら、ハイライトは目の下の三角ゾーンにオン!透明感が生まれ、レフ版効果で目元も明るい印象になります。

使い方3. 口元を若々しく見せたい場合

意外と年齢が出やすい口元。この部分のくすみ感が強いと実年齢より高く見えてしまうこともあるため、ハイライトで影をパンッと飛ばしてしまいましょう!

まずは口角のあたりにポンポンと乗せ、さらに唇の山の部分にもサッとひとはけ。影が薄くなるだけでなく、唇もふっくらと見せられます。

おわりに

使いやすいセザンヌのハイライト。失敗しにくい色加減と色づきなので、ハイライト初心者さんにもおすすめです!気になる方は、さっそく店頭でチェックしてみてくださいね♪

(文: 真雛美/編:コスメクリップ編集部)

2019.09.11

真雛美(MASUMI)
この記事を書いた人
スタイルプロデューサー 真雛美(MASUMI)

ファッション・美容系のWEBライター。そして似合うファッションスタイルを楽しく提案する人。それ以外にも楽しそうなことはイロイロやる人。