2019.07.04

-5℃は本当?『エスプリーク ひんやりタッチ BBスプレー』を試してみた!

ayame
ライター:
ayame
今回試したのは暑い季節に嬉しいひんやりBBスプレー!夏のメイクの救世主として大活躍してもらおうと思ったら、意外に扱いが難しい……。というわけで、私がひんやりBBスプレーを使いこなすまでの試行錯誤を細かくレポートします!

夏のメイクは汗との戦い!そこで頼りたいのが「ひんやりタッチ BBスプレー」!

汗がダラダラ、脂がテカテカしてしまう夏のメイクは、とにかく崩れやすい!

メイク前のスキンケアをしっかり行い、崩れにくいタイプのベースアイテムを使っても、吹き出す汗のせいで夕方にはグズグズに……。

というか、メイクをしながら汗をかいてしまうことも少なくなく、メイクが終わった瞬間から崩れていることもしばしばです。

「メイクしながら涼を得られれば最高なのに……」

なんて思ってたら、ちょうどいいアイテムを発見しました!

それが、限定品の「エスプリーク ひんやりタッチ BBスプレー UV50K」

-5℃のひんやり感触で1品5役(美容液、日焼け止め、下地、ファンデ、パウダー)の優れもの。

これなら朝からべたつく肌でも手早くメイクできるし、なによりSPF50のPA++++なのが嬉しい!

この夏手放せないアイテムになりそうな予感です!

ちなみに、カラー展開は2色。イエローベースで肌がくすみがちな私は標準的な肌色(02)を購入しました。(ミニサイズです)

色白さんや透明感のあるブルーベースの人なら明るめの肌色(01)でOKだと思います!

「ひんやりタッチ BBスプレー」の使い方は?

使い方は簡単。専用のスポンジに1~2秒吹きつけ、ファンデーションを塗るのと同じように顔になじませていくだけです。(1~2秒の噴霧で顔全体の適量)

ひんやりスプレーなんだから直接顔に噴霧するのかな?と思いきや、注意書きによるとスポンジを使わないと凍傷の恐れがあるとのこと!

危険なので、必ずスポンジを使用してくださいね。

「ひんやりタッチ BBスプレー」使い心地や仕上がりは?

実は、スプレータイプのベースアイテムを使用するのは今回が初めてなライターayame。

最初はなかなか使い方のコツがつかめませんでしたが、回数を重ねることで徐々にうまく使いこなせるようになりました。

その過程も含めて、実際の使用感を細かくレポートします!

初めて使った時の感想は「乾燥するしムラになる……」

記念すべき1回目。

本当に-5℃の冷感を得られるのだろうかと期待が高まります!

早速、説明書き通りスポンジにスプレーを吹き付けて肌にオン。

すると、本当にスポンジがひんやりする!

けど、そのままスポンジをスライドして肌になじませていくと、冷感はすぐに消失。

ひんやり感は持続するものではないようですね……。ちょっと残念。

気になる仕上がりはというと、なんだかムラっぽくて口元はカサカサ!マット肌とかツヤ肌とかのレベルではなく、単純に肌になじんでいません……。当然、カバー力もいまいちです。

原因として考えられるのは、朝のスキンケアからちょっと時間が経っていたけど「まぁ大丈夫だろう」と保湿なしでそのまま使用したこと。

美容液も兼ねているからいけると思ったのですが、オールインワン系の過信は危険ですね……反省です。

また、使用量もちょっと少なかったようで、スポンジによる摩擦が肌にダイレクトに伝わったのもカサカサの原因かと思われます。

しっかりスキンケアをしてリベンジ!けど、うっかり厚塗りに……

2回目は使用直前にあらためて肌をしっかり保湿!すると、肌にぴったり密着してカバー力もばっちり!

ムラなく均一に塗ることができ、毛穴や小さなシミであればしっかり隠すことができました!

肌表面に触れると、べたつきはなくさらりとしていて、ややマットな仕上がり。ツヤが欲しい場合はパールの入ったパウダーを肌にのせ、ブラシで磨くようになじませると良いでしょう。

2回目にして、なかなか悪くないと言える仕上がりです!

ただ、前回の反省を生かしてちょっと多めにスプレーしたせいか、なんとなく厚塗り感……。夜のお出かけにはちょうどよさそうですが、日中には濃すぎるかな?という感じです。

また、夕方にはテカリが気になるようになり、2回目も失敗となりました。

適量をしっかり意識して再々リベンジ!ナチュラルな仕上がりに大満足♪

3回目はこれまでの反省をすべて生かし、念入りな保湿と適量を意識しました。

また、基本に立ち返り、スプレーを噴霧したスポンジを額・鼻・頬・顎の5ポイントに軽くオン

5ポイントを起点に内側から外側へ丁寧に広げていくことで、多すぎない使用量でも顔全体をしっかりカバーできます。

この方法ならムラも限りなくゼロにできるし、やっぱり基本は大事!

気になる仕上がりはというと……。

カバー力はそのままに、かなりナチュラルな仕上がりを実現できました!

相変わらずややマット寄りですが、普段からマット肌を好む私にはちょうどいいくらい。

ツヤを増したい場合は、事前の保湿に浸透性の高いオイルを使用するか、ツヤ感のある下地を仕込む、あるいはパウダーをのせるといったところでしょうか。

念のためパウダーを軽くのせてみましたが、厚塗り感や粉感はありません。

そのまま夜まで過ごしましたが、多少汗をかいても化粧崩れは見られませんでした!

無事、夏でも崩れない、ナチュラルかつさわやかな肌の完成です♪

ちなみに、こちらは腕に塗ってみた感じ。(2本のラインの内側に塗ってます)

かなりナチュラルなのが伝わると思います!

「ひんやりタッチ BBスプレー」のメリット・デメリット

実際に使用してみて私が感じたメリット・デメリットをまとめてみましょう。

まずは【メリット】

  • メイク時間が短縮できる
  • 一瞬だけだけどひんやりして気持ちいい
  • 適量をムラなく塗れば小さな毛穴やシミはちゃんとカバーできる
  • サラサラの仕上がりで崩れにくい
  • ナチュラルで適度なマット感
  • 持ち歩きやすく、メイク直しにも重宝

続いて【デメリット】

  • スポンジのお手入れが面倒
  • 慣れないと適量がわかりにくく、厚塗りになったりムラになったりすることも
  • ツヤ肌を求めるなら事前のしっかり保湿やパール感のある下地、あるいはパウダーが必須
  • ぱっくり開いた毛穴や大きなシミは隠れない
  • 冷感によって毛穴が引き締まる感じはない
  • しっかりメイクには物足りない印象

以上から、「エスプリーク ひんやりタッチ BBスプレー UV50K」は使い方をマスターすれば日常使いには十分OKでしょう!

けど、「ここぞ!」というシーンにはちょっと物足りないアイテムかもしれませんね。

とはいえ、必要に応じて下地やパウダーを足していくことでツヤも演出できるし、使い方の幅自体は広いと思います。

期待していたほどのひんやり感はありませんでしたが、SPF50で紫外線対策もできるし、ワンシーズン使い倒すにはぴったりなアイテムだと思いました!

『エスプリーク ひんやりタッチ BBスプレー』は夏の定番商品♪来年にも期待!

エスプリークはここ数年、毎年同じタイプの商品を発売しています。来年もひんやりBBスプレーが発売される可能性は高いので、

「今年はお試しでミニサイズを買ってみて、気に入ったら来年は大きいサイズを買おう!」なんていうのもいいかもしれませんね。

また、同じシリーズで赤みの強い肌におすすめの「エスプリーク ひんやりタッチ CCスプレー 50 K」と「ひんやりタッチ 化粧下地スプレー」もあるので、気になる方はぜひ使ってみてください。

コスメクリップでは、以前にひんやり系の化粧水もご紹介しております。よかったら詳しく読んでみてくださいね^^

ひんやり系の化粧水についての記事はコチラ↓

(文:ayame/編:コスメクリップ編集部)

2019.07.04

ayame
この記事を書いた人
フリーライター/コスメコンシェルジュ ayame

元化粧品会社研究員で現在は主婦兼フリーライター。愛猫2匹とのリラックス時間が最大のスキンケア!北の大地から美容に役立つ情報をお届けします!