2019.06.05

正しいファンデーションの色の選び方とは?

Biyouotaku
ライター:
Biyouotaku
ファンデーションを選ぶときに、あなたはどうやって色味を選んでいますか?ファンデーションの色味が合っていないと、「メイクしてます感」が出てしまうので、できるだけあなたの肌に近い色を選ぶことはとても大切なんです!今回は、メイクを自然に見せるために重要なファンデーションの色味選びのコツを紹介します!

ファンデーションの色の選び方の基礎

ファンデーションにはパウダー、リキッド、ムース、クリーム、クッション、などなど様々なテクスチャーがあります。まずは自分の肌質に合うテクスチャーのファンデーションを選びましょう。

自分にぴったりのテクスチャーのファンデーションを見つけたら、次は重要な色味選びですよね!メーカーやラインによって色味に偏りがあるので、今回紹介する方法を参考に、自分にぴったりの色をよく探してみましょう。

【ファンデーションの色味は自然光が入るところでチェック】

デパートなどの化粧品コーナーでファンデーションを試しにつけたら、まずは外に出て自然光の下で本当にファンデーションがマッチしているのかを確認してみましょう!

屋内では照明の関係もあってとても色味がわかりづらくなります。メイク後の顔をより自然に見せるためにも、屋外の自然光でぴったりに見える色味を探してみましょう!

【手や腕で色合わせをするのはイマイチ】

ファンデーションを手や腕に塗るのは、テクスチャーなどを確認するには良いですが、色選びにはあまり向きません。手や腕は、顔からかなり離れた場所にあります。

ですので、手に合わせてファンデーションを選んでも、顔に塗ったら色が合わない、ということがどうしても起こってしまいます。もちろん慣れれば手から色味を見ることも可能ですが、かなり難易度が高い方法です。

【美白に仕上がる、フェイスラインの色味に合わせる方法】

昔からメジャーな方法なのが、あごから耳にかけてのフェイスラインに合わせる方法です。美白肌のような仕上がりを目指している方は、この方法が一番おすすめです。

この方法でファンデーションを選ぶ場合は、すっぴんでファンデーションを試してみましょう。すでにファンデやBBクリームなどを塗っていると、間違った色を選んでしまいますよ。

フェイスラインで色を合わせた方は、首までファンデーションを馴染ませると全体的にまとまった色味に見えやすくなります。

・フェイスラインでの色合わせが合わない人もいる?

フェイスラインにニキビが多数ある方には、少し難しくなります。なぜなら、ニキビの赤みやくすみで色味がわかりづらくなるからなんです。また、体が結構日焼けをしている方は、フェイスラインに合わせると顔だけ浮いてしまうのであまり向きません。

【首やデコルテに合わせる方法】

個人的にもとってもおすすめなのが、首やデコルテにファンデーションを塗って色味を選ぶ方法です。この方法では顔が白浮きする心配がなく、さらに顔から首やデコルテにかけてが均一な肌色になり、とても自然に仕上がります。

この場合、メイクの際にファンデーションは顔だけ塗っても、かなり自然に見えますよ。ナチュラルメイクを目指している人はぜひこの方法でファンデーションを選んでみてほしいです!

首やデコルテに近い色を選ぶと、自然で健康的な印象に仕上がります。

・首やデコルテでの色合わせが合わない人もいる?

首やデコルテでの色合わせは、フェイスラインでの色選びよりも濃い色味になることが多いので、美白肌のような仕上がりを目指している人にはあまり向きません。

【ファンデーションを混ぜて色味調整をする方法】

「自分にぴったりの色がない!」「でもこのファンデーションが欲しい、、」そんなときは、少し手間はかかりますが、2〜3色のファンデーションを混ぜて自分にぴったりマッチした色を作るという方法があります。プロのメイクさんの中には、このように混ぜてモデルさんの肌色を作る方もよくいるんですよ!

また、ファンデーション同士ではなくても混ぜて使うことはできます。テクスチャーの違いによってうまく混ざらないこともありますが、たいていは簡単に混ぜて使えると思います。

例えば、次のような組み合わせでファンデーションの色味調整をすることができます。

液体ファンデと混ぜることができる化粧品
  • 液体ファンデーションとBBクリーム
  • 液体ファンデーションとコンシーラー
  • 液体ファンデーションとコントロールカラー
  • 液体ファンデーションと化粧下地

うまく混ざるかは、混ぜるもの次第なので、お手持ちの化粧品で試してください。このように、手持ちのもので、色味調整ができたりするのは面白いところです。ぜひ興味がある人は試してみてください。

また、パウダー派の方は、ルースパウダー状のミネラルファンデーションなどであれば混ぜて色味調整をすることができますよ!

ファンデーション選びに必要なのは色彩感覚

ファンデーションにはピンクやオークールやブルーベース・・・・などなど様々な色の表現方法がありますが、実は重要なのは、あなたの肌色にできるだけ近いものを探し出すことです。

ファンデーションを見たときに、ぱっと見、どの色が近いかわからなければ、順番に全部塗ってみてください。色の差が良く見えるところで、どの色が一番、自分の肌に近いのかを見ましょう!

軽くなじませてきれいに肌になじむ色が理想です。あまり鏡に近づかずに少し離してみて、自然に見えるような色味を選ぶと良いですよ。

もしどれも同じ色に見えてしまう方は、お友達や化粧品店でアドバイスをもらいましょう。できるなら、すっぴんの状態から顔全体に塗って、1日使用テストをするといいです。様々な場所で顔とファンデーションがマッチしているかをチェックしてみましょう!

まとめ

今回は、正しいファンデーションの色の選び方のコツや、色の合わせ方を紹介しました。ファンデーションの色味を少し変えただけでも、顔の印象は大きく変わります。

ファンデーションの色選びに悩んでいる方は、今回紹介した方法を参考にファンデーション探しをしてみてくださいね!

(文:Biyouotaku/編:コスメクリップ編集部)

2019.06.05

Biyouotaku
この記事を書いた人
メイクアップアーティスト Biyouotaku

海外在住。小さい頃から美容オタク。大好きな愛犬とゴロゴロするのが好きです。